真実の会得

会得とは、物事の条理を理解し納得することである。

出典:インド 連日50度超える暑さで360人死亡 | NHKニュース

地球全体が始新世に近づいている。北海道には昔、亜熱帯森林地帯だった。世界的な海進期であり、民需船舶としてのEV船と軍船である水素船の量産化計画が進んでいる。真実の会得には、行動以外にない。マスコミは真実も報道するが、嘘も報道する。結局、偽証が罪になる法廷が日本では最も真実に近い場所である。

米テスラモーターズとパナソニックが共同運営する「ギガファクトリー」(ネバダ州)で4日、電池の量産が始まった。パナソニックが電池を製造し、テスラがいくつかをまとめてパックにして電気自動車(EV)などに使う。電池製造からパッケージングまで手がけることで、テスラは電池パックのコストを従来に比べ3割以上引き下げる

出典:テスラとパナソニック、電池パックのコスト3割減 量産を開始  :日本経済新聞

6月6日、サウジアラビアなど隣国から国交断絶を突き付けられたカタールは、経済がまひ状態に陥る恐れがある。写真は5月21日、リヤドでトランプ米大統領(右)と会談するカタールのタミム首長(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

CNN.co.jp : セッションズ司法長官、大統領と軋轢か 辞意表明の報道も

中東が荒れれば、ドルは暴落する。Nixon shockに続く、トランプショックが発生するだろう。其の後はサイゴン陥落ならぬソウル陥落である。

駐韓米軍は現在、韓国に居住している米国人を国外に退避させる訓練を実施していることをフェイスブック通じて明らかにした。訓練は今月5日から始まり9日まで実施される。  駐韓米第8軍によると、訓練は朝鮮半島有事の際「旅券など書類を持ってソウルの龍山基地など韓国全土に散在している集結場所や退避統制所に集まる非戦闘員(米軍兵士の家族など民間人)らを航空機や鉄道、船舶で安全に日本に退避させる」ことを目的としている。

出典:朝鮮半島有事に備えた在韓米国人の国外脱出訓練が始まった!!(辺真一) – 個人 – Yahoo!ニュース

日本は匿名犯罪者により、人口減少に歯止めがかからない。

2016年の出生数、97万人…初の100万人割れ : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞

待っていれば誰かが何とかしてくれる?では待ってみましょう。
何もしなかった人間の末路を知りたい人は観測しましょう。
それ以外、一般人が打てる対策は何もないからです。

真実を会得すれば、次は行動するかどうかです。

<傍聴人集合場所>
高知地方裁判所
2017/6/26(月) 16:30
被告:山内敏史
代理人:徳永信一

関連情報サイト

 

トロール・ネットワークの可視化

今回のテロでは、また別の問題が顕在化している。「フェイク情報」である。  英IT系ニュースサイト「ヴァージ」は、オンライン上で「トロール(インターネットで荒らし行為をおこなう人たち)が、偽のテロ被害者をでっち上げ、哀悼者たちをからかっている」と報じている。

出典:英国テロの悲劇に便乗し「私刑」に走る外道たち「トロール」|今日も「ニセの行方不明者」が作られる | クーリエ・ジャポン

出典:ベルセルク 第4巻 (初回限定版) [Blu-ray]

ネット匿名犯罪者として典型的な無職引きこもり犯罪を犯し、書類送検された山内敏史の顧問弁護士「徳永信一」の調査が完了しました。詳細は下記のサイトを熟読しましょう。原発推進派最右翼で逮捕歴のある弁護士です。

クズ弁護士徳永信一【逮捕された関西在特会関係者の新任(笑)弁護人】 – Melancholic Days – 憂愁日記 –

自らは一切証拠を提出せず、幇助の可能性が調査されているブログ管理者の証拠を謄本として活用する訴訟スタイルです。英語圏では、スニーカー(Sneaker)と言われています。

翻って、我が国の現状を見れば、我が国領域内に設置されたICT基盤に対する不法行為を絶対に許さないという意志も相手のサイバー攻撃を防止・阻止する能力も不足しているように見える。米国の2017会計年度のサイバー攻撃対策費は前年度比35%増の190億ドル(約2兆2000億円)であった。一方、日本のサイバーセキュリティ予算は、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の資料によると742.8億円(平成28年度予算概算要求額)である。30対1という金額の差がそのまま両国の意志と能力の差と言えなくもない。

出典:無法地帯のサイバー空間、各国の力の差が歴然 国際規範の確立が急務だが、お粗末な日本の対応 | JBpress(日本ビジネスプレス)

