(原題)Power of the Dog「ザ・カルテル(映画)」

ridleyscott_dicaprio_large「ザ・カルテル(原題)」は、「犬の力」とその続編小説「ザ・カルテル」をもとに映画化する。原作は、米DEA(麻薬取締局)エージェントのアート・ケ ラーを主人公に、ラテンアメリカの麻薬カルテルとの30年間にわたる麻薬戦争を描いた大長編。ディカプリオはケラー役で交渉中だと見られる。ケラーと対決 するカルテルのリーダー、アダン・バレーラも非常に魅力的な役どころで、今後のキャスティングに注目が集まる。

出典:リドリー・スコット監督、ディカプリオ主演でウィンズロウ「犬の力」映画化

リドリー・スコット監督は日本では(映画)ブラックレインで有名です。新作映画は『Power of the Dog(犬の力)』です。現在、アメリカでは共和党派の諜報機関と民主党派の諜報機関が国策の変更を巡り熾烈な戦いをしています。8年間の黒人大統領時代に2割だった勢力が現在は4割強、次の夫婦でIQ300を超える女性大統領の誕生により完全に逆転します。アメリカでは女性の社会進出は著しく、人口3億人を超え、移民や有色人種のパワーが巨大化しました。

『ブラック・レイン』(Black Rain)は、1989年公開のアメリカ合衆国の映画である。大阪の街を舞台に日米の刑事たちが協力してヤクザと戦う物語を描いた。豪華な日本人キャストでも話題になった。劇場映画作品としては松田優作の遺作である。

出典:ブラック・レイン – Wikipedia

次の大統領選挙で日本の未来も確定するでしょう。戦後、長く麻薬ルートを掌握してきた神戸港の国際マフィア(日本最大の広域暴力団)が分裂し、日本第二の都市である大阪の政治も大混乱となっています。いずれも来年のアメリカ大統領選挙と密接に関係しています。

1929年の世界恐慌から6年でブロック経済圏が成立しました。2008年のリーマンショックから6年でTPP合意です。ロシアのシリア内戦への介入は、ヒトラーのスペイン内戦(1936年7月 – 1939年3月)の介入と同じ結果となります。既に生産国アフガニスタンのケシ畑は半壊状態です。次は世界最大の薬物依存大国となった消費国日本です。

遂に海軍も参戦。ロシア在住25年の識者が予見する「プーチンの野望」 – まぐまぐニュース!

彼らは頭の悪い匿名で活動する日本人を必要でした。故に、貧乏人が簡単に金持ちになる方法や頭が悪い人間が賢くなる方法、宇宙人やフリーエネルギーで未成年や知的障害者を集めました。高価なマシンや熟練がなければ高い地位や所得は得られません。この社会常識を知らないのが未成年や発達障害者。。薬物を投与すれば、夢の中ですが幸福な幻想を体験できます。こうして、薬物依存が拡散しました。上記に興味がある人は、数年後に世界公開される映画を観ましょうね。次回作では、DEA(麻薬取締局)エージェントと警視庁イケメン刑事がタッグを組んで、国際マフィアと闘う金閣寺の戦いや平等院鳳凰堂包囲網が実現するかも…です!

afr1510270020-p1「国民的美少女」女優の高部あい、コカイン所持容疑で逮捕 「友人にもらった…」 警視庁 – 産経ニュース

高校生4人と自称ラッパー大麻を密売 ラインで隠語 – 社会 : 日刊スポーツ

18歳の女子高生が覚醒剤 中学時代の友人同士で使用 京都府警、計7人を逮捕 – 産経WEST

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です