ソクラテスの弟子

david_-_the_death_of_socratesソクラテスは無実の罪で死刑になりました。しかし、アテナイの市民が彼を死刑にした理由を知れば、当時の世相を考えれば納得はできなくても、理解はできるでしょう。
プラトンが記した『ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)』を読みましょう。ソクラテス自身は「使命を果たさんとして語るとき、誰かそれを聴くことを望む者があれば、青年であれ老人であれ、何人に対してもそれを拒むことはなかった」「貧富の差別なく何人の質問にも応じ、問答してきた」だけであって、「かつて何人にも授業を約束したことも授けたこともなく」「いまだかつて何人の師にもなりはしなかった」と記しています。ソクラテスの考えでは彼に弟子は一人もおらず、せいぜい弟子と看做されている内の何人かが彼にとって友人・仲間であったに過ぎない。
簡単に説明をすれば、ソクラテスの技術や名声を欲した腹黒い人間が、ソクラテスの弟子という虚構の物語を作り、アテナイを破滅させます。クレオンは、アテナイ全盛期を築いたペリクレスから弁論術を学び、ペリクレス亡き後に権力を握ります。口だけ達者な実力不足の人間であるクレオンはデマゴーグという現在の意味を作り出した人物です。デマゴーグという言葉自体は無定見な扇動政治家という風なイメージがあるが、本来は民衆の指導者という意味の言葉です。彼が戦死した後も、アテナイ市民は扇動政治家に踊らされ続け、愚かな判断を重ねた挙句にスパルタに破れます。
その一人がアルキビアデス、(ソクラテスの弟子を自称)です。Wikipediaによれば『彼(アルキビアデス)は才能、容姿、家柄、人望全てにおいて卓越した人物であったようであり、徳にせよ悪徳にせよ彼に勝る者はいないとまで言われた。彼の美貌は男性・女性ともに愛され、愛人が絶えなかったようである。また、弁舌の才にも恵まれており、他者を言い負かしたり、民衆を扇動することに優れていた。』未知の敵を破る技術は持っていませんでしたが、既知の味方の弱点をスパルタ(敵)に指導する力量は抜群でした。彼の戦略により、スパルタはアテナイを完全に圧倒します。
次のソクラテスの弟子を自称したのがクリティアスです。名著『キュロスの教育 (西洋古典叢書)』を執筆したクセノポンは『ソクラテスの思い出』の中で、クリティアスがソクラテスの弟子になったのは、自身の修練のためではなく、敵の裏をかく技術を会得するという政治的目的のためだったと非難しています(Xen.Mem.i.2.12-18)。ソクラテスの弟子だったクセノポンの息子は名将で有名なエパメイノンダスを打ち取っています。エパメイノンダスの人質がアレクサンドロス大王の父、フィリッポス2世です。現代と同じで、世界の著名人は必ず人脈でつながっています。これをスモールワールドと言います。Wikipediaには、『次々に反対派を死刑や国外追放に処し、ソクラテスに「次々に牛を減じて質を悪化させた牛飼い」と皮肉られる。これを受けクリティアスは、ソクラテスに30歳以下の若者との会話を禁じた。』

ソクラテスの弟子(友人や仲間)はプラトンやクセノポンですが、赤の他人である第三者からは、クリティアスアルキビアデスソクラテスの弟子に見えました。ソクラテスの不幸は、自分が無知であることを知っていましたが、その結末までは見えなかったということです。ソクラテスは医者と議論し、病気の原因がわからないのに病気の根本的な原因がわからないから無知だと判断しました。医者は病気の根本原因は知らないでしょうが、治療法はソクラテスよりは経験と学問から知っています。有能な人間は必然的に細心の注意を払っても、面識のないキチガイから被害を受けます。少なくとも、人格障害者に好かれる(自称弟子)よりは、嫌われている方が無難です。もし、ソクラテスがアテナイを衰退させたアルキビアデスやクリティアスのであるとアテナイ市民から見られていたのであるならば、彼をよく知らない第三者からも尊敬と敬愛を得ていたでしょう。

42歳男、中1少女のカバンに「好きです」のメモ ストーカー容疑で逮捕

「安倍首相と素晴らしい友人関係に」トランプ氏がFBで:朝日新聞デジタル

【米大統領にトランプ氏】トランプ派・高須克弥院長もツイッターで勝利宣言 「逆張り大成功」「彼は日本を対等の友人にしようとしてる」 – 産経ニュース

pelop_krieg1

アメリカは3つに分裂しました。北部ウォール街チーム(金融)中西部及び南部チーム(軍産複合体)、西海岸チーム(ハイテク)です。ユーラシア大陸でも、欧州連合ロシアとイスラエル、トルコの枢軸チームと中華圏チームに別れました。日本国内では、傍観者=見て見ぬフリをしている人のチーム(傍聴人)匿名犯罪者チーム(被告)、正義執行者チーム(原告)に別れました。やっていることはソクラテスの時代と大差はありません。違うのは演じている人種や地域が違うだけです。アテナイ市民は、社会の傍観者となり、因果応報で犠牲者となります。最終的にギリシャ世界を支配したのはマケドニアであり、ローマです。汗や血を流さない人間の末路ほど惨めな者はありません。

福島生徒いじめ:「被害150万円」学校動かず 神奈川県警の調査後 – 毎日新聞

8ee5b74a-s8f36cc43-s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です