手段を知るものが職を得る

手段を知るものが職を得て、 その者の働く理由を知るものが雇い主になる。

出典:<原子力機構被ばく>21年前に袋「膨張」確認 事故容器で(毎日新聞)

放射能汚染が拡大すれば中枢神経が破壊される。そうなれば精神異常が激増する。これは疫学で証明されている。これから人工知能で本当に職がなくなる。この数年で何をしたか、誰と出会ったか、それが未来を決定するだろう。

放射線による中枢神経障害(中枢神経死) (09-02-04-08) – ATOMICA –

全文表示 | 「精神障害者福祉手帳」、この20年で交付者7倍に 国民のメンタルヘルスは危機的状況 : J-CASTヘルスケア

障害者施設で男性の遺体を発見 背中に包丁が刺さった状態で死亡 – ライブドアニュース

真実を知るのは簡単で来月、高知地裁に足を運ぶだけだ。在特会の顧問弁護士(原発推進主義者)を被告代理人とした民事裁判中に被告(匿名犯罪者)が警察に逮捕されるというトンデモナイ状態に突入した。虚言のある精神障害者を裁くか、精神障害者を放置した保護者(両親)を裁くか、それとも、知能が低下した精神障害者に騙された共犯者や犯罪幇助者を裁くのか、これからの判例となるために多くの司法修習生が傍聴にやってくる。そして、日本のこれからの司法の教科書となるだろう。彼らは負の遺産として永遠に歴史に遺る。

<高知地方裁判所>
2017/8/28(月) 16:00 開廷
被告:山内敏史(代理人も法廷には来ない)
(物証フリーエネルギー装置の尋問へ)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

企業LAN、ネット遮断のおそれ 総務省が確認呼びかけ – ライブドアニュース

AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン

「風が吹けば桶屋が儲かる」といった具合に、複雑に、間接的に影響し合っているそれぞれのデータの関係性をAIが解析し、日本の社会構造を詳らかに分析した。その結果、日本を変えるカギを握っているのが、高齢者でも子どもでもなく、「40代ひとり暮らし」であることが判明。労働時間や老後の介護、空き家問題などを良くするのも悪化させるのも、「40代ひとりぐらし」の人たちの選択にかかっていることが見えてきた。
出典:NHKスペシャル | シリーズ AIに聞いてみたどうすんのよ!?ニッポン(仮)

大日本帝国は完全なる敗戦により覚醒した。ダメな人間は明白な敗北を受け入れることで成長する。何度も失敗を続ける人間は前科者となり就職もできない。

原発ゼロ集会:「放射能の恐怖」訴え 福島から自主避難 /新潟 – 毎日新聞

原発震災から6年で800万人が自然死などで消滅した。これから加速度的に増加していく。火山が噴火すれば火山灰で川が浅くなり、水害が激増していく。逃げてもいいが戦って勝たない限り、生活は絶対に良くならない。負け続けるほど資本が減少し、勝利の可能性は更に少なくなる。

出典:ひょうの影響で駒込駅の屋根が落ちる 落下し粉々に

行動にはコストが必要でそれは非常に大きな負担となる。行動する前に何が真実かを知ることが大切で、その費用は行動する費用の100分の1程度である。孫子の兵法にあるように勝利に最も重要なのは正確な情報である。人が何かを得ようとすれば同等の対価が必要である。その対価により、理解が進めば分解(分析)することが可能となる。そうすれば、あとはエネルギーを投下することで再構築が可能となる。エネルギー無くして再構築はありえないし、そもそも理解していなければ分解(分析)することなど不可能である。

有料情報誌→クリック

『孫子曰く、兵は国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざる可からざるなり。故に、之を経るに五事を以てし、之を校ぶるに計を以てして、其の情を索む。』

ジンムくんとオンリー炭素税

出典:ジンムくん – クリエイターズスタンプ

猛烈な暑さが続いている。これは温室効果ガスの影響だが科学知識のない人間は神の罰だとか、意味不明なことを言っている。極端な話、トランプの支持者はメキシコに壁を作るとか、微生物で放射能を消すとか、地球の破壊者だ。彼らが応援しているのが小池百合子なのだから日本の未来は危険だ。

