半島のマスコミ

今の時点で、文・前代表は大統領に最も近い人物だ。しかし大統領というポストの重みから考えると、危なっかしく思う部分は一つや二つではない。公務員の雇用を80万人分つくるという公約がそれだ。この構想には「元祖」が存在する。デフォルト状態に陥ったギリシャだ。ギリシャの悲劇は、およそ30年前にポピュリズム政権が成立したことで始まった。「官製雇用」政策が始まったのもこの時期だ。ギリシャは数十年にわたり、国が借金までして公務員の給与の支払いに苦しんだ。その結果、コメディーのようなことが起こった。人口1100万人のギリシャで、国営放送局の職員の数はCNNテレビより多かった。鉄道当局の赤字があまりに多額で、いっそ乗客をタクシーに乗せて運んだ方が安くつくというほどだった。そもそも持続不可能な政策だった。全く同じ狂気の沙汰を、韓国でもやろうと言う。それも、次期大統領の可能性が最も高い候補が公約をして掲げたのだから、絶句する。公務員を80万人雇おうとすると、どんなに少なくとも年に30兆ウォン(約2兆9000億円)以上はかかる。カネを都合する奇跡のような方法でもあるというのか。
今、韓国は国が理性を失いつつあると感じる。大統領になるという指導者らは、権力欲に目がくらんでいる。政治家は扇動し、大衆は集団狂気を噴出させている。理性が行方をくらまし、憤怒と感情、アブノーマルがのさばる国になった。全てが滅びようとしているかのようだ。

出典:【コラム】韓国はみんな狂っている、まともではない-Chosun online 朝鮮日報

日本のマスコミは、自画自賛で満ちています。これはこれで、鬱病患者のようです。不安が講じて、真実から逃避しています。日本の悲劇はマスコミの質が欧米どころか韓国や中国より劣ることです。これは革命の体験が歴史上、一度もないことから来ています。逆に言えば、マスコミの質が劣るが故に、革命が起きないとも言えます。社会は変化しますが、その変化の仕方はソメイヨシノと同じく、接木となるでしょう。今回も…

ウソがまかり通る時代がやってきた|何かを決めるとき、事実かどうかはさして重要な問題ではなくなった──。国家レベルの意思決定で予想外の事態が頻発した2016年|GQ JAPAN

「日本礼賛」が信仰になるとき

「保育園落ちた日本死ね」が2016年の流行語大賞にノミネートされて賛否が沸騰したが、密かに流行語となっているのが「日本スゴイ」である。これは日本の素晴らしさを褒める言葉ではなく、日本を自我自賛する風潮を指している。「保育園落ちた日本死ね」は日本を貶める言葉でそんなものが流行語大賞の候補になるとは言語道断だ、と腹を立てるのも、「日本スゴイ」現象の一環といえよう。
(略)
私の目には、アメリカ人から「お前たちはサムライだ」と言われて、にわかに「そっか、自分たちはサムライだ! だから強いんだ!」と言い出したように映る。大半の日本の住民は、武士ではなく百姓の子孫であるはずなのに。

出典:「日本スゴイ」ブームの極み、大相撲人気に覚える“ある違和感”(星野 智幸) | 現代ビジネス | 講談社

アメリカも、ロシアも、韓国も、北朝鮮も、フィリピンも、そして、日本も『原型(アーキタイプ)』戻り始めました。両親を見れば、子供がわかります。100%ではないにしても、知能は遺伝します。

英才教育は裏切られる可能性が高い!?震え上がる遺伝のホントの話 – 西日本新聞

教育に意味がないなら、教育は継承されないはずです。「死ぬ気で努力する」という言葉がありますが、思春期までに死ぬ気で恋愛したり、スポーツしたり、冒険したり、勉強したり、喧嘩したり、そういう経験がない限り、この言葉は通じません。それを教えるのが『教育』です。いずれも法廷を傍聴することで、真実を知りスタートラインに立つことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です