法服と黒の武士団

黒はどんな色にも染まらない。裁判で着用される黒い服(法服)は何者にも左右されずに裁判に臨むことを意味しています。私の尊敬する沖縄のバルバトス団長が関東に上陸し、成田山に集結しました。団長に集まる黒の武士団の団員募集中です。(代理執筆)

img_1842

これから関東方面での攻防戦「第二次東京裁判」が始まります。(参考:ナリタ攻防戦 | コードギアスwiki)多くのオルフェンズが熱く集まります。親にパラサイトできず、苦難の道を自ら斬り拓く黒の武士団の物語です。

img_4579
出典:大麻栽培で町おこし逮捕者続出 かつては首相夫人も視察に:朝日新聞

ここまで白人労働者層を被害者として描いてきたが、米国流に言えば、自己責任であり自業自得という面がないわけではない。米国は移民の国であり、白人も元をただせば移民だ。だが、現実を見れば白人自体が既存システムの既得権者であり、黒人やヒスパニックから見れば”特権階級”に映る。実際、働かずにドラッグに溺れる白人が没落するのは当然だと考えるマイノリティは少なくない。
また日本人にしてみれば、中西部の白人労働者層が感じている悲哀は既にどこかで聞いた話でもある。日本の地方都市を歩き回れば、似たような経験をした人々やコミュニティは数知れない。限界集落と呼ばれて消えゆく村々も現実にある。米国の製品や文化が世界を席巻した1960年代、その郷愁を胸にトランプに快哉を叫ぶ人々に共感するものは正直なところあまりない。

出典:絶望とドラッグに沈む者たちがトランプに賭ける:日経ビジネスオンライン

img_1843

冬のイベント平成28年12月7日、13時〜です。時代を変革する『黒の武士団』の団員となるには、裁判を傍聴し、正義の為に戦うことです。団を勝利させる為には、自分の力量、敵の力量を秤にかけて計算する力が必須です。勝ち目のない戦いを挑めば団員全員に迷惑をかけます。国家レベルだと太平洋戦争のように敗北し滅亡します。正義の女神が持つ道具が秤です。

正義の女神 – Wikipedia

NHKスペシャルの「縮小ニッポン」の衝撃の内容に、絶望の声が相次ぐ (2020年に23区内で人口が減少する可能性がある11の区 | マイナビニュース

2010年と比較して2020年には日本の総人口は400万人〜500万人減少しています。裁判では必ず勝者と敗者が生まれます。つまり、誰が勝利し、誰が敗北するかを読み取る能力に白黒つけることが容易です。

『孫子・謀攻』に「彼を知り己を知れば百戦殆からず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し(敵と味方の実情を熟知していれば、百回戦っても負けることはない。敵情を知らないで味方のことだけを知っているのでは、勝ったり負けたりして勝負がつかず、敵のことも味方のことも知らなければ必ず負ける)」

出典:彼を知り己を知れば百戦殆うからず – 故事ことわざ辞典

これは科学的にも証明されています。そして、2016.12.7裁判での勝者、そして、第二東京裁判の勝者が敗者より能力が高い証明となります。参加希望者はスポンサーのメルマガを購読しておいて下さい。

2000年にイグノーベル賞を受賞した英国のダニングとクルーガーは、このことをある実験により証明した。彼らは被験者に対して、論理的推論のセンスなどのテストを実施し、同時に、テストの結果について自己評価させた。すると、下位4分の1に属する底辺グループの平均得点は、下から12%のところに位置するものだったが、底辺グループの自己評価の平均は下から58%、「自分には平均以上の能力がある」と思い込んでいたという。

出典:能力が低い人ほど自信たっぷりな理由、それは… | ダ・ヴィンチニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です