CNN.co.jp : 南極の巨大氷棚、分離まであと5キロ 船舶に危険の恐れも

トランプ米国、地球温暖化を否定…世界的枠組み崩壊で、地球の温度上昇進行の危機 | ビジネスジャーナル

一般家庭の年間CO2排出量(日本)は4920kgである。つまり、トン当たり10万円の炭素税を課してもわずか年間50万円だ。そして、国家収入は130兆円となる。自動車会社や輸送会社など利益を上げている会社ほど多くの税金を払い貧しい人ほど税負担は少なくなる。そして、働くことに対して罰になる所得税や消費することに対しての罰である消費税は必要ない。気候変動を170倍も加速させている温室効果ガス排出者に対しての税金が必要である。もし、この政策に賛成ならLineスタンプを購入してほしい。そうすれば炭素税の負担を大幅に減らすことができる書籍の発売が加速できる。

Lineスタンプ購入→クリック

来年、電子書籍を出版する。Lineスタンプの売り上げから考えても、これらの本は最低でも8万冊が売れるだろうが加速するほど助かる人の数も増える。トランプ政権や安倍政権の崩壊は時間の問題であるが、崩壊した後にシステムの瓦解が加速する。つまり、残された時は長くはない。惨めな匿名犯罪者のような末路を取りたくない人は今こそ決断する時であろう。

死の熱波の脅威 人類の4分の3が直面|ナショジオ|NIKKEI STYLE

二重包囲網の完成

一重包囲は「その場の敵を包囲する為にその後方の目標を奪取すること」

二重包囲は「一重包囲に加えて敵の増援を阻止するため、さらに遠方の目標をも奪取すること」となる。

普通、一度酷い目にあった人物に対しては、距離を取るものである。旧日本軍は同じ戦法を何度も繰り返し、何度も敗れた。自己を顧みることなく、勝利を妄信すれば結末は明白である。同じ失敗を繰り返す人間を愚者という。

織田信長本陣の上に金の瓢箪がある。これは羽柴秀吉軍であり、山の中に隠れている。馬防作は二重になっている。匿名犯罪者が単独でない場合、効果的に共犯者が弁護士を通じて合流すれば一網打尽となる。犯罪者を『化』として、囲めば救援の為に共犯者や幇助者が救援にくる。平成29年6月に匿名犯罪者が逮捕された。後は誰と弁護士事務所を通じて関連性があるかを調査していくだけ背後関係を知ることができる。君子危うきに近寄らず、という言葉がある。君子は危険な行為をしないが、匹夫は自分の力を知らない為に好んで危険な行為を繰り返す。非常に貴重な情報が得られた。

中国とインドの対立が深刻化、「売り言葉に買い言葉」で双方… – Record China

中国がインドに警告「深刻な結果を招かぬよう部隊を撤退させよ」 – ライブドアニュース

10年後の年収

  ジャパンネット銀行が行った「ミレニアル世代」のお金に関する意識・実態調査の結果が、2017年6月15日発表された。調査は、2017年4月28日~5月9日、18~25歳男女500名に対し行われたもの。その中で、<堅実>で<現実思考>な現代の若者像が明らかになっている。

出典:若者に聞いた「10年後自分の年収」 平均は430万円、230万円というシビア予想も : J-CASTトレンド

子供は親の鏡といい、子供を見れば親が判る。犯罪者が育つ家には、犯罪者の土壌がある。若者の分析である年収230万円というのは現実的な数値である。時給1000円で8時間労働、20日労働すれば月16万円、年間で192万円となる。10年後に昇級時給1200円とすれば、230万4000円である。高齢化が進行し認知症社会の人口減少国家である日本は今より10年後、確実に貧しくなる。

崩れ去る「中流」の夢…。貧困が広がる中で生活困窮者バッシングはなぜ起こる? | ダ・ヴィンチニュース

韓国金融委員会は18、英ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)、スペインのビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)、米ゴールドマン・サックスの韓国支店の閉鎖を認可した。韓国政府はソウルや釜山を国際的な金融ハブに育成しようとしているが、外資系銀行は韓国から相次いで撤退している格好だ。

