「サイバー攻撃深刻化」公安調査庁

公安調査庁は21日、国内外の治安情勢をまとめた2017年版の「内外情勢の回顧と展望」を公表した。「サイバー攻撃の脅威が多様かつ深刻化している」と分析。20年東京五輪に向けて警戒を一層強める必要があると強調した。
出典:「サイバー攻撃深刻化」公安調査庁が回顧と展望:日本経済新聞

サイバー攻撃「深刻化」…中国や北朝鮮、ロシアなど関与も指摘 東京五輪へ警戒が必要 – 政治・社会 – ZAKZAK

韓国軍にサイバー攻撃、軍情報が流出 北朝鮮の犯行か:朝日新聞デジタル

米太平洋軍司令部のまひも可能…北朝鮮のサイバー攻撃能力 | DailyNK Japan(デイリーNKジャパン)

企業活動を脅かすサイバー攻撃が深刻化する – トレンドマイクロが2017年の脅威動向予測レポートを公開 | マイナビニュース

韓国の連合ニュースによると、先週7日、国軍サイバー司令部のピョン・ジェソン司令官(陸軍少将)は、国会の情報委員会が開いた緊急懇談会(非公開)に出席し「北朝鮮のしわざと見られるハッキングにより、軍のインターネット用PC2500余台と、イントラネット用PC700余台、計3200台が悪性コードに感染した。それらのPCの中には機密事案も一部保管してあった」と明かした。悪性コードとは、PCを自在に操作できるプログラムのこと。これにより、データをすべて抜き取ることができる。一部では、国防長官個人のPCまでハッキングされたという。

出典:金正恩氏に完全にカモられていた「韓国軍サイバー部隊」の無様な実態

2017年の2年後に、ロシアゲートでウオーターゲート事件で辞任したニクソン大統領と同じことが発生するでしょう。そうなれば、1975年のサイゴン陥落が2020年に発生します。

トランプがうちに秘めるニクソンの影 なお続く国家的な悪夢、メディア戦略としては成功か? | JBpress(日本ビジネスプレス)

暗号解読、機密の入手、産業技術入手、世論操作、資金獲得、webサイトの書き換え、通信破壊、ウイルスの制作と拡散、他国の会社員を買収してのユーザーIDパスワードの大量入手、サイバー攻撃による企業活動の妨害などの行動が確認されている。当組織に関係していた脱北者が複数存在しており、彼らの証言から一部明らかになっているものの、組織改編や名称変更を繰り返しており、実態把握を困難にしている。規模人員についても諸説あり2014年現時点で5900人で近年3000人態勢から増員されたとの報道がある[1]その一方で中国系メディアでは3万人規模にて美林大学・牡丹峰大学・金日成軍事総合大学などで毎年1000人ほどハッカー育成して増員している[2]ともあり、報道で数字にばらつきがある。

出典:北朝鮮サイバー軍 – Wikipedia

欧州連合チームが得意とするトロール狩の戦術として『マンシュタインのバックハンドブロウ(後手からの一撃)』があります。第二次世界大戦の東部戦線において、1943年のドイツ軍70,000がソ連軍346,000を包囲殲滅しソ連軍の損害は10万弱に上るという戦いが元になっています。詳細はニート親の救世主(秋月奨学金協会より出版予定)を参考としてください。措置入院見直し 相模原市などが国に支援要望 | NHKニュース

出典:ニートの6つ子が働き出した!?「はなまるうどん」で“はな松さん”フェア開催! | ニュースウォーカー

欧米諸国がロシアのプーチン政権による「情報テロ」への警戒を強めている。対外発信を強化するロシア国営メディアのプロパガンダ(宣伝活動)に加え、ネット上の情報工作により各国の市民への影響力の拡大を図っているとみられている。ロシアは関与を否認するが、ネット世論を操作する「トロール部隊」の拠点が少なくともサンクトペテルブルクに1つある。
出典:元工作員が語る ロシア、デマ拡散サイバー部隊:日本経済新聞

知能が低いソシオパスを操る傀儡廻には知能が高いサイコパスが選抜されています。サイコパスは先天性の反社会性パーソナリティ障害」であり、ソシオパスは後天性の反社会性パーソナリティ障害」です。どちらも組織を内部から崩壊させます。サイコパスは人口の1%、ソシオパスは人口の4%程度、自然的に発生します。精神的なストッパーがない状態で誕生するサイコパスは、常に危険な状態を幼少期から体験します。必然的に生存し続けた個体は危機回避能力や知能レベルが高いものに限られます。後天的に精神的ストッパーがなくなったソシオパスはサイコパスに比較して知能レベルが格段に落ちる理由です。典型的なサイコパスはキラークイーン(吉良吉影)です。キラークイーンの爆弾化したソシオパス人間(ZQN、匿名犯罪者)を欧米ではトロールと言います。ネット上で無視され、居場所がなくなったトロールや精神病者を共産圏の傀儡廻が利用します。

ネット上で悪意をまき散らす、荒らし(トロール)の深層心理を科学的に検証 : カラパイア

トロールだけでは、例え傀儡廻がいても村や町に火をつけて荒らす程度の被害です。しかし、ワイズマン(ウィザード級ハッカー)が参加することで、サイバー攻撃となります。このレベルに達すれば、大規模な停電や空港の麻痺も可能となります。共産圏による戦術革命として、サイバー戦争で敵国内部に一定数存在する反社会性パーソナリティ障害者キラークイーンのように人間爆弾として利用することです。
欧米諸国で完成した犯罪係数などのSS(エスツー)システムは日本においても十分に実用可能であることが証明されました。既に哀れな韓国は手遅れでしょう。しかし、日本は時間的に幸いにも間に合いました。

北に侵食された韓国の闇 日本大使館前の慰安婦像で目にした異様な光景 – 産経ニュース

サウジアラビアに大規模なサイバー攻撃、空港当局のPC数千台を破壊 – Bloomberg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です