虚偽ツイッターで開示命令

虚偽ツイッターで開示命令 安保デモめぐり写真転用 – 47NEWS(よんななニュース)

私がいたUSAと比較して、日本では格差と貧困が蔓延しています。アメリカ合衆国の人口は3億人を超えて今世紀中には4億人に達します。日本における衰退最大の理由は、『フランスの文学者ラ・ロシュコーは、自己愛について「この世で最もずるい奴より、もっとずるい」』を放置してる事です。

「将来かなり厳しいね」。欧州の地政学者が日本を見限った理由 – まぐまぐニュース!

■自己愛のなれの果て
他人を攻撃してまで自分の優位性や正当性を主張しようとする人たちは、強い自己愛を持っているといいます。何か自分にとって都合の悪いことが起きると、事実を否定したり、すべて他人のせいにして、自分の感情や問題から目をそむけて無視したまま、居心地の良い世界に浸っていたいのです。
そのため、自分の中の「悪」を全て外部の他人に「投影」して、自分自身は「無垢」であるかのように振舞うのです。フランスの文学者ラ・ロシュコーは、自己愛について「この世で最もずるい奴より、もっとずるい」と述べています。

出典:こんな人には要注意!「害になる人」から身を守るには – 新刊JPニュース

上記の虚偽ツイッターで開示命令は、状況開始から3ヶ月の時間が必要でした。それまでに犯人は自首する猶予がありました。しかし、卑怯でズルい日本人のゲスはそれができません。彼らは結局、破滅し壁での生活になるまで行いを正せないのです。

良心をもたない人たち (草思社文庫)

特に多い問い合わせ内容

無料相談ということで、非常に多数の問い合わせを頂いております。これらの内容は出版に向けてプロファイラーによってプロファイリングされます。特に多いのが自己愛性パーソナリティ障害関連です。

自己愛性パーソナリティ障害とは、ありのままの自分を愛することができず、自分は優れていて素晴らしく特別で偉大な存在でなければならないと思い込むパーソナリティ障害の一類型である[1]。

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 13:31:48.63 ID:tPPDwskH0.net

裏切られたとかすぐ言う
(略)
19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 13:38:24.50 ID:NX/smeLJ0.net

○目上がいない歓談の場などで自分が中心にいないと死ぬほど不機嫌になる

○自分の目上、利用価値がある友人などが天才集団かのように喧伝する
なお、同一分野で本当に才能ある人間がこちら側の友人にいると知った場合親の仇のように敵視する

○こちら側に気の置けない仲の友人たちがいると知った場合、その友人たちへ憎しみを抱く。
たとえ面識が一切なくても

○友達が自分以外の人間とのほうがよっぽど仲良くしていると分かった場合、嫉妬に狂う。

Source:カオスちゃんねる : 自己愛性人格障害者を一発で見分ける方法

自分の目標や憧れを自己投影し、ナリスマシ行為が典型例です。北斗の拳で主人公ケンシロウにナリスマシたジャギというキャラクターが典型例です。特徴として、被害を受けるターゲットは人格障害者と面識が無かったり、挨拶程度の関係が多くを占めるということです。普通の人間的トラブルは、親しい交際やビジネス関係などで接触時間が長い場合に発生します。しかし、普通の人々ではない自己愛性パーソナリティ障害者は、アイドルなど著名人と自分自身の境界線(ボーダーライン)を理解できません。

現在、問い合わせで最も多数を占めるのが上記の相談です。無料ですから、気軽に問い合わせ事項を遵守し、コメントして下さい。氏名、年齢、住所、職業、電話番号などがない場合は、Spam(悪質モンスター相手)として自動的に登録します。みんなで解決していきましょう。プロのモンスターハンター(弁護士やIT調査会社)も無料で紹介できます。

Twitterの対応

twtteroteTwitterとの交渉結果です。

近年、日本ではTwitterを使った脅迫事件、ナリスマシ、個人情報の漏洩、名誉毀損や信用毀損が増加しています。匿名犯人は海外のProxyを経由していますが、ログは海外のProxyに残っています。英語力と時間が必要ですが開示請求に応じてくれます。僕は割れ窓理論という環境犯罪学を学びました。軽微な犯罪を取り締まれば、大きな犯罪の抑止効果となります。子供は大人の真似をします。つまり、大切なのは匿名犯人の書き込みが真実かどうかを民事刑事の裁判で明らかにする事です。そのような地道な活動により、下記のような事件の抑止となります。

中3男子にアグネスさん脅迫容疑 「豊かな生活許せず」:朝日新聞デジタル

ジャギとルシファー・エフェクト

北斗の拳という漫画に仮面を被ってケンシロウをまねて悪事を行うキャラクターが登場します。インターネット空間でも、匿名活動家やナリスマシ、脅迫事件が増加してきました。中世の魔女狩りと同じで、TARGET(窓)になるのは目立つ人や成功者、被害を受けても何もしない優しい人です。僕はオペラティヴの助手でした。日本にいる間、無償でネットにおける誹謗中傷への対応相談をします。僕は日本の弁護士免許を持っていません。だけど日本人の弁護士の知り合いが多いので彼らの紹介はできます。既に逮捕されたり、裁判で公開されている内容は、順次実名で掲載していきます。

困っている人がいたらコメント欄に記載してください。住所、氏名、電話番号、年齢、職業、相談内容など社会人として必要な情報を書けない人は無視します。弁護士が必要な場合は、直接会ってから紹介を致します。日本は特に匿名の害毒が広がっています。アメリカは訴訟社会ですので、匿名の害は日本よりは軽いと考えています。Facebookも実名が基本です。匿名で模倣犯や愉快犯、同調者を行えば、主犯との区別がつかなくなり、調査を混乱させるだけでなく、事情聴取を受けることになります。民事での賠償請求を受ける人々も大勢います。これから日本は間違いなく訴訟数が激増します。僕が「ルシファー・エフェクト」から分かることです。(取材内容は書籍化されます。協力者は仮名など本人特定ができないように調査書段階で行います。ライターにも出しません)

あなたの隣にいる「普通の人」が悪魔に変わる | 今週のHONZ | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

DV、モンペ、フレネミー…他人を攻撃せずにはいられない「要注意人物」の見分け方 | ビジネスジャーナル