横浜の団地で刃物男が立てこもり 強制執行官から通報

強制執行が最近、激増しています。近くスポンサーメルマガで手続きその他の特集記事が掲載されます。基本的には、職場に連絡しての給与の差し押さえや自宅での自動車やパソコン(上記映像参考)の差し押さえとなります。最近では、クレジットカード会社による差し押さえが多いのです。日本では一度でも食らうと終わります。

動産執行は裁判所から執行官がやって来ますが、執行当日に自宅に高価なものが置いてなければ、ほとんどの場合は執行不能で即終了となります。ちなみに言い忘れましたが、この時点であなたの信用情報は延滞3ヵ月以上の事故情報と、金融業者から法的回収を行った事故情報が報告され、かなりのブラックとなっております。完済して5年以上経過しなければ消えないので今の状態なら、あたたはずっとローンが組めない人になりました!そしてもうひとつ、消費者金融会社から借りた場合5年で時効となりますが、裁判手続きをしたことで時効はプラス5年となりました。ですから時効で払わなくて良くなるのは5年→10年に延びてしまいました!

出典:借金返済しなかったらどうなるのか?

最終的に、回収不能な債権は回収が得意とするプロ業者に譲渡されます。一般人が強制回収するより、督促状を送ってからプロ業者さんに割引価格で譲渡するのが一般的な流れとなります。

映画 闇金ウシジマくん [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です