ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法が廃案へ

 世界金融危機の反省から、米国は民主党のバラク・オバマ政権の下、国際金融規制よりも厳しい独自の国内規制、ドッド・フランク法(金融規制改革法)を導入。「大き過ぎてつぶせない」という問題を解決するため、当局の銀行監督権限を強化し、銀行には自己資本やリスク許容範囲などに関する規制強化を突き付けた。ところが、トランプの政権移行チームはそのドッド・フランク法を「取り除き、新政策に置き換える」と発表。これが米銀の収益の追い風になるとみられ、ウォール街はトランプ勝利がもたらした一足早い“春”を謳歌している。

出典:オバマの規制強化に苦しむウォール街にトランプ勝利の追い風 「週刊ダイヤモンド」2016年11月26日号特集「トランプノミクスの正体」より|Close-Up Enterprise|ダイヤモンド・オンライン

日本では匿名犯罪者と正義の執行者が戦い、アメリカではトランプと半トランプ派の戦いが始まりました。ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法によりアメリカはリーマンショックから立ち直りつつありました。それの廃案をトランプは実行します。

トランプの後ろには、チャイナロビー(五毛)がいます。

習近平・トランプ電話会談――陰には膨大なチャイナ・ロビー(遠藤誉) – 個人 – Yahoo!ニュース

トランプが勝利したのは、ロシアとイスラエルの諜報網とチャイナマネーの力です。しかし、それを選択したのはアメリカ人であり、日本人は匿名犯罪者の撲滅に集中する時です。

クリントン氏の得票数リード、200万票超に拡大 米大統領選:AFPBB News

CNN.co.jp : 米大統領選、3州で不正操作か 専門家が不審な傾向を指摘

すでにアメリカ合衆国の内乱を止めることは不可能でしょう。日本人も、今ならまだ大麻ネットワークを壊滅し、正義を執行することができます。

自民・小泉氏「米国が入る形のTPPは消えた」との認識示す-FNN

日本の企業文化が新鮮
「韓国で生まれ育ちました。幼い頃からピアノを習っていて、将来は音楽の先生になるのが夢でした。それが中学校で化学の授業が始まると、原子や分子の面白さに魅せられて。完全にとりこになったのは高校時代です。理論で教わったことが現象として目に見える実験はワクワクするばかり。ピアノ中心だった生活がガラッと変わりました」php4tgggn_582ed19e727ef「大学ではもちろん化学を専攻し、研究の道を究めたいと大学院にも進みました。ナノ粒子を用いてがんを高感度で測定したり、検出したりする仕組みを構築するのは楽しかった。東京工業大学の三原久和教授とお会いしたのは、そんな時。ペプチド工学を使ったケミカルバイオロジー研究に刺激を受け、ナノ粒子と組み合わせた研究をしてみたいと直感的に思いました」「東工大大学院では4年半を過ごしました。応用研究が主体の韓国に比べ、日本は基礎研究に重きを置く印象です。とにかく上を目指すことを求められる競争社会になじんでいただけに、みんなで話し合い一緒に進めようとする日本の企業文化も新鮮でした。どちらも長所・短所はありますが、視野が広がったことは間違いなくプラス。この感覚は仕事でも役立っています」

出典:韓国出身のリケジョが日本の化学に魅せらた理由 (ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

アメリカの内乱は、韓国の消滅となるでしょう。そして、アメリカを除いた環太平洋統一国家構想が実現します。その為に必要なことが、匿名犯罪者の撲滅であり、一般人が真実を知る為に、裁判を傍聴することです。裁判で匿名犯罪者に勝利した人々は、環太平洋統一国家で地位が得られるでしょう。

ビジネス・インサイダー:米カリフォルニア州独立派がロシアに「大使館」開く意向

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です