ゆがんだ社会の申し子

wst1511180004-p1「通話記録を洗い出すだけでも大変だ」。捜査員があきれかえるのも無理はない。その女の携帯電話の発信記録は、8カ月で実に3万件にも上っていた。実際に購入していない洋菓子店などに偽りのクレームを入れ、商品代金や代替品をだまし取ったとして詐欺容疑で兵庫県警に逮捕された住居不定、無職の小野谷知子被告(45)=同罪で起訴。(略)ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などで、誰でも簡単に情報発信できるようになり、「たった一度の対応ミスでも、ネットに拡散され、リスクが倍増する恐れがある。『臭いものにはふたをしてしまえ』という考えの企業や店も多い」。

「今回の事件は、社会のゆがみが作り上げたのではないだろうか」と援川氏は指摘している。と援川氏は指摘している。

出典:【衝撃事件の核心】「ケーキに髪の毛」ネットで有名なクレーマー女、電話1万2千回の執念…ゆがんだ社会の申し子か – 産経WEST

僕が日本に来てから無料相談を始めて数多くの相談を受けてきました。アメリカと違い日本では匿名犯罪者はネットでは威勢がいいですが実際に逮捕されると簡単に泣き、共犯者を売ると言う特徴があります。特に騙されていた場合は貴重な捜査協力者になります。

高部あい逮捕で戦々恐々 芸能界次の逮捕は誰? カリスマ女性アーティスト、有名女性歌手など… – 産経ニュース

「兜町の風雲児」長男の阪大院助教、超エリートの素顔は…相場操縦容疑で逮捕 – 産経WEST

家族や会社で闇の素顔が表面化するのを恐れ、多くの匿名犯罪者は高額の示談金を支払います。結局、僕が関わっている案件では和解した案件が多数で実際に裁判に進む例は少数でした。しかし、少数の例を来年ぐらいから具体的な実名でアップしていきたいと考えています。傍聴席に座って取材するボランティアも募集しています。要綱を熟読し、必要事項を記載してコメント欄に書き込んでください。ゾンビやモンスターとなるか、ゾンビバスター、モンスターハンターになるか、選択して下さい。TPPで訴訟社会となる日本社会で何十年も逃げ切ることは不可能です。

米露の麻薬マフィア壊滅作戦

51DTaGRQCuL5173B849-925C-41B1-82B2-8E3B26714B5A

出典:サウジ(麻薬は極刑)の王子が麻薬2トン所持で逮捕-Salonニュース

アメリカでは有名ですが、麻薬消費国である日本にも大きな影響をあたえる中近東での麻薬マフィアとの戦いが米露により始まっています不思議と日本にいる日本人は知りません。その恐るべき実態を…ドーパミンのReceptorレセプター塩基回帰が4回以上のメンバーが多く占めるために、別名、セプター 4と呼ばれる人々がSector 4に投入されています。結果として、下記のニュース記事が発生しました。

ISの最重要スポンサーは麻薬マフィア-Sputniknew

ロシア機墜落:米衛星、空中で強い熱探知 – 毎日新聞

224人全員が死亡の9268便の墜落原因に様々な憶測 | ロシアNOW

南スーダンでロシア製輸送機が墜落、少なくとも41人死亡 | Reuters

山口組分裂にみる「日本の暴力団の地盤沈下」 (AFP)

高部あい容疑者を再逮捕=コカイン使用容疑―警視庁 (時事通信)

【高部あい麻薬逮捕】根が深いドラッグルート

いまの僕は確信しています。日本においても匿名工作員が大勢逮捕されるでしょう。多くの自供が始まりました。悪の結束は非常にもろすぎて彼らの言葉によれば”ヤベー”は、です。日本国民は、匿名工作員を社会悪であると認識していたのに、面倒くさいで、放置したのです。結果、貧しい未来のない子供を作ったのです。今、できることは可能な限り匿名工作員の情報を警察に提供することでしょう。また、匿名工作員に被害を受けた人々が動き出す時、日本の夜明けとなるでしょう。僕がいる3年の間に実現するように祈ります!

九州の子ども、2割が「貧困」 約42万人、深刻さ浮き彫り (西日本新聞) – Yahoo!ニュース

(原題)Power of the Dog「ザ・カルテル(映画)」

ridleyscott_dicaprio_large「ザ・カルテル(原題)」は、「犬の力」とその続編小説「ザ・カルテル」をもとに映画化する。原作は、米DEA(麻薬取締局)エージェントのアート・ケ ラーを主人公に、ラテンアメリカの麻薬カルテルとの30年間にわたる麻薬戦争を描いた大長編。ディカプリオはケラー役で交渉中だと見られる。ケラーと対決 するカルテルのリーダー、アダン・バレーラも非常に魅力的な役どころで、今後のキャスティングに注目が集まる。

出典:リドリー・スコット監督、ディカプリオ主演でウィンズロウ「犬の力」映画化

リドリー・スコット監督は日本では(映画)ブラックレインで有名です。新作映画は『Power of the Dog(犬の力)』です。現在、アメリカでは共和党派の諜報機関と民主党派の諜報機関が国策の変更を巡り熾烈な戦いをしています。8年間の黒人大統領時代に2割だった勢力が現在は4割強、次の夫婦でIQ300を超える女性大統領の誕生により完全に逆転します。アメリカでは女性の社会進出は著しく、人口3億人を超え、移民や有色人種のパワーが巨大化しました。