モンゴル帝国が13世紀に元冦として日本に侵略をしました。そこで戦ったのは天皇の朝廷軍ではなく、私兵集団の武士団です。10世紀の承平天慶の乱により、日本国は中世の封建時代へと突入して行きます。現在の世界も同じで、中央集権国家の力は弱まり、自力救済によるサイバー戦や訴訟、テロ対策が必要になってきました。ある日コンサートを見ていると爆死したり、地下鉄に乗っていると毒ガス攻撃を受けたりします。特に厄介なのがネットでの匿名犯罪者による嘘ニュースや誹謗中傷です。

出典:米空母3隻目、西太平洋派遣へ 北朝鮮抑止へ異例の展開:朝日新聞デジタル

戦略として、無抵抗主義、武装中立、集団安全保障の3つがあります。幕末の歴史を鑑みれば、最悪なのは武装中立でした!
正しい選択は勝者と同盟もしくは協商関係の構築です。森友学園の事件が証明していますが、強い敵より、弱い味方が一番の敵です。
弱い人間ほど大軍を形成します。しかし、三国志では魏の曹操は官渡の戦いで10倍の袁紹軍を破っています。勝因は大軍の弱点である兵糧庫を焼き払ったことです。また、赤壁の戦いも有名です。勝者となった魏の曹操は大軍で呉に攻め込みますが、呉軍の火船と疫病により赤壁で敗退します。
チンギスハーンの軍勢は少数で広い範囲に拡散していました。分散しているために食料補給に有利であり、疫病の感染も低く、夜戦及び城攻めでは機動力を駆使して、戦場には大軍が集結することが可能でした。この文章が他人事出ないと考えるなら、多くの傍聴人に参加しましょう。デモをするより、裁判を体験する方が100倍以上、人生に役立ちます。

THE 歴史列伝〜そして傑作が生まれた〜「武装中立」長岡藩家老 河井継之助|BS-TBS

森友学園:「稲田氏、顧問弁護士だった」…籠池氏が説明 – 毎日新聞

<傍聴人集合場所>
高知地方裁判所
2017/6/26(月) 16:30
被告:山内敏史
代理人:徳永信一

検察審査会による起訴へ

出典:裁判所|検察審査会ってどんなところ・・・

平成29年5月10日、大津地方裁判所の執行官による家宅調査が行われた。合意内容が遵守される限り、強制執行対象者は大津地方裁判所から再度の調査(第2回目は強制開錠で自宅に立入し動産執行の手続きを行う)を免れる。その調査過程で別件での既に書類送検された刑事案件の重要証拠が確定した。既に警察に対して事前に物的証拠(IPアドレスなど)は提供されており、最終的に検察審査会に対して申請する裏付けが取れた。昨年3月における警察での偽証とネット上での不法行為における返信アドレスなどの文書不実記載も確定した。検察審査会での必要な票数は過半数であり、ほぼ確実に再捜査となる。これほど腕の悪い法律事務所は先進国では滅多に存在しない。恐らく弁護士費用を徹底的にケチったのだろう。

ニュース検定に挑戦:検察審査会の仕事とは? – 毎日新聞

大規模サイバー攻撃の前哨戦

英国では12日、公共医療を提供する国民保健サービス(NHS)のシステムが停止一部の病院では医療サービスの提供が困難となったという。ロンドンを含むイングランドは「重大事故」を宣言した。米メディアによると物流大手のフェデックスが攻撃を受け復旧作業を進めていることを認めた。ロシア内務省は、同省の約1000のコンピューターが攻撃を受けたとの声明を出した。

出典:大規模サイバー攻撃、99カ国で被害:日本経済新聞

私たちは、UNIXの一部であるマッキントッシュOSとPS3を使い情報交換をしてる。情報は等価交換であり、交換ネットワークを保有している人々の収益率は200%を超える。しかし、ウィンドウズに過度に依存している日本企業は壊滅状態になるだろう。我々もウィンドウズは使用するが、それはVMware Fusionなど仮装システムを使っている。敵味方識別コードIFFにはLineスタンプを活用している。

「ウィンドウズ」狙ったサイバー攻撃 被害100カ国に:朝日新聞デジタル

NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

セキュリティ対策とは、訴訟対策であり、正しい情報を得ることで可能となる。最終的にどちらの陣営につくか、選択する時間は限られている。世界は複数の陣営に分かれているが、真実のネットワーク脱真実のネットワークに大別できる。情報は等価交換が基本であり、真実の情報は有料で一部だけ手に入れることが可能である。観測すると情報は変質する。だから無料の情報は宣伝に過ぎない。この論理学が理解できるかどうかで、勝敗が別れる。

韓国人「文在寅当選一日目ですでに弾劾推進委員会が発足していた」 : カイカイ反応通信

連邦国家樹立で朝鮮半島統一の実現を、北朝鮮が韓国に呼びか… – Record China

クリック(真実の情報メディア)

