フラウロスとしてのジョン・タイター

m_nishinippon-20161128114444424

出典:「浮島現象」を観測 冷え込み厳しく 長崎県五島市(西日本新聞) – goo ニュース

タイターの世界での出来事

  • 2000年問題によって起きた災害や混乱が、後の内戦の火種となる。
  • CERN2001年近辺にタイムトラベルの基礎理論を発見し、研究を開始する。
  • アメリカ国内でも狂牛病が発生する。
  • 2001年以降にそのうち中国人宇宙に進出する。
  • 2001年以降に新しいローマ教皇が誕生する。
  • ペルーで地震が発生(2001年にペルーでの地震をほのめかした4ヶ月後にペルー地震発生)
  • 世界オリンピック2004年度の大会が最後となり、2040年度にようやく復活する。
  • 2005年にアメリカが内戦状態になる。
  • 2008年、アメリカ合衆国の都市部で急激に警察国家化が進み、都市内部と都市外部で内部抗争が発生する。

中国に併合された3地域のその後については、様々な説が存在する。本項ではその一部を載せる。

その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国覇権主義を強化。台湾日本韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。
  • 2017年、30億人の死者を出した末、ロシアの勝利に終わる。

出典:ジョン・タイター – Wikipedia

少し読めば、想像つくでしょうがロシアの工作員が『ジョン・タイター』の正体です。そして、アメリカ大統領選挙で似た人間が勝利しました。ただし、長くは続きません。

ドナルド・トランプ氏に、タイムトラベラーのジョン・タイター氏と同一人物説|ニフティニュース

トランプはプーチンの操り人形? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

日本最大の大麻ネットワークは、botの解析と海外プロキシサーバーの証拠で壊滅状態となりました。残る麻薬システムも、順次、殲滅して消滅するでしょう。彼らを破滅に追いやった匿名犯罪者は、彼ら自身がケジメをつけるでしょう。沖縄大裁判は映画化されるのが大前提です。後世の時代、小学校の教科書にも掲載されるでしょう。

参考:ASKA元被告 覚せい剤使用容疑で再び逮捕へ 自ら警察に通報 尿検査で陽性 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

flauros2

72人の魔神で最大の嘘つきが『フラウロス』です。魔法陣の三角形の中にいないとフラウロスは必ず嘘をつく、序列64番の地獄の大公爵がタイター計画の本質です。

◆アイデンティティを示すために拡散?
CNNは、虚偽のニュースがなぜオンラインで広がるのか分析記事を掲載した。記事によると、ニュースをシェアするという行為は、単に情報を知らせるだけでなく、「アイデンティティのマーカー(印づけ)」として行うのだという。人はグループに分かれる傾向があり、自分自身のグループとの結びつきを大切にする。リアルな世界であればこうした社会的なアイデンティ(どこに属しているか、ということ)は服装や食べ物などで示すが、オンラインの世界では、物質的なマーカーはそこまで大きな意味を持たない。そのため、自分が属するグループとの繋がりを、そのグループの志向や信念を反映した記事へのリンクを投稿するという行為で主張するのだ。こうした心理により、信憑性が低い記事でも拡散されることになる。

出典:大統領選にも影響!? 嘘ニュースの脅威、米国で社会問題化 人はなぜ拡散に加担するのか? | ニュースフィア

多数派がインフルエンザに罹患して、健康な人が少数派になっても、正しい人は健康な人です。数が多いことと、真実は全く関係がありません。真実を知るためには裁判を傍聴することが最良の行動です。

正しさよりも共感できるかどうか
ネットは間違った考えも補強してしまう
もう1つの意見は、ネットは真実の探求を阻害し、むしろ人がすでに持っている自分の意見や信念を、それが間違っていても補強してしまうことが影響した、という考えです。
これまでも多くの心理学者が、人は多様な情報に直面すると、合理的に正しい情報を選択するよりも、思い込みやバイアスに従った選択、具体的には自分の考えに近い情報を選択し、それ以外の情報を避ける場合が圧倒的に多いことを証明してきました。
ネット上では、こうした行動が確実に起きることになります。ニュースを提供するサイトが無限にあるので、自分の考えが偏ったものであったとしても、その考えにそぐわないニュースはどんどんスキップすれば、いずれ自分の考えに合ったニュースを発見できます。それを見て「自分の考えはやはり正しい」と勝手に確信し、ソーシャルメディア上でシェアすれば、ネット上でそうした偏ったニュースがどんどん拡散し、同じような考えの人たちの信念を補強してしまいます。

出典:トランプ支持者に判断を誤らせたネットの「脱真実」現象|岸博幸の政策ウォッチ|ダイヤモンド・オンライン

ここから、新章が開幕します。おしまいの人間始まりの人間の物語!

大統領選敗北でも世界へ拡大するトランプ現象 白人が謳歌した「過去」への回帰を求める少数勢力 | JBpress(日本ビジネスプレス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です