日本人必読の本The Plot to Hack America: How Putin’s Cyberspies and WikiLeaks Tried to Steal the 2016 Election

第一次東京裁判(被告:中原正、2016.8.19 小泉孝博裁判長 解決金を2016.12.21に至るも支払わず)では、トランプ政権の成立原因となった脱真実サイト(大麻と宇宙人とフリーエネルギーのサイトonpa.tv)で発生した脅迫および強要事件でした。次の第二次東京裁判では、「第5次中東戦争の悪夢」となる「真実」「事実」となるかどうかの分岐点です。

つくづく大胆な対米戦略を考えついたものだ。バラク・オバマ大統領は12月16日、任期最後となる記者会見でこう言い切った。

「ロシアがサイバー攻撃を実行したことに確信を持っている。プーチン大統領なしに(サイバー攻撃のような)重要なことは実行されない。何らかの形で報復する」一国の大統領が名指しで他国の大統領をこれだけ非難するのは異例なことだ。米議会も黙ってはいない。

ロシア諜報機関が導入する「ハイブリット戦術」

今回紹介するのは、「The Plot to Hack America: How Putin’s Cyberspies and WikiLeaks Tried to Steal the 2016 Election」(米国ハッキングの陰謀:プーチンのサイバースパイたちとウィキリークスはいかにして2016年大統領選挙を掠め取ったか)

本書は、米政府レベルでハッキング疑惑が問題になり始めた段階で発売された。その後、疑惑が雪だるま式に大きくなるのをあたかも想定し尽くしていたかのようなタイムリーな本だ。

著者マルカム・ナンス氏はこれまで海軍情報機関諜報部員として世界中を飛び回てきた。アフリカ系米国人の諜報部員として、中東、アフリカなどが赴任地だった。その赴任先で常に気になったのがロシア情報機関の存在だったという。

出典:トランプを勝たせたロシアのスパイ、その見事な手口 – BIGLOBEニュース

日本の匿名犯罪者は海外諜報機関のbotとなっている場合が多々あります。ただ、その能力は世界最低ランクであり、原因は教育にあります。2016.12.7の裁判では同じ知能レベルと考えられる原告と被告の戦いでした。被告は警察に逮捕され、裁判でも完敗となります。その最大の敗因は長い付き合いがあった中年仲間の裏切りにあったことです。ヒラリーの知能指数はプーチンより上ですが年齢も5歳上です。FBIの裏切りがなければ敗北はなかったでしょう。

ジャーナリストの内田誠さんは、プーチン氏来日から一夜明けた16日の新聞各紙の報道内容を分析。そこから見えたのは、安倍政権には4島どころか2島の返還さえ実現できる力などないという現実でした。

出典:4島返還など不可能。プーチン来日の各紙報道でわかった「絶望」 – まぐまぐニュース!

日本の子供は賢いがコンピューターが使えない MSNニュース

コンピューターは道具ですから、使わないとスキルは上昇しません。匿名犯罪者から押収されたBOTネット(逮捕前に外部クラウドにデータ転送)を解析することで、国内最大の大麻ネットワークは壊滅状態となりました。全部は椎名と一緒に沖縄大裁判に参加するか、下記の第二次東京裁判を傍聴すれば一部はわかります。

5億円相当110キロの大麻押収、栽培・所持容疑でベトナム人ら男女7人逮捕 鹿児島 – 産経WEST

鎖は最も(頭が)弱い環から切れるといいますが、書籍化されハリウッド映画となれば多くの日本人が映画館や自宅で真実の世界を知ることができるでしょう。大軍を持って、敵の最弱を15年にわたり叩き続け、その潜在犯クラスターを殲滅します。2013年に東京で変死たNTTデータ公共政策の佐藤浩二さんは「麻薬タクシーに気をつけろ」というメッセージを残していました。その全貌が繋がりつつあります。真実はひとつですが事実とするには観客が必要です。

【衝撃】飯島愛の付き人=ASKAの元運転手=清原の現運転手だということが判明 ネット「ルートわかっちゃったかも」「点と点が線に繋がる」はちま起稿

日本を「1人あたり」で最低にした犯人は誰か 「世界最高の労働者」を活かせないという罪

日本人がロシアに勝手に抱く「6つの誤解」 (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース

 ザ・ハッカー – Wikipedia

第二次 トウキョウ 決戦

平成29年1月10日(火) 午前11時00分

東京簡易裁判所 民事第403号法廷(4階)

敵国の「人工芝」を刈り取る手法を知りたい人は傍聴すること!

