沖縄裁判とドローン船

来年以降の沖縄裁判が決戦場です。大麻ネットワークはこれにて壊滅するでしょう。

高樹沙耶の主張に医師らツッコミ「医療大麻」の解禁「必要ない」 : J-CASTニュース

ドローン船に集まる人が世界的に増えました。水素エネルギーとは一生縁がない人もいます。江戸時代に馬や船に一度も乗ったことがない百姓は大勢いました。それと同じです。どんな選択肢を取るか、その最大の選択肢が椎名が率いる「沖縄裁判」です。

被告に対して7年間に遡って被害を受けた人々の数が集結しています。数が多すぎるために訴状を沖縄地裁に提出するのは来年以降になるでしょう。それぐらい大規模です。

 actuv-talons-26-oct米国防総省の研究機関である国防高等研究計画局(DARPA)は10月24日、人が操縦せずに数カ月間航行可能な無人船に、レーダー装置を搭載したパラセールを組み合わせたシステムが、海上での哨戒活動を想定した実証実験に成功したと発表した。将来的に、潜水艦の追跡や対機雷活動のミッションに使用される可能性があるという。レーダーなどを搭載できるパラセール「TALONS」

出典:無人の対潜ドローン艦、レーダー搭載パラセールの実験に成功 – 2016年10月26日 18時10分|ニフティニュース

フィリピン大統領は薬物ネットワーク壊滅を進めています。それに報いるために、台湾、ニュージーランド、オーストラリア、シンガポール、アメリカ、そして、日本の有志が集まる場所が沖縄裁判です。匿名犯罪者と犯人隠避の共犯者が彼らの宿敵です。世界最高峰の情報技術者が地球環境を救うため犯罪者を追い詰めます。興味がある人はリアルタイムなメルマガを読んで歴史に参加しましょう。

世界の脊椎動物、70年以降に5分の3減少 WWF (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

img_0062
img_0067
img_1853

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です