出典:外資系銀行3行、韓国から撤退-Chosun online 朝鮮日報

上記はいずれも世界的な情報諜報ネットワークを保有する金融機関である。金塊が韓国から日本に運び込まれるように外資の韓国からの撤退が急速に進んでいる。日本には金も、能力もある外国人がやってくる。戦う意思がある日本人も10年後には世代交代している。現在、世界各地で活躍している調査員も帰国して引退する。日本のマスコミは先進国最低の調査能力である。

内閣支持率低下より著しい、加計問題「マスコミの質の劣化と低下」(髙橋 洋一) | 現代ビジネス | 講談社

尿からプルトニウム=作業員5人、内部被ばく-放医研:時事ドットコム

10年後、透析患者より数が多くなる内部被曝の患者は実費負担を求められるだろう。匿名犯罪者を放置したツケに過ぎない。嗚呼、事故前のあの時ガイガーカウンターを買っていれば、あの時、匿名犯罪者の裁判を傍聴していれば…という歴史の再現である。

戦いはサイバー空間から法廷に移った。今動けない人は10年後も確実に動かない。絶望的な貧しさの中で消滅するだろう。誰も強制しないし、誰も妨害しない。全ては知恵と勇気の自己責任である。

<傍聴人集合場所>
高知地方裁判所
2017/6/26(月) 16:30
被告:山内敏史
代理人:徳永信一
関連情報サイト

ゴールドラッシュとカタール事変

統一教会の被害にあった人は、みなまじめで、素直な人たちだ。加害者でありつづける信者たちも、かつてはまじめで素直な嘘をつけない人だった。統一教会は宗教を組織的な資金集めの手段とし、人集めの道具に悪用している。反社会的な犯罪行為・違法行為を正しいこと、信者としてなすべきことと思い込ませ日々実践するような人格に彼らを変容させている。

出典:検証・統一教会=家庭連合―霊感商法・世界平和統一家庭連合の実態

多くの裁判では弁護士が立てられる。そのクラスター(派閥)を辿れば、どういう「ともだち」、顧問弁護士で繋がるのか調査するのが諜報活動である。いい加減な捜査はこの部分から破綻する。


「スピリチュアル」時代における、本当の〈救い〉はどこにあるのか。
出典:我らの不快な隣人―統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇

密輸した金塊 約25億円分に上る疑い | NHKニュース

金塊密輸容疑で10人逮捕 | ロイター

金塊密輸:成田経由で33キロ 千葉県警が10人逮捕 – 毎日新聞

金塊の密輸事件が急増 押収された金の98%は同じ結末? – ライブドアニュース

自分の会話が盗聴されていると確信したことがその後何度かある。始めて経験は、1995年クウエートのホテルでのことだ。CNNを見ていると、カタールでクーデターがあったといっている。大至急バハレーンの本社に電話した。数人でホテルからスピーカーフォンで話していた。カタールに出張者いないかどうか確かめたあと、クーデターという言葉を三回使った段階で電話は切れてしまった。やはり、独裁色の強い中近東ではクーデターはもっとも心配していることなのだろう。建国以来世代の交代は、二度ともクーデターでなされた国がカタールだ。
出典:カタール断交、“関ヶ原”間近の様相  WEDGE Infinity(ウェッジ)

空想のためにどんなに努力しても、得られるのは空想に過ぎない。特に妄想とは、妄=「女性(母親や恋人、アイドル=偶像)に心が惑わされ、我を忘れる」状態をいう。

ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち

参考:統一協会合同結婚式の手口と実態

カタール事変がなければ、ゴールドラッシュの摘発は難しくなったであろう。赤化統一される朝鮮半島から膨大な金塊が日本に運ばれている。密輸人は裏世界の人間であり、彼らは表に出ることはできない。書籍を読み、裁判を傍聴すれば、真実を知ることができる。妄想の果てに滅びるか、真実の先にある栄光を掴むか、誰も妨害しないし、誰も強制しない。そして、時間だけは平等に過ぎ去り、取り返すことは永遠にできない。恐らく信仰ではなく現実を知る最後のチャンスとなるだろう。出典:あんぽん

