弁護士訴状と素人答弁書

c6aa8379-s出典:投資家やFXの参加者は「トランプ・ショック」に備えよ! – Market Hack

上記の記事は、アメリカ化した21世紀の日本でも、上記の現象が発生するという警鐘です。東京裁判では、訴状は専門家であるプロ弁護士(法廷参照)が作成しています。しかし、答弁書は裁判官が瞬時に虚偽を見抜くことが可能なレベルで間違いだらけです。(法廷参照)複数のプロフェッショナルが答弁書を参照し、法廷で原告が決定的な証拠を発表します。彼らの意見では絶対に弁護士が作成した答弁書では無いということでした。
答弁書は弁護士が必ずしも作成せず、本人が作ってもいいのですが、虚偽や改竄を複数回、繰り返せば法廷侮辱罪となる場合があります。本日、首都圏の人々は時代の変化を知るために、下記の裁判を傍聴しましょう。そうすれば、常勝の『黨』準備会に入会できます。誰が勝利したのか、知らなければ、勝ち組につくことさえ不可能です。源平合戦で、一番金を持っていたのは日宋貿易を支配していた海の平家です。京都を陸戦力で破り、武力で制圧したのは、木曽義仲です。(倶利伽羅峠の戦いで10万とも言われる平維盛率いる平氏の北陸追討軍を撃破)
しかし、実態として勝利していたのは源頼朝公です。本質を読むためには、時間や手間を惜しんではなりません。原告がどうして勝利できたかを知ることは、被告が提出した法的に問題が多い数十枚の答弁書を使った新しい原告となるチャンスとなるということです。正義のために悪と戦う人間がいないことが、今の日本の闇であり、戦う人が増えれば日本は明るくなります。武士は武士を集め、武士団となります。これを郎党と言います。郎とは、男(漢)と言う意味です。男を愛する人間を女と言います。悪と戦う男は常にもてます。そして、子孫を残します。故に出会いのチャンス、戦いの機会は決して逃してはならないのです。
440px-Tomoe-Gozen

出典:巴御前 – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です