東京裁判は8月19日

1920px-Tokyokan'isaibansho

現在、刑事告訴数件、民事告訴数件をたった一人で行っている匿名犯罪者の被害者相談を受け付けています。裁判は代理人もしくは経験者の意見が重要です。実際に原告とならなくても、傍聴すれば臨場感を得ることができます。特に共犯者が全面自白し、物証が揃っている今回の判決は確定しています。重要なのは職場からの給与などを確実に押さえ強制執行を行うことです。総資産4800億円のITグループ企業と和解した凄腕外国人弁護士(但し、海外居住者)のサポートによれば、匿名犯罪者は裁判では連敗し、答弁書させ手書きで原告とは無関係な内容で原告代理人(多くは弁護士)の失笑を得ています。但し、裁判では民事も、刑事も、基本は証拠主義ですから単純に笑われるだけではすみません。有罪となれば前科者です。
無料ですから平成28年8月19日の東京裁判には是非とも傍聴に来てください。

ddd66_1110_20160715-114936-1-0007

出典:日テレNEWS24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です