<傍聴人集合場所>
高知地方裁判所
2017/6/26(月) 16:30
被告:山内敏史
代理人:徳永信一
関連情報サイト

ギガロマニアックスと精神汚染

結果として、2000年代以降には、東京都の人口堆積が進み、沖縄と並び、1、2位の人口増加率を記録している。 こうして東京はかつて程、人びとを引き付けていない代わりに、人口を外に送り出す力も失った一種の蟻地獄の様相を呈している。 他の地域と較べても、東京出身の人が東京で暮らす割合は高く、たとえば最低の四国では75.8%の人しか出生ブロックに留まっていないのに対し、東京圏には90.4%の人が現在時点で暮らしている(第7回人口移動調査、2011年、ただし震災の影響を被った東北地域は除く)。 いうなれば東京で生まれた多くの人は、東京で死ぬことをかなりの力で運命づけられているのである。

出典:なぜ日本人は大地震や戦争のリスクがあっても決して逃げないのか(貞包 英之) | 現代ビジネス | 講談社

時代に適合すれば、環境に適応すれば、変化適用力を失い、滅亡する。その実証は来年、電子書籍として出版される『匿名犯罪者』を熟読すれば理解できるだろう。ギガロマニアックスによる精神汚染の実態が判明する。簡単に言えば、引きこもりが妄想世界を作り上げ、それに巻き込まれた人々の精神が汚染され、自覚なき不法行為を繰り返していくという負の連鎖構造である。その結果、日本の労働生産性は悪化の一途であり、貧困化の歯止めが効かなくなった。

真実を知るには、偽証が罪になる法廷が最も相応しい。日本人の不幸は一生を通じて裁判を傍聴しない人がいるということである。結果として、それが下記の状態を生み出した。

セス・リッチ殺害の真実

周知のように、「ロシアゲート」と呼ばれるトランプのロシアとの共謀疑惑の焦点になっているのは、ロシアが民主党全国本部のサーバをハッキングし、民主党の極秘文書やポデスタ選対部長の私的メールがウィキリークスを通してリークされたことだ。こリークでヒラリー・クリントンの選挙キャンペーンは失速し、トランプの勝利につながったとされている。トランプは選挙戦の期間中にロシアと接触しており、民主党全国本部のサーバのハッキングにも、トランプとロシアとの共謀があったのではないかと疑われている。いまアメリカの主要メディアは、この証明に躍起になっているが、いまのところそれを示す具体的な事実はまったく出てきていない。むしろ、前回メルマガの記事にも紹介したように、民主党全国本部のサーバの情報は、サーバ管理者の1人であった27歳のセス・リッチというITエンジニアによってウィキリークスに提供された可能性が非常に高いことが判明している。

このセス・リッチは、昨年の7月10日に何者かによって背後から撃たれ、射殺された。

遺族は第三者機関の支援を受けて、元ワシントン市警の殺人課刑事のロッド・ホイーラーを雇い独自の捜査に乗り出した。前回の記事にも書いたように、ホイーラーはセス・リッチのコンピュータを調査したFBIのエージェントとの接触に成功し、コンピューターにはセス・リッチがウィキリークスと連絡を取っていた事実を示す証拠が多数見つかったという証言を得た。これで、民主党全国本部のサーバのハッキングは内部犯行であった可能性が極めて高いことがはっきりした。最近これは、主要メディアのひとつであるFOXニュースで大きく報道された。そして、さらに5月17日、セス・リッチの死の状況を暴露した重大な情報の提供があった。

出典:トランプ弾劾なら大戦争ルートへ?北朝鮮情勢「本当の瀬戸際」を読む=高島康司 | マネーボイス

この一件は、サウジアラビア利権に関係しており、日本のあるファンドが介在している。そして、日本の未来は、海外にいる我々ではなく、日本にいる日本人の行動結果で分岐する。行動したくないならしなければいい。誰も強制しないし、誰も妨害もしない。単純に真実を知る人が増えると日本の未来が良くなるだけだ。

<傍聴人集合場所>
高知地方裁判所
2017/6/26(月) 16:30
被告:山内敏史
代理人:徳永信一

関連情報サイト

ロシアはなぜサイバー攻撃に強いのか —— 戦争の形を変えた新兵器 | BUSINESS INSIDER JAPAN

米 国防長官「北朝鮮への軍事行使は深刻な戦争に」 | NHKニュース

朝鮮半島有事に備えた在韓米国人の国外脱出訓練が始まった!!(辺真一) – 個人 – Yahoo!ニュース

米・州政府など:サウジアラビア政府から資金提供「利益相反」トランプ大統領を提訴へ – 毎日新聞

読売新聞は死んだに等しい | 郷原信郎

アメリカ政界の怪物・キッシンジャーが語った「日本観」と「中国観」 – まぐまぐニュース!

