願望対虚構

劇場などに貼りだされている『シン・ゴジラ』のポスターには、「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。」という印象的なキャッチコピーが書かれている。実際には、ゴジラのような生命体が日本を襲うことなどありえない。たしかにこれは、まったくの虚構だ。だが、それと同じくらい、挙国一致し世界に実力を見せつける日本というのもまた虚構なのではないか。願望の発露といってもよい。

それゆえ、本作の内容を正確に反映するならば、「願望(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。」とでもいうべきであろう。『シン・ゴジラ』は、昨今の映画にありがちな無駄なシーンを削りに削ったとも評価される。たしかに、定番のお涙頂戴シーンや恋愛描写などはなく、たいへんテンポがよい。本作の秀逸さは散々語られているので改めていうまでもあるまい。

ただ、これはまた、われわれが「立派な指導者が出てくれば、日本はまだまだやれる」というストーリーを「無駄」と考えず、あまりにも自然に、快楽として受容しているということでもある。「失われた20余年」にも似たようなストーリーはあまりにも繰り返されてきた。「決断できる政治家」に対する待望は久しい。「日本の底力」や「日本の実力」を謳歌するコンテンツも増え続けるばかりである。だからこそ、野暮なことを承知のうえで、あえていわなければならない。知らず知らずのうちに、われわれはこのようなストーリーに影響されてはいないだろうか、と。もし、『シン・ゴジラ』を観て、「立派な指導者が出てくれば、日本はまだまだやれる」と本当に思ったとすれば、そんなものは虚構のなかにとどめてお かなければならない。「失われた20余年」に繰り返されてきたこうした願望の発露は、の実現可能性ではなく、その徹底的な不可能性を示していると考えるべきだ。劇中に描かれる美しき挙国一致の「ニッポン」は、極彩色のキノコである。鑑賞する分には美しいかもしれないが、それを実際に口にすればひとは死ぬありもしない「底力」とやらを信じて、身の丈に合わない行動を起こし、かえって損害を被るのはもうやめたいものである。

出典:『シン・ゴジラ』に覚えた“違和感”の正体〜繰り返し発露する日本人の「儚い願望」(辻田 真佐憲) | 現代ビジネス | 講談社

東日本大震災から5年と半年が経ちました。願望と虚構は共に空想です。そして、悪い日本人は追い詰められると空想に逃げ込みます。

小泉純一郎元首相が日本外国特派員協会での会見で、安倍晋三首相を酷評|ニフティニュース

katla-volcano-iceland出典:CNN.co.jp : アイスランド最大のカトラ火山、周辺で地震 噴火の恐れも

震災から5年で、日本列島だけでも8つの噴火が発生しています。

焼山の噴煙が3本立ち上る 火山活動が活発化?|上越タウンジャーナル

ありもしない底力を信じて戦い続ける人間を現実に見る方法として、日本では裁判の傍聴があります。現実を見ない人は勝ち目のない戦いを延々と続けてくれます。喜ぶのは購読者数がうなぎ登りのスポンサーメルマガです。10年続くかどうか疑問ですが、数年は順調に増加し続けるでしょう。その数年で地殻変動が発生します。米軍が迫る1944年10月に陸海軍は、大本営発表に「陸海軍」と書くか「海陸軍」と書くか、その順序をめぐって5時間近くも揉め続けたのです。戦いの経験がなく、勝利の目処がなくなると、悪い日本人から消え去るのが現実です。そして、行き着く先は周囲を巻き添えにした社会的な死です。

東大集団わいせつ生んだ精神構造 自己分析まで“上から目線” ライブドアニュース

東京五輪が中止になる「首都直下大地震」は明日にでも来る!(2)「地震活動期」に突入している | アサ芸プラス

伊豆諸島沖の大地震に注意…専門家が「富士山噴火」の危険を訴え – ライブドアニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です