ロシアは関与を否認するが、ネット世論を操作する「トロール部隊」の拠点が少なくともサンクトペテルブルクに1つある。

画像の拡大

■「トップは大統領だ」

午前9時前、サンクトペテルブルクの住宅街。まだ薄暗いなか、予備校生のようないでたちの若者らが続々と4階建てのビルに入って行く。看板には「ビジネスセンター」とだけ書かれ、窓のカーテンはすべて閉めきられている。

ビルに向かう若者に話しかけても誰も一切応えない。1階の受付に立つ警備員2人に業種を尋ねてみた。答えは「革製品の会社だ」。「そうは見えない」と返すと「PR会社」に変わった。「社長にインタビューがしたい」としつこく求めると、怒声が響いた。「トップは大統領だ」

元従業員3人が証言する。ここは1日24時間365日、ネット上で情報工作をする「会社」だ。300~400人の従業員が業務ごとに部署に分かれ、メディアにコメント投稿、フェイスブックなど交流サイト(SNS)には偽情報を拡散し、架空の人物になりすましてブログも展開する。政治風刺画を手掛けるデザイン部や映像制作部もあるという。

マラトさん(41)は求人広告を見て面接を受け、月給4万ルーブル(約7万6000円)で2014年末から数カ月同社で働いた。配属されたのはロシアのメディアのサイトにコメントを書き込む部署。毎朝、カバーすべきトピックが与えられ、「我々の視点」を書くよう指示される。30~40のIDを使い分け、1日200のコメントを投稿することをノルマとして求められた。

サンクトペテルブルクの住宅街に建つ「トロール部隊」の拠点
画像の拡大

サンクトペテルブルクの住宅街に建つ「トロール部隊」の拠点

大半はロシアのウクライナへの侵攻を巡って対立したオバマ米大統領やメルケル独首相の批判、ウクライナの親欧米政権をおとしめる内容だったという。部署には3人の監督官がいて、書き込みを全てチェックする。「米国は悪の帝国だ」。こんな内容に違和感を持ちながら毎日午前9時から午後9時までネットへの書き込みを続けた。

月に1回は政治知識についてテストが実施された。「欧州連合(EU)とは何か」「ロシアの友好国はどこか」――。「若者の多くは質問にほとんど答えられなかった。彼らは自分が何を書いているのかよく分からぬまま、指示された内容をそのままネットに垂れ流していた」と話す

■美人装い「トロール」

リューダさん(35)はブログ部にいた。当初はウクライナの親欧米政権に批判的なウクライナ人男性の役割を与えられ、後に女性占師を装うことを指示された。占いの話題にこんな内容をはさむ。「昨晩、ウクライナが破滅する夢を見た」。月給は4万ルーブル程度で、ブログのアクセス数が増えると、ボーナスが支給された。

ブログでは美女を装う手法が多用されているという。ネットなどから盗用した美女の写真を掲載して関心を引き、たわいのない話に政治的なコメントを混ぜる。「怖い映画がある。みんな死んでしまうの。アメリカも滅んだ。あの国はどのみち滅ぶ運命だけどね」。この手法は「ビキニ・トロール」と呼ばれる。

偽ニュースサイトの立ち上げも頻繁に行われている。ビターリさん(25)はウクライナのメディアを装ったサイトやロシア国内ニュースの偽サイトを担当した。既存メディアのニュースを書き換えてサイトに載せる。こうした偽情報をフェイスブックなどに発信するのも業務の一部だった。

ビターリさんは「3カ月半働き、罪悪感にさいなまされた末にやめた」。辞職を申し出た時の上司の言葉が忘れられない。「こちらはクレムリン(ロシア大統領府)の金で働き、向こう側はアメリカの金で働いているだけの話だ」

会社の運営者の実態は不明だ。地元メディアでは、クレムリンに近い企業家の名が取り沙汰される。3人の証言によると、給料日には経理部の部屋の前に従業員が列をなし、札束が詰まった紙袋から取り出される現金を支給される。税金も年金など社会保障費も徴収されない。

3人の仕事はロシア語での情報工作だったが、英語やウクライナ語など外国語で発信する部隊があったとそれぞれ指摘する。

ここで対外工作も行われていることは確かだ。ネット上で同社のこんな求人広告を見つけた。給与:4万~5万ルーブル、職種:ネット上の情報発信、職務要件:英語能力、創造力。世論操作を新聞で告発し、いまも一部従業員と接触を続けるリューダさんは「フィリピンや米国でもトロールを雇っているとの情報がある」と話す。

■各国の社会に「人工芝」を植える

北大西洋条約機構(NATO)戦略コミュニケーション・センターのヤニス・サルツ所長は「ロシアは国内統制のため実践してきた情報操作の手法を対外的に応用している」と指摘する。ドイツでは1月、ロシア系の少女が難民に暴行されたとするロシア国営テレビの虚偽ニュースがSNSで増幅され、ロシア系住民の抗議デモが広がった。ウクライナ問題を巡る対ロ制裁を主導するメルケル首相を揺さぶる狙いだったと見られている。「ロシアはSNSの影響力が増す情報環境の変化を捉え、政治的に活用している」とサルツ所長は話す。

出典:元工作員が語る ロシア、デマ拡散サイバー部隊  :日本経済新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です