アングル:日本で核シェルターの需要増、北朝鮮情勢の緊迫化で | ロイター

詳細な情報が必要な人限定「Eyes Only」→ (有料メルマガ)

真実の会得

会得とは、物事の条理を理解し納得することである。

出典:インド 連日50度超える暑さで360人死亡 | NHKニュース

地球全体が始新世に近づいている。北海道には昔、亜熱帯森林地帯だった。世界的な海進期であり、民需船舶としてのEV船と軍船である水素船の量産化計画が進んでいる。真実の会得には、行動以外にない。マスコミは真実も報道するが、嘘も報道する。結局、偽証が罪になる法廷が日本では最も真実に近い場所である。

米テスラモーターズとパナソニックが共同運営する「ギガファクトリー」(ネバダ州)で4日、電池の量産が始まった。パナソニックが電池を製造し、テスラがいくつかをまとめてパックにして電気自動車(EV)などに使う。電池製造からパッケージングまで手がけることで、テスラは電池パックのコストを従来に比べ3割以上引き下げる

出典:テスラとパナソニック、電池パックのコスト3割減 量産を開始  :日本経済新聞

6月6日、サウジアラビアなど隣国から国交断絶を突き付けられたカタールは、経済がまひ状態に陥る恐れがある。写真は5月21日、リヤドでトランプ米大統領(右)と会談するカタールのタミム首長(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

CNN.co.jp : セッションズ司法長官、大統領と軋轢か 辞意表明の報道も

中東が荒れれば、ドルは暴落する。Nixon shockに続く、トランプショックが発生するだろう。其の後はサイゴン陥落ならぬソウル陥落である。

駐韓米軍は現在、韓国に居住している米国人を国外に退避させる訓練を実施していることをフェイスブック通じて明らかにした。訓練は今月5日から始まり9日まで実施される。  駐韓米第8軍によると、訓練は朝鮮半島有事の際「旅券など書類を持ってソウルの龍山基地など韓国全土に散在している集結場所や退避統制所に集まる非戦闘員(米軍兵士の家族など民間人)らを航空機や鉄道、船舶で安全に日本に退避させる」ことを目的としている。

出典:朝鮮半島有事に備えた在韓米国人の国外脱出訓練が始まった!!(辺真一) – 個人 – Yahoo!ニュース

日本は匿名犯罪者により、人口減少に歯止めがかからない。

2016年の出生数、97万人…初の100万人割れ : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞

待っていれば誰かが何とかしてくれる?では待ってみましょう。
何もしなかった人間の末路を知りたい人は観測しましょう。
それ以外、一般人が打てる対策は何もないからです。

真実を会得すれば、次は行動するかどうかです。

<傍聴人集合場所>
高知地方裁判所
2017/6/26(月) 16:30
被告:山内敏史
代理人:徳永信一

関連情報サイト

 

トロール・ネットワークの可視化

今回のテロでは、また別の問題が顕在化している。「フェイク情報」である。  英IT系ニュースサイト「ヴァージ」は、オンライン上で「トロール(インターネットで荒らし行為をおこなう人たち)が、偽のテロ被害者をでっち上げ、哀悼者たちをからかっている」と報じている。

出典:英国テロの悲劇に便乗し「私刑」に走る外道たち「トロール」|今日も「ニセの行方不明者」が作られる | クーリエ・ジャポン

出典:ベルセルク 第4巻 (初回限定版) [Blu-ray]

ネット匿名犯罪者として典型的な無職引きこもり犯罪を犯し、書類送検された山内敏史の顧問弁護士「徳永信一」の調査が完了しました。詳細は下記のサイトを熟読しましょう。原発推進派最右翼で逮捕歴のある弁護士です。

