米国史上最悪の銃撃事件

greenh米国史上最悪の銃撃事件が発生しました。上記は、東京在住の人を騙した人物の自宅です。多くの人々が参加可能な東京での裁判が夏に始まります。文書虚実記載を含め数多くの余罪があり、調査の結果、現在も複数の告訴を受けていました。可能な限り、ジャーナリストが張り込んでいますが、上記は留守だそうです。連続して開廷する裁判には空前規模のマスコミが来るでしょう。裏があるアメリカでの銃乱射事件と合わせて、徹底した調査と裁判による情報公開が必要です。情報公開と言う公正な真実はマスコミではなく、裁判所に属します。

米フロリダ州銃乱射で50人死亡、容疑者オマル・マティーンは警備最大手に勤務|ニューズウィーク日本版

news2790899_6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です