5月の強制執行と大物スパイ摘発

【ブリュッセル=井口馨】ドイツの検察当局は4月28日、スイス国籍のスパイの男(54)を逮捕したと発表した。
スイスやリヒテンシュタインの銀行は、他国の捜査機関の照会に容易に応じないことで知られ、脱税や資金洗浄の温床になっているとされる。独メディアによると独税務当局は、スイスやリヒテンシュタインの銀行から盗み出された顧客情報が入ったCDを買い取って脱税を摘発。スイス側が違法に流出したデータの利用に反発していたことから、スパイはCD購入に関わるドイツ側の担当者を特定しようとしていたとみられる。独有力紙ウェルトなどによると、男はスイスの情報機関「NDB」に所属。2012年以降、スパイ活動を続けていた疑いがある。

出典:スイスのスパイ、独で逮捕…脱税摘発巡り活動か : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

第一次世界大戦は塹壕による陣地戦でしたが、第二次世界大戦は戦車や航空機など機動部隊による機動戦でした。冷戦(第三次世界大戦)は核兵器による陣地戦だとすれば、非対称戦争(第4次世界大戦)はテロリストとサイバー攻撃によるマネー戦争です。特に5月の強制執行(来年、電子書籍で出版予定)では億単位の脱税などが多く連鎖して摘発されることになります。国家に対して敵対行動を取る企業や個人がどのような末路を辿るかを知りたければ、上記ドイツによる情報機関「NDB」事件を調査するべきでしょう。黒の騎士団のサポートにより戦場は欧州から南米、そして、環太平洋諸国へと拡散します。ステルス状態の紺碧の武士団を除けば黒の騎士団は世界最強のサイバー戦部隊です。

出典:スパイとランサムウェアが深刻な脅威に–なりすましで業務情報を盗み出す – ZDNet Japan

セキュリティ対策とは、訴訟対策であり、裁判を経て強制執行で完結します。力の根源として、マネーを基盤にする人々もいますが、イデオロギーや宗教的教義を基盤とする人々もいます。騎士団や武士団にとっては、それは騎士道であり、武士道です。簡単に言えば、闘って勝つという実績の積み重ねです。金でしか動かない人間にとって主義主張に命をかける人間の行動原理は理解できないでしょう。猪瀬直樹が辞任したのは、そして、舛添要一が辞任したのは、法的に問題な行動を行った為です。石原慎太郎が危機的な状況にあるのも同じです。例え選挙に勝っても、司法で敗れれば、「政治」で敗れたことになります。戦闘の勝利より、戦争の勝利が重要であり、戦争の勝利より、外交の勝利がより重要です。その違いが解らない人間は、常に敗れ続けます。

都百条委、浜渦氏ら2人を偽証認定へ 反対の委員長、辞任表明  :日本経済新聞

真実を知りたい人は → クリック

円環の因果と螺旋の因果

出典:【画像】ベトナム人「日本で働きたくない。もうあの国には魅力が無い」

21: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ :2017/04/22(土) 01:35:25.85 ID:0.net
アメリカの最低賃金は1680円
日本は820円

105: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ :2017/04/22(土) 08:23:50.93 ID:0.net  30年後くらいには日本人がベトナムに出稼ぎに行くようになる

因果には二種類ある。旧軍のように同じ失敗を繰り返す大日本帝国が円環の理である。もう一つは、同じ失敗を繰り返さない螺旋の選択である。

テレビを聞きながら、インターネットを見て、昨日と同じ今日を明日も選択し続けると、円環の因果により破滅する。この確率は非常に高い。

89: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ :2017/04/22(土) 03:14:05.61 ID:0.net
むしろ日本人がベトナム行ったほうがいい
ますます人いなくなるけど

そんなことは解っていて何も行動できない。理由は簡単で、行動する日本人は外国人と一緒に既に準備を終えて、実際に行動しているからだ。悔いなき選択」をすれば、失敗してつ『螺旋の因果』に今日と違う明日が必ずやってくる。今日より悪くなるかもしれないが、良くなるかもしれない。日本人が失った最も大切なものは勇気である。これは一度失うと二度と取り返すことができない。命の代わりがないのと同じである。人は成功体験に依存し、勇気を捨てることで生き残れば、永遠にそれを繰り替えす。それは既にゾンビであり、人間(じんかん)とは言えない。人間(じんかん)とは古代インド語のmamusyaであり、世の中が語源である。空想や妄想の世界で溺死すれば、リアルワールドの居場所がなくなる。現実世界で敗れれば、待っているのは破滅だからだ。それを知る人間は仲間を常に集め続ける。今の我々が外国人を省いても国内最大級のネットワークである根拠の一つである。