クズ弁護士徳永信一【逮捕された関西在特会関係者の新任(笑)弁護人】 – Melancholic Days – 憂愁日記 –

自らは一切証拠を提出せず、幇助の可能性が調査されているブログ管理者の証拠を謄本として活用する訴訟スタイルです。英語圏では、スニーカー(Sneaker)と言われています。

翻って、我が国の現状を見れば、我が国領域内に設置されたICT基盤に対する不法行為を絶対に許さないという意志も相手のサイバー攻撃を防止・阻止する能力も不足しているように見える。米国の2017会計年度のサイバー攻撃対策費は前年度比35%増の190億ドル(約2兆2000億円)であった。一方、日本のサイバーセキュリティ予算は、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の資料によると742.8億円(平成28年度予算概算要求額)である。30対1という金額の差がそのまま両国の意志と能力の差と言えなくもない。

出典:無法地帯のサイバー空間、各国の力の差が歴然 国際規範の確立が急務だが、お粗末な日本の対応 | JBpress(日本ビジネスプレス)

モンゴル帝国が13世紀に元冦として日本に侵略をしました。そこで戦ったのは天皇の朝廷軍ではなく、私兵集団の武士団です。10世紀の承平天慶の乱により、日本国は中世の封建時代へと突入して行きます。現在の世界も同じで、中央集権国家の力は弱まり、自力救済によるサイバー戦や訴訟、テロ対策が必要になってきました。ある日コンサートを見ていると爆死したり、地下鉄に乗っていると毒ガス攻撃を受けたりします。特に厄介なのがネットでの匿名犯罪者による嘘ニュースや誹謗中傷です。

出典:米空母3隻目、西太平洋派遣へ 北朝鮮抑止へ異例の展開:朝日新聞デジタル

戦略として、無抵抗主義、武装中立、集団安全保障の3つがあります。幕末の歴史を鑑みれば、最悪なのは武装中立でした!
正しい選択は勝者と同盟もしくは協商関係の構築です。森友学園の事件が証明していますが、強い敵より、弱い味方が一番の敵です。
弱い人間ほど大軍を形成します。しかし、三国志では魏の曹操は官渡の戦いで10倍の袁紹軍を破っています。勝因は大軍の弱点である兵糧庫を焼き払ったことです。また、赤壁の戦いも有名です。勝者となった魏の曹操は大軍で呉に攻め込みますが、呉軍の火船と疫病により赤壁で敗退します。
チンギスハーンの軍勢は少数で広い範囲に拡散していました。分散しているために食料補給に有利であり、疫病の感染も低く、夜戦及び城攻めでは機動力を駆使して、戦場には大軍が集結することが可能でした。この文章が他人事出ないと考えるなら、多くの傍聴人に参加しましょう。デモをするより、裁判を体験する方が100倍以上、人生に役立ちます。

THE 歴史列伝〜そして傑作が生まれた〜「武装中立」長岡藩家老 河井継之助|BS-TBS

森友学園:「稲田氏、顧問弁護士だった」…籠池氏が説明 – 毎日新聞

<傍聴人集合場所>
高知地方裁判所
2017/6/26(月) 16:30
被告:山内敏史
代理人:徳永信一

検察審査会による起訴へ

出典:裁判所|検察審査会ってどんなところ・・・

平成29年5月10日、大津地方裁判所の執行官による家宅調査が行われた。合意内容が遵守される限り、強制執行対象者は大津地方裁判所から再度の調査(第2回目は強制開錠で自宅に立入し動産執行の手続きを行う)を免れる。その調査過程で別件での既に書類送検された刑事案件の重要証拠が確定した。既に警察に対して事前に物的証拠(IPアドレスなど)は提供されており、最終的に検察審査会に対して申請する裏付けが取れた。昨年3月における警察での偽証とネット上での不法行為における返信アドレスなどの文書不実記載も確定した。検察審査会での必要な票数は過半数であり、ほぼ確実に再捜査となる。これほど腕の悪い法律事務所は先進国では滅多に存在しない。恐らく弁護士費用を徹底的にケチったのだろう。

ニュース検定に挑戦:検察審査会の仕事とは? – 毎日新聞