蒼き闘志

東京裁判の情報はここまで!

あとはスポンサーのメルマガで情報を独占配信します。
無料の情報は宣伝であり、人の世は等価交換で成り立ちます。
タダより怖いものはなしというのは真実です。それが証明されるのが東京裁判(2016.8.19開廷)です。実際に参加すれば、大きな衝撃を受け、人生観が一変するはずです。

本書をこの時期に世に問うのは、福島第一原発事故の損害賠償請求がこれから本格化するからでもある。現在は被災者と東京電力が、原子力損害賠償紛争解決センターの仲介で賠償額を話し合っているが、交渉が決裂すれば裁判所の判断を仰ぐしかない。IMG_4372深刻な風評被害を考えれば、福島県(あるいは東北各県)のすべてのひとが原発事故でなんらかの経済的な損害を被っているともいえる。そればかりか、 放射能汚染とはなんの関係もない九州や沖縄まで外国人観光客に敬遠され、野菜や茶葉などの農産物は「日本産」というだけで輸入を拒否されるなど、被害は日 本全国に広がっている。紛争解決センターは、原発事故による賠償総件数が100万件を大きく上回り、そのうち紛争性のあるものは10万件を超えると予想する。日本の司法インフラではこれだけの民事紛争をとうてい処理することができず、今後、大きな混乱は避けられないだろう。
出典:[橘玲の日々刻々]ダイヤモンド誌
画像出典:VECTOR BALL(1) (週刊少年マガジンコミックス)

党という文字は、が語源であり、仲間同士で暗闇で取引をするという意味です。imagesゾンビ化した元人間(昔の精神分裂症、現在では統合失調症)を元に戻すには、集団での戦闘に参加する事が一番効果的です。実際、ゾンビの陣営を離れて多くのゾンビが人間に戻り、証拠や証言を提供してくれました。その数は、未だに増大し続けています。日本の未来は順次、明るくなるでしょう。その意味でも『東京裁判』です。最も多くの正義の功績を挙げた人間は、海外から支援される日本人リーダーとなります。
このベクトル(VECTOR)こそが蒼き闘志の核です。これから多くの日本人が必要とする技能、それは裁判における勝利であり、体験や経験を語る指導者です。東京裁判の参加者が蒼き闘志です。
平成28年8月19日午後3時開廷集いましょう。今こそ未来の為に!勇者と知者と正義を愛する人々が行動を起こす時がきました。実際、この参加者は特別資産や技能がなくても、等しく仲間になることできるでしょう。

水素燃料電池で3時間の飛行を実現するMMCを直撃!〜[深圳ドローン紀行]Vol.02 – DRONE | ドローン専門メディア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です