高知地方裁判所 第二回法廷 平成29年5月10日11時〜
被告:中原正 / 被告:山内敏史
日本で最も真実に近い場所が法廷
傍聴すれば、今日と違う明日の扉が闢く

最初の100日と沖縄大裁判

事情に詳しい関係者によれば、米政府は最近の同盟諸国との協議の中で、対北朝鮮戦略に軍事的側面が含まれる可能性を強調している。2月に日本の安倍晋三首相とトランプ氏が2日間にわたって首脳会談をした際は、米側が北朝鮮に対して全ての選択肢が検討されていると複数回にわたり述べた。このとき日本側に伝えられた選択肢の中には、北朝鮮が大陸間弾道ミサイルの発射実験をする構えを見せた場合などに、米国が軍事攻撃をすることも含まれているという。
出典:米政権、北朝鮮への武力行使も選択肢に (ウォール・ストリート・ジャーナル) – Yahoo!ニュース

NY原油(1日):下落、米在庫が過去最高水準-減産効果を相殺 – Bloomberg

既にサウジアラビアとロシア、アメリカ石油会社の財政は崩壊寸前です。原油の在庫が歴史的なレベルまで増大したからです。この膨大な在庫処分ができなければ、財務破綻します。

米ロとサウジが主導する石油の新世界秩序 :日経ビジネスオンライン

トランプ政権の「最初の100日」は2017年4月30日です。

Navy fleet commanders warn of potential fight in Korea – Business Insider

トランプ次期大統領、国務長官にエクソンCEOレックス・ティラーソン氏を指名 親ロシア鮮明に

【トランプ大統領始動】ティラーソン国務長官を承認、「反対」過去最高に – 産経ニュース

そもそも大回りする必要性は全く存在しない。

 上記、いくつかの実例を列挙したが、あくまで一例にすぎない。繰り返しとなるが、P/L談義の要点は、以下の3点となる。
①何を輸送するのか?
②供給源・需要家は存在するのか?
③P/L建設は経済合理性を有するのか?

JBP読者の皆様には、マスコミやネット上で流れている間違いだらけのP/L談義を排し、正確なP/L像を描きながら石油・ガス戦略を論じていただきたい。
筆者:杉浦 敏広

出典:パイプラインを知らなすぎるエネルギー評論家たち – BIGLOBEニュース

運命の時が迫ります。金に従う人間は実力や真実に従う人間に勝てません。それが体験できるのが裁判です。ゆえに懸命な人々は裁判を傍聴しています。実際に数は急激に伸びました。真実を知らなければ、正しい行動が取れません。ネットの嘘ニュースや真偽が両立するマスコミで行動すれば、孫子のいうようになります。『孫子・謀攻』に「彼を知り己を知れば百戦殆からず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し(敵と味方の実情を熟知していれば、百回戦っても負けることはない。敵情を知らないで味方のことだけを知っているのでは、勝ったり負けたりして勝負がつかず、敵のことも味方のことも知らなければ必ず負ける)
全ては私、椎名が行う「沖縄大裁判(10年裁判)」へと続きます。それまでは、被告は従来どおり裁判所命令の解決金を支払わず、イタリア大使館事件のケッシュ財団仲間を売り、遺憾の意を述べ続けることが望ましいのです。自分が見えていない人が最後にはどうなるか?
それを知るのは尋問を受ける被告ではなく、それを観察する多数の傍聴人です。

追い詰められた北朝鮮の態度は、匿名犯罪者(ZQN)と全くの同じで興味深い!

北朝鮮軍「超強硬な対応措置」 米韓合同軍事演習をけん制 | NHKニュース

排斥されていると感じる人ほどフェイクニュースを信じやすい:論文発表 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

日時:2017年3月9日 10:30~
場所:高知地方裁判所 2階202号法廷
被告:中原正 被告:山内敏史

歴史から見ても、統一新羅から高麗朝まで、朝鮮半島の国王の2人に1人は天命を全うすることができませんでした。中華帝国の天子たる皇帝にしても3人に1人が非業の死を遂げています。南朝の宋の劉一族は、殺し合いの末にとうとう一族の皇位継承者がいなくなってしまいました。最後の王子は「なぜ不幸にして皇家に生まれたのか」とまで嘆いていました。また、明の最後の皇帝である崇禎帝は、李自成の反乱軍に追われ、自殺する前に娘を殺す際、「なぜ君は不幸にして皇家に生まれたのか」と泣きながら語りました。

出典:現実味を帯びてきた北朝鮮への先制攻撃。手を下すのは米国か中国か – まぐまぐニュース!

