タウ島とロシアの攻勢終末点

いよいよロシアが攻勢終末点を迎えました。タウ島での実験が本格化し、日本の匿名犯罪者対策である『沖縄大裁判』環太平洋統一国家連合構想の注目が集まります。

島全体を太陽光発電とバッテリーでまかなうテスラの理想を実現した「Ta’u Microgrid」 – GIGAZINE

イーロン・マスクが作る完全太陽光の島  WEDGE Infinity(ウェッジ)

ASKA容疑者、110番通報は注察妄想の可能性 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

日本人の一部は現実が全く認識できず、妄想の世界から抜け出せません。石炭で敗れ、造船で敗れ、鉄鋼で敗れ、パソコン家電スマホで敗れましたが、次は自動車となります。匿名犯罪者の妄言を野放しにした結果です。

2030年でガソリン車が消える?日本はどうする、世界中が電気自動車にシフト (オートックワン) – Yahoo!ニュース

プーチン大統領の急速な国防費の増大を背景とした戦略により、ロシアが軍事大国であることを世界に誇示することができたし、世界の諸問題の解決にロシアは無視することができない存在であることも世界が受け入れたと思う。img_275fdd291829ec90f8b95bdd5a437f4b31871しかし、ロシアのGDP(国内総生産)は、各種資料によると、米国、中国、日本に劣るのみならず、世界10位前後にまで落ちてしまった。経済力で米国や中国に圧倒的に劣るロシアが、大国としての存在感を誇示し得たのは、急速な軍事力の増強とその軍事力を効果的に使うプーチン大統領の巧みな戦略に負うところが大きい。しかしロシア経済の低迷のために、ロシア軍事力の低下は始まっているのだ。プーチン氏の「大国ロシアの存在誇示戦略」の限界が見えてきた

出典:ソ連崩壊と同じ道を再び歩み始めたロシア ロシアとの安易な提携は禁物、経済制裁の維持強化を | JBpress(日本ビジネスプレス)

真実を知る勇気があるなら、2016.12.7の裁判を傍聴することです。そうすれば、沖縄大裁判に参加することができるでしょう。

ASKA 覚せい剤の売人逮捕で「シャレにならない闇」が暴かれる – ライブドアニュース