十年裁判で情報公開

正義を執行するためには真実で勝利を得る。そのためには『「足下の敵」攻撃の原則』を全軍に徹底する。これは太平洋戦争の敗北から日本人が肝に命ずるべきことである。特にサイバー攻撃が激化した社会において、警察、検察、裁判官、書記官、弁護士の情報技術レベルを徹底的に底上げをせねばならない。日本歴史上最大のサイバー戦となる沖縄裁判が十年裁判と言われる理由である。

img_4593img_4594 img_4595 img_4596

放射能は目に見えないと言われているが、福島第一原発事故で放出された放射能を特殊な技術で画像にした展示会が、29日から埼玉県東松山市のギャラリー「COMEYA」で始まった。福島第一原発事故では、放射性セシウムなどが大量に放出され、現在も土壌や生物に蓄積されている。東京大学の森敏名誉教授とカメラマンの加賀谷雅道さんは、汚染した生き物や生活用品などを福島県などで採取し、オートラジオグラフィーという技術を使って可視化し、画像として展示している。画像からは植物が吸収した放射性物質が葉脈などを通って全体に広がる様子や、ヘビやカエルなどの生物の内臓に蓄積されている様子を見ることができる。また、横浜市内の屋内に置かれていた空気清浄器のフィルターからも放射能が検出され、事故直後、広い範囲に汚染が広がった実態がうかがわれる。

出典:放射能を特殊な技術で画像に…展示会を開催|日テレNEWS24

【原発最前線】雨水6・6トン流入 あわや安全機能喪失 「世界一厳しい規制」のはずが…問われる電力会社の危機管理意識 – 産経ニュース

小池百合子都知事が『リボンの騎士』のコスプレ 観客から黄色い歓声【ハロウィン】

小池知事支えた“7人のサムライ”に金銭スキャンダル噴出 都連の処分見直しもオジャン?

他人に期待して時間を浪費する日本人は消滅する。そして、海を越えて異邦人がやってくる。真実の世界で戦い続けた人々は十年裁判により、多くの戦友とスキルを得る。

71

出典:訪日外国人:47%増1973万人 消費も最高3.4兆円 – 毎日新聞

アメリカの内戦を避けて日本で合流するエリート外国人と法廷戦争で鍛えられた日本人は、正義の世界を実現する。これを読む貴方は選択することがでる。現在を世紀末の世界として生きるのか、2016.12.7の裁判を傍聴して新世紀の世界として生きるかをである。

【米大統領選】「オクトーバー・サプライズ」で勝敗左右? 「史上最低」の選挙さらに混沌 メール問題の捜査再開でクリントン氏優位揺らぐ可能性 – 産経ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です