『ブラック・レイン』(Black Rain)は、1989年公開のアメリカ合衆国の映画である。大阪の街を舞台に日米の刑事たちが協力してヤクザと戦う物語を描いた。豪華な日本人キャストでも話題になった。劇場映画作品としては松田優作の遺作である。

出典:ブラック・レイン – Wikipedia

次の大統領選挙で日本の未来も確定するでしょう。戦後、長く麻薬ルートを掌握してきた神戸港の国際マフィア(日本最大の広域暴力団)が分裂し、日本第二の都市である大阪の政治も大混乱となっています。いずれも来年のアメリカ大統領選挙と密接に関係しています。

1929年の世界恐慌から6年でブロック経済圏が成立しました。2008年のリーマンショックから6年でTPP合意です。ロシアのシリア内戦への介入は、ヒトラーのスペイン内戦(1936年7月 – 1939年3月)の介入と同じ結果となります。既に生産国アフガニスタンのケシ畑は半壊状態です。次は世界最大の薬物依存大国となった消費国日本です。

遂に海軍も参戦。ロシア在住25年の識者が予見する「プーチンの野望」 – まぐまぐニュース!

彼らは頭の悪い匿名で活動する日本人を必要でした。故に、貧乏人が簡単に金持ちになる方法や頭が悪い人間が賢くなる方法、宇宙人やフリーエネルギーで未成年や知的障害者を集めました。高価なマシンや熟練がなければ高い地位や所得は得られません。この社会常識を知らないのが未成年や発達障害者。。薬物を投与すれば、夢の中ですが幸福な幻想を体験できます。こうして、薬物依存が拡散しました。上記に興味がある人は、数年後に世界公開される映画を観ましょうね。次回作では、DEA(麻薬取締局)エージェントと警視庁イケメン刑事がタッグを組んで、国際マフィアと闘う金閣寺の戦いや平等院鳳凰堂包囲網が実現するかも…です!

afr1510270020-p1「国民的美少女」女優の高部あい、コカイン所持容疑で逮捕 「友人にもらった…」 警視庁 – 産経ニュース

高校生4人と自称ラッパー大麻を密売 ラインで隠語 – 社会 : 日刊スポーツ

18歳の女子高生が覚醒剤 中学時代の友人同士で使用 京都府警、計7人を逮捕 – 産経WEST

そして、映画化

s02

FIG. 1. Time spent using social networking sites by grades, Ottawa, Canada, 2013.

この調査では、毎日2時間以上SNSを利用している生徒に「精神的に不健康な状態の者」が多くみられたことも明らかにしています。この「精神的に不健康な状態の者」というのは、不安神経症やうつ病の兆候をもつ心理的苦痛を経験していたり、自殺念慮や精神的に満たされていない、と感じている生徒たちを指すそうです

出典:毎日2時間以上SNSを利用している若者は心理的苦痛や自殺念慮を抱えている割合が高いことが明らかに – GIGAZINE

世界では麻薬撲滅を推進する人々と麻薬によって利益を上げる人々が戦っています。そして、アフガニスタンなど紛争国は生産地であり、日本は消費地となります。日本においては、ケシ団体がどのように販路を拡大していたかという実話を元にした外国映画の話が進んでいます。日本でも摘発が強化されました。

ケシ栽培が6年ぶり減少、世界最大の生産国アフガン 国連報告、生産可能量は半減 – 産経ニュース

高校生らLINEで大麻「くさすいたいわー」「ネタ引ける?」…自称ラッパーも逮捕 京都 – 産経WEST

高校生の大麻汚染 拡大の原因はLINEと“学割” 東スポweb

日本での登場部分は気弱で孤独な少年がネット経由でケシ団体に取り込まれまそうになる。しかし、偶然知り合った警視庁イケメン刑事によって救出されるという内容です。映画の中心は外国ですが日本における薬物蔓延部分は必見となるでしょう。

「C-C-B」元メンバーを逮捕 覚せい剤所持容疑 – 産経ニュース

女子高生あっせんや覚醒剤使用 容疑の教員、相次ぎ逮捕:日本経済新聞

虚偽ツイッターで開示命令

虚偽ツイッターで開示命令 安保デモめぐり写真転用 – 47NEWS(よんななニュース)

私がいたUSAと比較して、日本では格差と貧困が蔓延しています。アメリカ合衆国の人口は3億人を超えて今世紀中には4億人に達します。日本における衰退最大の理由は、『フランスの文学者ラ・ロシュコーは、自己愛について「この世で最もずるい奴より、もっとずるい」』を放置してる事です。

「将来かなり厳しいね」。欧州の地政学者が日本を見限った理由 – まぐまぐニュース!

■自己愛のなれの果て
他人を攻撃してまで自分の優位性や正当性を主張しようとする人たちは、強い自己愛を持っているといいます。何か自分にとって都合の悪いことが起きると、事実を否定したり、すべて他人のせいにして、自分の感情や問題から目をそむけて無視したまま、居心地の良い世界に浸っていたいのです。
そのため、自分の中の「悪」を全て外部の他人に「投影」して、自分自身は「無垢」であるかのように振舞うのです。フランスの文学者ラ・ロシュコーは、自己愛について「この世で最もずるい奴より、もっとずるい」と述べています。

出典:こんな人には要注意!「害になる人」から身を守るには – 新刊JPニュース

上記の虚偽ツイッターで開示命令は、状況開始から3ヶ月の時間が必要でした。それまでに犯人は自首する猶予がありました。しかし、卑怯でズルい日本人のゲスはそれができません。彼らは結局、破滅し壁での生活になるまで行いを正せないのです。

良心をもたない人たち (草思社文庫)