米3州の票再集計、トランプ氏側が中止要求

【AFP=時事】先月8日に行われた米大統領選で、共和党候補のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏勝利の鍵となったウィスコンシン(Wisconsin)、ミシガン(Michigan)、ペンシルベニア(Pennsylvania)の3州で行われる予定の票の再集計について、トランプ氏の弁護団や支持者らが2日、阻止に向けた措置に打って出た。

出典:米3州の票再集計、トランプ氏側が中止要求 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

ノーベル経済学賞の受賞者も述べています。これは韓非子という古書に書かれていることに似ています。魯丹は、三度も中山国の君に意見を述べたが、まったく聞き入られなかった。そこで側近に大金をばらまいて取り入った。そうしてお目通りがかなうと、今度はまだ何も話をしていないのに、君から食事の饗応を受けた。魯丹は退出すると、宿舎へも戻らず、そのまま中山国を去ることにした。その馭者(が不思議に思い、「これまで繰り返し会われて、ようやくこちらを優遇するようになったのに、どうして立ち去ってしまわれるのですか」と尋ねると、魯丹は答えた。「そもそも人の言葉によって私に善くしてくれたとすれば、きっとまた人の言葉で私を罪に落とすだろう」。

アドバイザーに経済学者はせいぜい1人

――ドナルド・トランプ次期大統領が掲げる政策をどうとらえていますか。

同氏の主張には根本的な問題がある。歳出を増やす一方で、全所得層への減税を実施し、米国政府の予算を均衡化すると言うが、三つを同時に行うことはできない。

守れない公約をするという意味で、彼はポピュリスト(大衆迎合主義者)のレッテルを張られてきた。公約の多くを破ることになるだろう。

──全所得層への大幅減税についてはどう思いますか。

富裕層が最も恩恵を受け、富める者がさらに富み、格差が拡大するだろう。

連邦最低賃金を(10ドル以上に)上げるとも主張しているが、これも実現不可能なことを公約している。引き上げてくれればいいとは思うが、共和党は反対の立場を取っている。トランプは、共和党が異を唱える多くのことを公約している。

そもそも共和党は、昔から行いが一貫しておらず、誠実でない。たとえば、民主党が政権を取ると財政責任を求めるが、自分たちが与党に回ると支出もいとわない。レーガン大統領は、歴代大統領の中で最大の連邦債務を作り、ブッシュ前大統領も莫大な債務を積み上げた。トランプ政権も、そうなるだろう。

私が知るかぎり、彼のアドバイザーはヘッジファンドやウォール街の関係者ばかりで、経済学者はせいぜい1人。彼の周辺には経済システムを理解する人がいないのだ。株式取引や投機売買なら知っているかもしれないがね。

出典:スティグリッツ氏警告「トランプは危険人物」 | 週刊東洋経済(政治・経済) | 東洋経済オンライン

大日本帝国は、中国にも勝てないのに、米国に戦争をして、多くの人命を失い、滅亡します。これは、匿名犯罪者に代表されるような虚偽記憶による認知バイアスにより発生しています。シンプルに言えば頭が悪いから、自分が愚かだということを認識できず、周囲を巻き込んで滅亡の歌を合唱しながら地獄に堕ちていくということです。

ポール・クルーグマン氏「トランプ政権で前例のない腐敗が起きる」

トランプを支える「バノン」の危険すぎる正体 | トランプ大統領誕生の衝撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

【エンタメよもやま話】米トランプ政権の要、バノン氏の正体…日本人も差別、事実を曲げ「シリコンバレーCEOはアジア人だらけ!留学生を帰せ!」 – 産経WEST

b598f2e7-s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です