2月28日、韓国ロッテグループの系列会社が、在韓米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備が予定されている所有地の韓国政府への提供を承認したことを受け、中国国営メディアは韓国製品の不買運動を呼び掛けるなど猛反発している。写真は最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)のテスト発射の模様。米国防省提供写真(2017年 ロイター)

出典:韓国THAAD早ければ4月にも配備へ 中国が猛反発 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

韓国軍があまりの寒さに野外訓練を中止、高機能の防寒服足りない事情も=韓国ネット「冬は冬で訓練しないとまずいでしょ」「昔と何も変わってない」:2016年1月25日- Record China

過去と未来の分割統治

真実は一つです。そして、匿名犯罪者(ZQN)によりネットは脱真実の場となり、マスコミは真実と嘘の区別が付かなくなり嘘ニュースが増えています。これは情報量が激増し、エントロピー(煩雑さ)の結末である熱的死に該当します。対策は、「マクスウェルの賢い悪魔」です。量子コンピューターシステムの真髄は「情報をエネルギーに転換することです。

画像出典:中央大と東大、「マックスウェルの悪魔」を実験により実現 | マイナビニュース

これを社会的に誰でも行うことができます。裁判を傍聴して真実を知ることです。社会がマクロであるならば、ナノデバイスとして一番確実なのがゾンビ化していない人間だからです。

日時:2017年3月9日 10:30~
場所:高知地方裁判所 2階202号法廷
被告:中原正 被告:山内敏史

この裁判で実証されはるのが、匿名犯罪者(ZQN)=クオリアを追っていない人間「哲学的ゾンビ – Wikipedia」です。人間性のない彼らは敵対国の「人間爆弾」として利用されます。

出典:韓国人「中国が提案した韓半島の統一形態を見てみよう」 : カイカイ反応通信

既に朝鮮半島の統一は秒読み段階に入ったといわれています。ドイツは中国に接近し、アメリカは分断され、ロシアはユーロ崩壊まではアメリカに味方し、ユーロ崩壊後は反アメリカの名手としてドル基軸通貨システムを破壊します。周辺国は”地政学的配置転換”が発生します。第二次世界大戦が終わったとき、極東でも勝者の世界分割がありました。

軍事費6兆円増へ トランプ氏「歴史的拡大」 :日本経済新聞

出典:分割統治 – Wikipedia

大日本帝国はアメリカ、ソ連、イギリス、中国(中華民国)に分割されます。本州はアメリカ軍(40万)とイギリス軍(4万)が進駐し、占領軍は戦後の支配体制を確立しました。その体制が音を立てて崩れ始めています。詳細を知りたければ、作家やジャーナリスト達と一緒に日時:2017年3月9日 10:30~場所:高知地方裁判所 2階202号法廷を傍聴することです。

出典:呉市内を行進する王立グルカ連隊(1946年)イギリス連邦占領軍 イギリス軍、オーストラリア軍、ニュージーランド軍、イギリス領インド軍から成る- Wikipedia

ロシアの戦術革命「嘘ニュース」により、アメリカは分断されました。中央を突破されたアメリカは当面、混乱が続きます。誰の責任かといえば、オバマ大統領の責任です。匿名犯罪者(ZQN)を人間爆弾として使用する危険性を認識しながら対策を採りませんでした。

 もうひとつ、トランプと情報機関との関係を不穏なものにしていたのが、トランプの最側近の一人とされ、国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めていたマイケル・フリンだった。彼はオバマ政権下で国防情報局(DIA)局長を務めたが、「アルカイダよりもイラン人の方が多数のアメリカ人を殺している」といった根拠の乏しい情報を振りかざして混乱を招き、局内で相手にされなくなったという。そこでジェームズ・クラッパー国家情報局長官(当時)が辞任を持ちかけると激怒したあげく、二〇一四年に事実上、解任された。その後も、ウェブ上でイスラム教徒やオバマ政権への「陰謀史観」に基づく書き込みを続けていたというこの人物が、新大統領の情報方面のアドバイザーだったのである。このフリン大統領補佐官が二月十三日、就任前に駐米ロシア大使と対ロシア制裁について話し合った疑惑で、辞任に追い込まれた。これはトランプ政権にとって大きな痛手だ。なぜならトランプのロシアへの接近姿勢が、より重大な問題としてクローズアップされる可能性があるからだ。
私はアメリカがロシアと接近すること自体は、ある意味理にかなっていると考える。中国、ロシアという二大国と同時に敵対している現状は、アメリカにとって戦略的、地政学的に最もまずいやり方であることは間違いないからだ。
しかしロシアがクリントン陣営へのサイバー攻撃を行っていた、となると、話は違ってくる。これはアメリカに対する主権侵害だからだ。これに対して、トランプの対応は奇妙としかいいようのないものだった。「たぶん(民主党全国委員会への)ハッキングはなかった」と何の根拠も示さず語り、「ロシアが介入したとは思わない」「ロシアの可能性もあるし、中国の可能性もある。ニュージャージー州のヤツがやったかもしれない」と、はぐらかしに終始している。

