THE ISSUE OF WAR(極東戦争)

極東での戦いは、底辺による最底辺の撃滅です。特別な装備や訓練を受けていない人でも勝利を重ね経験値を上げることでレベルアップしていきます。つまり、反社会性人格障害の犯罪者が主敵です。

反社会性パーソナリティ障害

 暴力や犯罪を繰り返したりといった行動を特徴とするのが「反社会性パーソナリティ障害」です。この障害では、規範や他人の権利、感情を考えない行動をとり、優しさや思いやりが欠如しているように見えます。周りからは「嫌われ者」「厄介者」して扱われていることも多いのも反社会性パーソナリティの方が多いです。また、無責任で自分の快楽のために人を騙したり攻撃したりするため、仕事なども長続きしません。(近隣住民と衝突し、引っ越しが多い)
出典:パーソナリティ障害の特徴とは?3つのタイプと正しい接し方と治療法|WELQ [ウェルク]

住所が頻繁に移り変わり、平和に過ごしている人々が被害者となります。団結力のある地域は、他地域からの犯罪者(インベーダー)を駆逐します。結果、団結力のない場所はインベーダーの巣(nest、ネスト、温床)となります。

prm1611180009-p1

出典:【田村秀男のお金は知っている】トランプ相場 待ち受ける危ういシナリオ 米金利高、ドル高は景気を冷やす – 産経ニュース

世界のリスクが高まると、人に金を貸さなくなります。結果、金利が上昇します。金利が上昇すれば、株や不動産価格は暴落します。資本主義の歴史はその繰り返しです。

ロシア、トルコをつなぐ新パイプラインの意味  WEDGE Infinity(ウェッジ)

露首相に機密技術を使ったドローンをプレゼント、イスラエル農相に批判 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

プーチン高笑い、トランプのアメリカを含む3カ国が親ロ派にスイッチ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

米国がイスラエルの右翼と一体化する日 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

「イスラエルの安全保障ネットdibka(アラビア文字からの訳)は、13日の報告書で、トランプ大統領の最初武力行使はイランの核施設とミサイル基地であろうとしている。

出典:トランプとイラン(野口雅昭) – BLOGOS(ブロゴス)

CNN.co.jp : あと千年で地球壊滅、惑星コロニーへ移住を ホーキング氏

第二次世界大戦中の日本は、1941年(昭和16年)から1945年(昭和20年)にかけて主にアジアの地を舞台に、西欧諸国を相手に戦った。ソーンは、この戦争にかかわった数多くの国家や社会の動き、あるいは人々を行動に駆り立てるもととなる意識のなかから、世界史的あるいは人類史的な広範な流れをつかもうとする立場をとっており、この戦争がもつ人種論的側面を重視する。

そういう立場からすれば、この戦争は「民主主義」対「ファシズム」の戦いではなく[1]、また、この戦争が単に太平洋をはさんで日米両国間の戦いにとどまるものではなく、むしろ基本的にはイギリス(およびフランスオランダ)と日本との戦いであり、アメリカ中国との関係からではなく、むしろイギリスとの関係からこの戦争に介入したのだと説く。そうした地政学的な位置づけからすれば、一般に用いられている「太平洋戦争」という呼称は適切ではなく、多少の難点[2]はあるものの「極東戦争」と呼ぶ方が適切だとする。

“THE ISSUE OF WAR”には、

  • 「中国を広大な範囲にわたって死と破滅の淵に追いこんだ戦争は、同時に国家の統一と再生をもたらすことになった。」
  • 「イギリスと自治領をより深く結びつけた戦争が『イギリス連邦同盟』という自動機構の終焉を現実のものにしていった。」
  • 「日本は敗北したとはいえ、アジアにおける西欧諸国の終焉を早めた。」
  • 「1945年には極東戦争のまぎれもない『勝利者』だったアメリカが、1970年代にはある意味では、長期にわたる最大の『敗者』とみられるようになった。」

などの重要な指摘[3]がある。

出典:極東戦争 – Wikipedia

真実を知り、歴史に参加する人もいれば、虚構世界で一生を終える人もいます。日本で最も真実に近い場所は法廷です。2016.12.7日、この日に行動する人は真実を知るでしょう。報道の自由、 日本のマスコミは72位に後退 「国境なき記者団」警告:AFPBB News

参加希望者はクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です