ゼロデイ対策

マンスール氏を狙ったのはイスラエルの諜報ソフト企業ともサイバー犯罪グループともされるグループ NSO が開発したソフトウェア「Pegasus」がiOSデバイスを追跡するのに利用していたゼロデイ脆弱性。マンスール氏自身が8月10日前後にiPhoneに受信した不審なメッセージをカナダ・トロント大学のCitizenlabへ転送したところ脆弱性が発覚したため、アップルへ情報を開示したうえで8月24日にこの問題を公表しました。

iOS 9.3.5のリリース文によると、修正した脆弱性は以下の3件。

・カーネルメモリーの内容漏洩の修正
・カーネル権限で任意のコードを実行
・悪意のあるサイトを表示した際に任意のコードを実行

出典:アップルがiOS 9.3.5を公開、ゼロデイ脆弱性3件を修正。アラブの人権活動家狙った攻撃で発覚 – Engadget Japanese

現在、会ったことも、話したことも、見たことさえもない、全く接点がない団体の交流が始まっています。
“The enemy of my enemy is my friend”
本日、東京に人生の目的も目標も違えど、『迷った時は困難な道を選ぶ』という野郎が集います。問題が発生した場合、一人で考えるか、みんなで考えるか、という選択肢があります。誰かの一つの選択は、他の人に次の選択を迫ります。Zero-day(ゼロデイ脆弱性)とは、脆弱性を解消する手段がない状態で脅威にさらされる状況を言います。その対策として、他の人間を選択するか、自分を選択するか、その違いです。集団をまとめるために重要なのは、結末です。紆余曲折があっても、誰が勝つかを知ることにより、秩序が生まれます。秩は禾(稲)、序は广(家)と予(心の中の思い)を意味します。予は、輪を伸ばすという意味もあります。秩序は(稲)収入を最大化(予定調和)します。団結する人々は勝ち、豊かになります。逆の選択肢がどうなるか、歴史を学ぶか、現実で行動すれば、知ることができるでしょう。数値化するなら危機が発生した時に役立つ友人がいるかどうかです。友人αには、友達βがおり、親友Γと友人αが繋がります。

共通の敵が団結力を生む? 職場の絆が深まったきっかけエピソード「他部署との抗争」「部で徹夜」 | フレッシャーズ マイナビ 学生の窓口

AS20160827000592_comm出典:台風10号、強い勢力のまま東に 30日ごろ関東上陸か:朝日新聞デジタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です