もっともロシアのサイバー攻撃問題については、私は、オバマ前大統領の責任も重いと考えている。外国政府が選挙活動に妨害、干渉などを行っていた恐れがあるとわかった段階で、「これは民主主義の危機であり、アメリカという国に対する卑劣な攻撃だ」として、非常事態宣言をし、投票所に警官、場合によっては州兵を配置するなど、徹底的な警戒態勢を敷くべきだった。選挙後に報告書を出させるというのは愚の骨頂というほかない。

出典:トランプ対CIA 冷戦後に何が起こったのか? – 春名幹男(早稲田大学客員教授)

アメリカと比較して、日本の「哲学的ゾンビ」「匿名犯罪者(ZQN)」による被害は軽微ですが、多くの人格障害者(匿名犯罪者)が凶悪な事件を発生させています。人々が自分のことしか興味がなくなり、集団で戦うことができなくなったからです。孤立すればゾンビに敗れます。

松本人志、冨田さん刺傷事件に怒り「34人殺した」 – 芸能 : 日刊スポーツ

“戦後最悪”事件で植松容疑者を起訴 今なお「障害者なんていらない」- サンスポ

第一次世界大戦の大砲や小銃で、第二次世界大戦の戦車や空母と戦えば、確実に敗れます。日本の不幸な現状は、ネットでは古い戦術や外交が理解し易いということで拡散していることです。しかし、これらは症状であって、原因ではありません。日本は2000年の歴史で最も危険な状況に突入していますが、その認識がない評論家の希望的観測に従う人が増えています。つまり、順次、「哲学的ゾンビ」「匿名犯罪者」というZQN化するということです。目で見た真実と頭の空想を区別するには、真実を知る必要があります。日本ではネットは恣意的な嘘が多く、マスコミは真実と嘘が混在しています。つまり、裁判所を傍聴するコミュニティーに属することが最良の選択です。それをメンドクサイと回避すれば、確実に淘汰されるでしょう。

変化の激しい時代、日本は…

というわけで、現状の世界の構造をみると、トランプ・アメリカは、ロシアと和解したいが、敵に阻止されている。彼は、中国と対立したいが、敵に阻まれている。トランプ・アメリカは、日本、イギリスを味方につけている。トランプ・アメリカは、ドイツを中心とするEUと対立している。それで、ドイツは、アメリカのライバル中国に接近している、となります。しかし、現在の世界情勢は、1930年代並に変化が激しいです。1930年代、日本はフラフラしていた。そして日中戦争が始まった1937年、アメリカ、イギリス、ソ連、中国、4大国を全部敵にまわしていた。要するに日本は、「孤立したから負けた」のです。

その教訓を活かして、日本は、「味方を増やす戦略進めていく必要があります。

  1. アメリカとの同盟関係をますます強固にする。
  2. インドとの関係をますます強化していく。
  3. ロシアと和解することで、中ロ関係を弱体化させる。
  4. 台湾、ベトナム、フィリピン、オーストラリアなどとの関係をさらに強化していく。
    その上で
  5. 中国を挑発しない。

80年前とは違い、日本はいいポジションにつけています。しかし、油断は大敵です。

出典:ドイツが中国に急接近。隠しきれなくなってきたEUの焦燥感  – まぐまぐニュース!

大日本帝国が滅亡したのは、自作自演の捏造テロである満州事変に対して、真実を求め続ける行為をしなかった国民が多かったからです。何が正しいかという真実から逃げ続けて、どうして生存し続けることができるのでしょうか?
内部統制を強めて、二重思考でオルナタ・ファクト「大本営発表」を繰り返せば、一時的に内乱や革命を抑止できるかもしれませんが、外交では通じません。最終的に多くの大国を敵に回して、自滅します。裁判を傍聴すれば、誰が勝利し、誰が敗北したか、客観的に理解できます。暗記とは、考える力、理解する力、創造する力、本質を洞察する力がない人間でも、とりあえず工場労働者や歩兵として使うための訓練です。裁判では誰が間違っており、誰が正しかったが証明されます。そして、誰が強かったか、誰が弱かったか、その勝敗も直視できます。下の情報は真実から遠ざかった為に酷い目にあった人々の記録です。これは、過去であり、そして、同時に未来です。

沖縄の那覇市でいじめ件数が前年比13倍に 裏にある悲しい理由 – ライブドアニュース

なぜこんな人物が米国の大統領になってしまったのか――そんな疑問を抱いている人も多いだろう。

「トランプは大衆の欲望や怒りを察知する能力が天才的。オバマは立派な理想主義者だったけれど、一方でプアホワイトと呼ばれる『中間層』の没落に対して有効な手を打てなかった。このように社会が弱り、閉塞感が漂う状況のなかで、より強い指導者を求めていた空気を、トランプはがっちりつかんでいるんです。

