予期意向の証人

日本は急速に人口が減少しています。多くの産業は縮小しますが、拡大する産業もあります。それはネット犯罪です。

04v出典:警察の最新データで見るインターネット犯罪事情  – 日経トレンディネット

現在、司法の世界でも21世紀型に対応するための構造改革が進んでいます。

年収が2006年から半減…実は「何の保障もない」弁護士の実態 – ライブドアニュース

吉本興業の若手芸人より貧乏な弁護士も ネットが一般化し二極化  – 政治・社会 – ZAKZAK

ネット犯罪対策での実績が10年先、20年先の法律事務所の収益に直結します。長い裁判は弁護士の生活の安定には必要不可欠です。そして、これから日本で数と質が上昇し続けるのが訪日外国人と外資系企業です。ネット犯罪者は彼ら外国人を目の敵にしています。つまり、法律事務所とネット犯罪被害者、富裕な外国人は必然的に連帯していきます。長期戦の果てに誰か勝つかは簡単に予期できますが、予期意向の人々は頻繁に間違えます。裁判を傍聴するだけで予期意向の証人となれます。これは大きな努力なしに、老後の生活を安定させます。

7月の訪日外国人旅行者20%増、230万人 単月過去最高に | newsclip (ニュース、経済、企業のニュース)

スポンサーのメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です