自警団のハイテク化

%e8%87%aa%e8%ad%a6%e5%9b%a3出典:自警団(電子自警団含む) – Wikipedia

近年、匿名犯罪者の増加に伴い自警団のハイテク化が急がれます。本日は、岩崎孝彦氏が参加された秋祭りの写真を元に重要文化財と氏子檀家の防犯を掲載します。日本は長い歴史のある国です。いくつもの政府や政権が誕生し、滅亡してきました。明治維新の廃仏毀釈では、被害に遭った寺院や古美術品100万件が蛮族に破壊されたこともあります。いつの時代にも、社会変化に対応するためにはハイテク化が必要です。

bohan

昨年、外部からの侵入者により本殿(国の重要文化材)が一部破壊されました。公的な予算と氏子檀家の寄付で多数の暗視スコープを設置しています。今後は下記のようなドローンや防犯犬を活用を検討しています。犯罪者には二種類います。自分を犯罪者と認識していない犯罪者タイプと、ソーシャルネットワークSNSで大して知らない相手の仲間となり、共犯者となる犯罪者タイプです。どちらもSNSを調べることで潜在犯のネットワークをリスト化することができます。(詳細は上記の電子自警団の文章を参照)drone匿名犯罪者の基本は匿名性にあります。暗視スコープや電子トレースにより証拠を確定すれば、後は大軍で包囲して殲滅することになります。現代社会では犯罪の情報を公開すれば、犯罪者は社会的制裁を受けます。装備を整え、犯罪者との戦い続けることで、強い共同体となります。

img_4563 img_4570 img_4571 img_4572

気候変動では、共同体が非常に大切です。共同体に参加していない人間は孤軍となります。散発的に闇で破壊活動をするのが匿名犯罪者です。特にインターネットでは顕著ですので、そこに貧困化した弁護士の活路があります。

司法試験合格者「頭の中は借金返済のことでいっぱい」 – 弁護士ドットコム

弁護士脅迫容疑で無職男逮捕 ネットに「めった刺し」ネット上に書き込まれた誹謗中傷などをめぐるトラブル – 産経ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です