プア・ジャパニーズ急増と阻塞気球

1474493322058

上記のデータはマクロです。現在の日本は2008年より貧しくなっています。個々の人々のデータをミクロと言います。個別の人々が努力して勉強をせずに無為に過ごせば給与は下がります。発展途上国や新興国が伸びているからです。裁判(2016.12.7午後)を傍聴すれば、その理由も納得できるでしょう。妄想の世界に生きても、現実は上記のデータとなります。親に寄生した末路がどうなるか、それを知るオルフェンズは自力で活路を開きます。

コンビニで外国人アルバイトに対して酷い態度をとったおじさんに学生が喝! | チャンネル「てみた」

20161018-00000031-mai-000-8-view

出典:<豊洲市場>5万台分、消えた盛り土…「なぜ豊洲」もナゾ (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

質量保存の法則は別名、質不滅の法則【law of indestructibility of materials】と言います。日本列島では10トントラックにして5万台分の土砂が消えるようです。実際は、土砂予算が消えただけですが、保身のために馬を鹿という人間が増えすぎました。ファンタジーの世界がリアルワールドを侵食した良い例です。そのファンタジーを破壊する阻塞気球が未成年に拡大しています。琉球のバルバトスが黒の武士団と合流し、外国人部隊である白銀の騎士団(団長:白い鷹)や輸送と無線を担当する紺碧の船団(団長:ゼロ)もミッドウェイまで進行しました。

留学生のバイトに『日本語が使える様になってから働け!』と怒鳴る珍客に、高校生が一喝!|@Heaaart – アットハート

e74808e67cf4c6bdcab08cfb3a656426

出典:【トヨタ コースター】中型免許で運転できるマイクロバス!燃費やキャンピングカーについてからライバル車との比較まで!|GOIN[ゴーイン]

「現時点でも、軽度のものを含めれば、少なくとも820万人が認知症を患っているという厚労省のデータがあります。それに基づけば、2025年には今の1・5倍、1200万人以上が認知症になっていてもおかしくありません」(国際医療福祉大学教授の高橋泰氏)
全国民の10人に1人がボケている。そんな国が成り立つのか、という疑問がわいてくるが、あと9年で画期的な対策が見つかるとも思えない。特別養護老人ホームには順番待ちの長い列ができ、認知症の特効薬ができる気配もない。もはや策は尽きている。

出典:「プア・ジャパニーズ急増」…9年後この国に確実に起こること(週刊現代)

稀な望みを希望と言います。希望の為に戦い続けた人が、どの程度、強くなったかを知る為に集うのが裁判です。正義の女神が持つのが「秤り(天秤)」です。不意の災害に見舞われた時、正しい行動を取れるのは約1割、取り乱し不適切な動きをするのが約2割(犯罪者の温床)、そして、残りの7割はショックの為に立ち尽くします。だから彼らを導くバルバトス団長のようなリーダーが必要なのです。既存の延長である未来ではなく、自らの信念に活路を見出す選択をする人は集いましょう。
「世界が抱える問題は、愚か者が自信に満ちあふれていて、賢い者が疑念を抱えていることだ。(“The trouble with the world is that the stupid are cocksure and the intelligent are full of doubt.”) 」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です