 民衆は弱っている時ほど、わかりやすい敵を示して、『今、社会がうまくいかないのは○○がいるからだ』『○○をやっつければうまくいく』という単純な構図を見せられると、それに飛びついてしまう。弱っているときだからこそ真剣にいろんなことを考えなければいけないんですが、身も心も疲れて思考停止状態になっているんです」

 実は私たちの周りには、他人を平気で振り回す「トランプさん」がたくさんいる。例えば日本の政界。小池百合子東京都知事と対立している石原慎太郎氏は、会見をすると言ったり、しないと言ったり…。「真実を定義するのは難しいです。でも事実や出来事については、当事者の間で『これが真実だろう』という合意が一応成り立っていることが多い。ところがそういう前提が成り立たないのが石原さんのような人

出典:トランプ氏、石原慎太郎氏、小池百合子氏の似た点とは (NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

北朝鮮の分割統治計画

この2カ月間に見せた金正恩委員長の突発的な行動は終わりではない。来月、韓米合同軍事訓練が始まる。米国のトランプ政権が就任した後、初めての訓練となる。トランプ政権の対北朝鮮認識を考えると、過去より威圧的なものとなる可能性もある。したがって韓半島(朝鮮半島)の緊張はピークに向かうと予想される。金正恩委員長が過去数年間作っている「緊張の春」はいつ終わるのか。

コ・スソク統一文化研究所研究委員・北朝鮮学博士

出典:【コラム】金正恩の春 | Joongang Ilbo | 中央日報

話はいまから2ヵ月ほど前、トランプ政権誕生を控えた昨年12月17日に遡る。この日、アメリカ国務省でアジア地域を担当するダニエル・ラッセル東アジア太平洋担当国務次官補が、ひっそりと来日した。現在63歳のラッセル次官補は、アメリカの東アジア外交のキーパーソンである。日本と韓国のアメリカ大使館での勤務が長く、’93年から’94年にかけてアメリカが北朝鮮を空爆する一歩手前まで行った核危機の際には、現場責任者だった。オバマ政権では国家安全保障会議(NSC)のアジア上級部長を務め、一貫して北朝鮮を担当してきた。トランプ政権が始動するや、ケリー国務長官以下、国務省の幹部は軒並み去っていったが、ラッセル次官補だけは留任している。実はラッセル次官補が来日した目的は、翌月のトランプ政権発足を前に、今後のアメリカの対北朝鮮政策について、日本政府に説明するためだった。ラッセル次官補は、日本政府の高官たちを前に、まずは直近の韓国政界の話題から入った。「いま起こっている朴槿恵大統領のスキャンダルは、ワシントンとして、もうこれ以上、我慢ならなかった。だから、いろいろと後押しした。朴槿恵大統領の長年の友人で逮捕された崔順実は、北朝鮮出身者の娘だ。彼女は密かに北朝鮮と通じていた。このままでは、韓国が国家的な危機に陥るところだったのだ……」
日本政府にしてみれば、韓国政界の混乱に北朝鮮が「関与」していたというのは、初めて耳にする話だった。(略)日本側は、ラッセル次官補の言葉を、じっと聞き入っていた。そんな中、ラッセル次官補は、核心の問題に言及した。

「ワシントンとしては、近未来の北朝鮮を、アメリカ、中国、ロシアの3ヵ国による信託統治にしようと考えている。

このままでは近い将来、必ずや金正恩が暴発するだろう。そのため金正恩が暴発する前に、こちらから行動に出なければならないのだ」

出典:アメリカが進める金正恩政権「転覆計画」の全貌(近藤 大介) | 現代ビジネス | 講談社

既に2017年5月前後60日で火蓋を切るのは避けられないでしょう。詳細は、多くのメディア関係者が傍聴する裁判所に行くことです。マスコミは真実も流しますが、嘘も流します。しかし、裁判所に嘘の証拠を提出すれば、取り下げはできず、偽証罪となります。だから日本で一番真実に近い場所です。関係者が裁かれる場所でこそ、歴史の真実は永久に標されます。

日時:2017年3月9日 10:30~
場所:高知地方裁判所 2階202号法廷
被告:中原正 被告:山内敏史

独立自営ヨーマンの時代

農民(ヨーマン)は次第に裕福になってジェントリになってゆく者と、より貧しくなって離農する者へ二極化した。エリザベス1世は救貧法などによって社会的安定を保とうとしたものの、貧農が都市、中でもロンドンに集中して急激な人口増加をもたらした。この変化に宗教改革や修道院の解散も影響して、貧しい人々をみる視線が「慈善の対象」から「怠惰の結果」に変わっていった。こうして社会的・経済的に追いつめられた人々が急進的な思想を醸成していった。ヨーマンや小作農のなかから、しだいに広い土地を持つものが出てきて、かれらはジェントリ化していった。これには、封建領主制からブルジョワ的土地経営に様変わりしたことが原因としてあげられる。すなわち、農民は階級的支配による耕作ではなく、商契約に基づく労働としての耕作という方向に徐々に変貌してゆく。そのなかで余裕をもてた者が、農業生産性の向上もあって、その所有する土地を漸次広げていった。そしてジェントリの一角に食い込んでいったばかりでなく、富農の発言力も強まっていった。
財政の悪化

