群れの科学

63BF2738-78C5-435D-A1FC-2C93FCD75654出典:地球温暖化で逃げ出す動物たちの「移動マップ」|WIRED.jp

気候変動により、人類も、動物も移動を開始し始めました。群れの科学というものがあり、戦いには必ず勝敗が発生しますがその生存闘争勝者の特徴です。単純に戦いが長引いた場合、どちらのリーダーが勝利するかを選択するかを迫られます。裁判で言えば、必ず勝敗が発生します。和解の場合、情報や和解金を支払った方が敗者となります。一つの敗北は他の攻撃者を誘発し、他の戦いの敗因へと直結します。弁護士や調停員の勧告に従い和解すれば単独裁判の場合、賠償金は半分、訴訟前ならたった3割程度で済みます。但し、問題は連結裁判の場合です。敗走を始めた落武者がどのような最後となるか、10年間は勉強できるでしょう。

情報戦の敗北―なぜ日本は太平洋戦争に敗れたのか (PHP文庫)

獲物を狩猟するには筋肉が必要ですし、長時間農業をするには強い心臓が不可欠です。それぞれ、筋肉をつけるのも、心臓を鍛えるのも、自由ですが、戦いに勝つために最も重要なのは調査力(情報)です。政治資本とは敵より味方を作る能力です。敗者の特徴は、自分が負けていることに最後まで気づきません。だから味方が漸減していきます。狂人は経験から学べませんが、愚者は経験から学べます。これから、噴火が発生すれば、火山灰で河川が浅くなります。そうすれば、気候温暖化の台風による洪水被害は激増します。情報を得るために金を使ったり、裁判傍聴に足を運ばない群れは、情報に金を出したり、裁判を傍聴する群れに常に敗北します。実戦経験がなく、ネット情報だけで裁判をするのが、どれほど危険で取り返しがつかないのか、確認することが可能です。

洪水に備えて巨大「ノアの方舟」を作り、近所から嘲笑された男 → 本当に大洪水が来たその時…衝撃の結末!!

「街が湖のよう」 台風で冠水、住民は車の上に避難:朝日新聞デジタル

スポンサーサイト(クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です