宇治の三大悪妖怪

66009小松和彦は、中世の日本で恐れられた三妖怪として、酒呑童子、玉藻前に加え、当時の日本で酒呑童子と並び称された鬼・大嶽丸の3つを挙げている。(ただし「三大悪妖怪」ではなく、中世の「三大妖怪」としている)[4]これは酒呑童子、大嶽丸の首、那須野の妖狐の遺骸が宇治の宝蔵に収められたと伝えられているからである。

出典:日本三大悪妖怪 – Wikipedia

宇治にある平等院鳳凰堂には、九尾の狐、大嶽丸、酒呑童子が封印されている。いずれも人心を惑わす匿名犯罪者の原型である。九尾の狐(白面の者)は、安倍晴明が朝廷軍8万を引き連れ討伐した。金太郎で有名な坂田金時など四天王を率いた清和源氏の源頼光は鬼切丸(髭切、鬼丸)を使い鬼の頭領、酒呑童子を討伐する。清水寺の諸堂伽藍建立で有名な坂上田村麻呂は3万の朝廷軍を率い、大嶽丸の仲間だった鈴鹿御前を調略し鈴鹿の鬼族を全滅させる。鬼族の一部は北に逃げ悪路王と合流するが、征夷大将軍となった坂上田村麻呂率いる追討軍10万の追撃により討伐される。いずれも、真実ではないが、全てが虚構でもない。人間が車だとすれば肉体は車体、精神が運転手である。妖怪は追い詰めれば正体が顕現する。

「時給910円」で働く39歳男性の孤独な戦い (東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース

高年収な人ほど「老後貧乏」に陥りやすい理由 | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

米誌「アトランティック」は、英国の離脱支持層とトランプ氏支持層に多い人の特徴として、
①年齢が高い
②大学教育を受けていない
③エリートへの不信感
④外国人嫌い
⑤懐古主義的などの点で重なる
と指摘する記事を掲載。メディアなどが英国の離脱派勝利とトランプ氏の予備選勝利を予測する世論調査を軽視していたことなど、「非常に共通点が多い」と分析する一方、特定の政策を問う国民投票と、指導者を選ぶ大統領選とは異なると指摘する。

出典:英離脱、トランプ氏に追い風? 支持者に5つの共通点:朝日新聞デジタル

我々のイベントは、若い青年層が多く参加している。ほぼ著名大学の卒業生であり、経営者、医師、弁護士が多く、エリートが主流を占める。海外生活者が多く、外国人の友人もおり、バカンスでは一緒に寝泊まりや食事をしている。進取の気概に溢れ冒険主義者の博愛主義者が多い。つまり、乙女と同じく、妖怪やゾンビにターゲットにされる対象である。守りを固め、集団戦のトレーニングをしなければ、家族や友人を守護することは不可能である。
妖怪ゾンビを退治する為に多くの人々が裁判の傍聴にやってくる。中世では軍勢を率いて戦い、現代では裁判や選挙で戦う。手法は変われど、知識、技能、食料、資金、人員、輸送が必要なのは同じである。集団戦の訓練を受けていないなら、ゾンビ妖怪に食い殺されるだろう。軽井沢イベントに来るか、東京裁判を傍聴するか、何もしないか、誰も強制しないし、誰も妨害しない。戦友がいないのだから畢竟、老後も確定している。

がん患者、年間推計86万人超 地域で偏り(過去最高)|日テレNEWS24

参加希望者のみクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です