電光雷轟のクリスマス

クリスマス休暇でUSA帰国です。。書き込みへの返事は、来年になりますです。無料だからか、多くの相談があるので数ヶ月待ちも許してくださいね。春には具体的な傍聴内容を記載しましょう!

クリスマスにアジアでテロの可能性があり!日本では麻薬タクシーが麻薬捜査から撹乱をするために暗躍が噂されてますよ。北海道、千葉、東京、長野、そして、京都に拠点があるようでニュースのリンクを幾つかアップです。

欧州や北アフリカで相次ぐ「イスラム国」のテロ。テロ問題研究の権威で「政治的暴力・テロリズム研究国際センター」(ICPVTR、シンガポール)のロハ ン・グナラトナ所長が産経新聞の取材に応じ、アジアの戦闘員が中東から母国に帰還して活動を活発化する恐れがあるとし、アジアでのテロ発生に懸念を示し た。宣伝効果が高いクリスマスの期間を狙ったテロ計画の危険性も指摘した。(シンガポール 吉村英輝)

出典:アジアで「イスラム国」テロ懸念 シンガポール専門家が指摘「クリスマス標的」 – Yahoo!ニュース

タクシー内で覚せい剤密売 容疑の4人逮捕、警視庁:日本経済新聞

京急川崎駅近くで「大きな音と煙」と通報 約1200軒が停電 – ライブドアニュース

車内で薬物売買…東京・江戸川区で『シャブタクシー』逮捕「都内にはまだまだいる」

小6大麻の京都で…コカイン男自分で119番 救急隊員に「危険な遊びをしたんや」  – 産経WEST

 12月2日、米司法省は、米中両国がサイバー空間における犯罪やその他の悪意ある活動をめぐり、支援を要請するためのガイドライン(指針)で合意したと発表した。写真はワルシャワで2013年2年撮影(2015年 ロイター/Kacper Pempe)
2015年12月2日、米司法省は、米中両国がサイバー空間における犯罪やその他の悪意ある活動をめぐり、支援を要請するためのガイドライン(指針)で合意したと発表した。写真はワルシャワで2013年2年撮影(2015年 ロイター/Kacper Pempe)

USA、ロシア、中国、フランスの情報により、日本国内でも匿名犯罪者への調査が来年から本格化する。匿名Aと匿名Bに区別はつかない。調査は両者並行して進められるために時間が必要だが匿名フォロワーは全て調査対象となる。今年、後半に多くの逮捕が成功したのは犬と呼ばれる情報提供者たちの活躍である。一度、ブラックリストに載ったなら犬になるか、捕まるまで逃げ続けるか、それが薬物犯と関わった人間に対する世界の定理であり、現実である。

日本で秘密法、12月1日完全施行 | Reuters

陸自元陸将らを書類送検 内部文書渡した疑い NHKニュース

FBI捜査官と麻薬カルテルの戦い描く ドゥニ・ヴィルヌーヴ最新作『ボーダーライン』日本公開決定|Real Sound|リアルサウンド 映画部

新潟日報報道部長がツイッターで繰り広げた罵詈雑言…酒の上の不埒で許されるのか? – Yahoo!ニュース

匿名ネット接続、「犯罪の温床に」業者社長らを逮捕:朝日新聞デジタル

「薬物依存症」と正反対の言葉は「薬物に酔ってないこと」ではない。ベストセラー作家ジョアン・ハリ氏によれば、それは「人とつながっていること」だという。

出典:「薬物依存症」について、私たちは根本から勘違いしている

140701cyberattackrealtimemap出典:リアルタイムで見る世界サイバー攻撃大戦争 : ギズモード・ジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です