出典:清教徒革命 – Wikipedia

欧米および環太平洋諸国では、「分断」が拡大しています。そして、その動きは変化を加速します。歴史の中で変化が加速する時期を「革命」といいます。

「マネーの難民」日本へ 米国と信用力逆転  編集委員 滝田洋一 2017/2/22 6:30

ハトが豆鉄砲を食らうとはこのことだろう。債務不履行リスクの物差しであるクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)で測った、日米国債の信用力がほぼ7年ぶりに逆転した。厳しい財政事情があいさつ代わりになっている、日本の国債の方が信用されるとはこれいかに

出典:「マネーの難民」日本へ 米国と信用力逆転  編集委員 滝田洋一(写真=AP) :日本経済新聞

トランプ政権の出鱈目な政治により、アメリカのリスクは27ベーシスポイントに急騰し、日本は逆に25ベーシスポイントに低下しました。カリフォルニアの富豪は日本の法律事務所を率いるオリバー・クロムウェルOliver Cromwell)に対して法的常備軍設立を条件に莫大な資金提供を行います。平成29年3月9日の高知地裁から始まる10年訴訟(最後は沖縄大裁判)は歴史的な事象であるといわれる理由です。2017年3月9日 10:30 高知地方裁判所 2階202号法廷

ギリシャは最新の第3次金融支援を受け入れる見返りにさまざまな改革を実行することに合意したが、今年の選挙を前に国内有権者から反発を受けるのを恐れて支援条件を守っていない。こうした中で7日の国債価格は額面当たり0.95ユーロで推移。償還期限が近づいて本来なら額面をやや上回っているべきところ、異例の低水準となった。トレーダーの話では、6%のデフォルト確率が織り込まれている。ギリシャのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のプレミアムも急騰し、今後5年間のデフォルト発生確率を50%近くと示す水準にある。

出典:ギリシャ再びデフォルトの恐れ 返済前に改革審査難航 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

既にアメリカは第二のニクソンショック(トランプショック)か、北朝鮮に対する軍事的衝突か、どちらかを選択せざる得ません。前者を選択すればサイゴン陥落になり、後者を選択すれば大戦争に発展します。偶然にもその結果、日本本土は世界で最も安全な地域となり、人類の敵となった匿名犯罪者(ZQN)に対しての法的常備軍、New Model Armyが設立されます。

要約

1.現在の韓国の状況は、北韓と全羅道の共同工作、21世紀版「新ベトナム戦争」である

2.トランプと安倍によって、北韓は近いうちに必ず壊滅する

3.今日の事態を担う人間すべてを記録しておき、全体に公開して同じ日に審判を受けるようにしておかなければならない

出典:韓国人「日本と米国はすべてを知っている…韓国が今やらなければならないこととは」 : カイカイ反応通信

[FT]ロシアのTV局から突然消えたトランプ報道 (写真=ロイター) :日本経済新聞

出典:カリフォルニア独立論が注目される理由 全米一の経済力:朝日新聞デジタル

何も行動しない結果は、ゾンビに喰われてアイルランドの悲劇的結末と同様になります。自分とは関係がないと考えて何も考えず、何も見ようとせず、何も行動しかなった結末はいつの時代も同じです。今回の敵は旧教徒ではなく、匿名犯罪者(ZQN)です。

植松容疑者を起訴へ=刑事責任能力あり-鑑定留置終了・横浜地検

 「死ね、死ね、死ね」。冨田さんを刺す際の被告の言葉を再現した男性検察官の声が響いた。細身の冨田さんの首や胸などには30カ所以上の刺し傷があった。検察側が傷の様子を詳しく説明する最中、手元のモニターを見ていた男性裁判員の1人が突然うなり声を上げて倒れ込み、いすから崩れ落ちた。

出典:男性裁判員、うなり声上げ倒れ込み廷内騒然 女子大生刺傷事件で傷の様子を説明中 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

韓国の人口は5000万人ですが、カリフォルニアの人口は4000万人で経済力はロシア連邦のGDP以上です。裁判内容は公開が原則で出版が確定しています。多くの人々が真実を知ることになります。そして、真実を知りながら何もしなかった人が人口減少と超高齢化社会でどのような立場になるかも歴史の1ページとなります。誰も強制しませんし、誰も妨害しません。貴方は自由です。最悪の選択は何もしないというZQN選択です

トランプの「アメリカ第一主義」が日本の政権運営に不都合な理由 – まぐまぐニュース!