そして、映画化

s02

FIG. 1. Time spent using social networking sites by grades, Ottawa, Canada, 2013.

この調査では、毎日2時間以上SNSを利用している生徒に「精神的に不健康な状態の者」が多くみられたことも明らかにしています。この「精神的に不健康な状態の者」というのは、不安神経症やうつ病の兆候をもつ心理的苦痛を経験していたり、自殺念慮や精神的に満たされていない、と感じている生徒たちを指すそうです

出典:毎日2時間以上SNSを利用している若者は心理的苦痛や自殺念慮を抱えている割合が高いことが明らかに – GIGAZINE

世界では麻薬撲滅を推進する人々と麻薬によって利益を上げる人々が戦っています。そして、アフガニスタンなど紛争国は生産地であり、日本は消費地となります。日本においては、ケシ団体がどのように販路を拡大していたかという実話を元にした外国映画の話が進んでいます。日本でも摘発が強化されました。

ケシ栽培が6年ぶり減少、世界最大の生産国アフガン 国連報告、生産可能量は半減 – 産経ニュース

高校生らLINEで大麻「くさすいたいわー」「ネタ引ける?」…自称ラッパーも逮捕 京都 – 産経WEST

高校生の大麻汚染 拡大の原因はLINEと“学割” 東スポweb

日本での登場部分は気弱で孤独な少年がネット経由でケシ団体に取り込まれまそうになる。しかし、偶然知り合った警視庁イケメン刑事によって救出されるという内容です。映画の中心は外国ですが日本における薬物蔓延部分は必見となるでしょう。

「C-C-B」元メンバーを逮捕 覚せい剤所持容疑 – 産経ニュース

女子高生あっせんや覚醒剤使用 容疑の教員、相次ぎ逮捕:日本経済新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です