人間は高慢な思いを抱くべからず。高慢は花を付け、破滅の穂を実らせる。実りの秋はとめどない涙を刈り取る。

世界の人々は選択を終えました。選択することで、選択されます。ローマ時代の神学者、聖アウグスティヌスは「真実とはライオンのようなもので、わざわざ守ってやる必要はないそのままにしておけばよい。ライオンは自分で身を守るのだから」と語った。真実を選択した人は勝ちました。

韓国デマサイト「大韓民国民間報道」が閉鎖に 管理人による書籍もAmazon.co.jpから消滅 (ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

まさかの「東芝倒産」が現実に? 日本の原発政策の愚かさを嘆く – 政治・経済 – ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

「世界は戦争に備えている」ゴルバチョフ元大統領が名指しする、2人の重要人物 (BuzzFeed Japan) – Yahoo!ニュース

<「終末時計に1人の人間がこれほど大きく影響したことはかつてない」と科学者に言わしめたトランプ、その脅威とは>

人類滅亡までの時間を象徴する「終末時計」の針が、滅亡の日とする深夜0時に近づいた。アメリカが水爆実験を行った翌年の1953年以来、最も滅亡に近い2分30秒前だ。米科学誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ(ブレティン誌)」が26日に発表した。時計の針を2015年から30秒進めた出来事として、核戦力の増強や近代化、気候変動、サイバー攻撃の脅威などを挙げた。さらに、ドナルド・トランプの米大統領就任も重かった。

当委員会の決断に、1人の人間がこれほど大きく影響したことはかつてない」と、デービッド・ティトレー博士(気候科学)とローレンス・クラウス博士(理論物理学)は、米紙ニューヨーク・タイムズにそう寄稿した。

出典:地球規模の破壊力示したトランプ──1人の人間が終末時計を進めたのは初めて |  ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

早期にケリをつけた人は被害が少なく、長期間の戦いになる程、真実の重みが消耗戦として発揮されます。時代が極まれば、人々は追い詰められ、分かり易い行動を取ります。端的に言えば、勝者が総取りになるのです。ヒトラーとスターリンはポーランドを分割した後、血みどろの戦争(第二次世界大戦、東部戦線)で数千万人が死にました。壁を作るのも自由ですし、壁を超えるのも自由です。壁を作って家に引き籠っていれば、最後はどうなるでしょう?それは家族同士での殺し合いです。
なぜ、戦争が起きるかといえば、知能レベルの不均衡で発生します。勝者は勝利を確認する為に、敗者は敗北を納得する為だけに戦います。壁を作って、引き籠った最後は国家も、個人も、同じです。人は真実から逃げた時、敗北が確定します。これは論理学で証明可能です。

「金属バットで殴った」57歳父親を殴殺、通報の22歳無職息子を現行犯逮捕 浜松市 – 産経ニュース

【編集局から】大手出版社エリート社員が妻殺し 親を失った4人の小さな子供 – 政治・社会 – ZAKZAK

口論で無職の息子が父親刺して死なす 埼玉県 – 社会 : 日刊スポーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です