日本人が元来持つ特性

 市民団体『対レイシスト行動集団(しばき隊)』の構成員、ハンドルネーム「壇宿六」氏(以下壇氏)が、公害病として有名な新潟水俣病弁護団長の高島章弁護士にツイッター上で「うるせーな、ハゲ!はよ、弁護士の仕事やめろ。プロのハゲとして生きろ。ネトウヨ弁護士。クソ馬鹿ハゲ野郎!」などと暴言を吐き、高島弁護士に抗議されて身元を明かされ、謝罪文を書かされていたことが明らかになった。
 高島弁護士が明らかにしたところでは、壇宿六氏は実は新潟県の県紙・新潟日報の上越支局長の要職にある人物で、「酒に酔っていた」などと釈明したという。高島弁護士は謝罪は受け取ったものの許さないとしている。
 著名な報道機関の管理職が一般人のふりをして市民団体で抗議活動を行った上、社会的に大きな事件の弁護団長を誹謗中傷するという事態に、ネット上は騒然となっている。

出典:「しばき隊」構成員(実は新潟日報上越支局長)が新潟水俣病弁護団長に暴言→身元を割られ謝罪文を書かされる | ガジェット通信

僕がやっているのは無料相談です。日本にいる間にお坊さんの説法を受けてました。ネット犯罪者はゾンビと同じ。SNSフォロワーとなった時、感染していきます。そして、焦熱地獄に落ちる。お坊さんは言いました。『十六小地獄 (焦熱地獄)』

  • 赤銅弥泥魚旋処 因果応報や修行の努力を否定し、運命は決まっているなどとし、仏の教えに従わない者
  • 饒骨髄虫処 破戒悪行を注意されてもいっさい耳をかさない者

刑事事件、民事事件の差はあっても、落ちる地獄は同じ。

382de_1235_81481ef9_33df62b3「ルサンチマン(常日頃から感じている悔しい思いやねたみの気持ち)」を抱えやすい日本人は、攻撃できるはけ口を見つけると、ボルテージが一気に増幅。日常は抑えている攻撃的な衝動があらわになる、というわけである。 バッシングをすることによって、物質的な利益を得られるわけではない。むしろ、相当の時間とエネルギーを消費してしまう。非合理的な行動なのだ。本書によると、そもそも人の行動の多くは、合理性よりも「快、不快」あるいは「好き、嫌い」の感情で左右されるものだという。攻撃的で不寛容な人たちは、自らの感情に忠実な人たちという側面も併せ持つ。閉ざされた狭い島国において、似たような顔をしたものどうしがお互いを監視しつつ、ほんのすこしの差異のために競い合い、憎みそねみ合っている。私たち日本人は、こういった状況を世界的にみて特別だと気づくこと、特殊だと認めることから始めるべきではないか、と投げかけている。

出典:過激化するネットリンチ 島国の「閉鎖的空間」が培った日本人の特性 - ライブドアニュース

悪の根源は薬物に依存する弱い人々です。その補給源をUSAオバマ、プーチン、フランスのオランド、三大統領が潰し始めました。闇の補給源が断たれた吸血鬼やゾンビは共食いだよ!

「ロシア、「イスラム国」などの拠点472か所を空爆」 News i – TBSの動画ニュースサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です