D計画

アイゼンハワー計画(A計画)、ブッシュ計画(B計画)、クリントン計画(C計画)など過去のアメリカ合衆国を支えた戦略が経年劣化で破綻し始めました。ダメージコントロールのために、日本の匿名犯罪者を狩り尽くす作戦を含めたD計画が始動しています。真偽は彼らの裁判を傍聴すれば証明可能です。
Dは、ヘブライ語と思われていますが、実際はギリシャ語を語源とするDiaspora(ディアスポラです。これは『撒き散らす』という意味です。入会希望者は自分自身に問うてください。解決策はありますが下記によります。

福島原発事故に「異常」なほど楽観的な日本―中国メディア — RecordChina

  1. 戦う意思はあるのか?(真実を知っても戦わないなら永遠に勝てない)
  2. 真実を知る勇気はあるのか?(情報は等価交換、価値があるほと高い)

もし、アメリカが内戦になれば多くの民が『Diaspora(ディアスポラ』です。特に核兵器による内乱を阻止したいアメリカ人は核の管理を超合衆国に委ねます。海の民による新しい環太平洋統一国家連合である超合衆国は、共通パスポートと共通通貨、そして、核の統一管理で成立します。但し、犯罪者は法の適用外ですから、彼らに国際移動や国際決済の権利はありません。(現在でも犯罪者は移住ビザが下りない。これが更に強化され家族や友人に及ぶ。)

1100万人が数時間で全滅! 日本人が知らない「破局噴火」の恐怖-iRONNA

 まず、何も持たない人は裁判の傍聴に来ることから始まります。犯罪者の集団に属すると最後は裁判で真実を暴かれ、身近な人を巻き込み破滅します。戦う意思がないなら既にゾンビですから真実を知る必要もありません。また、勇気は行動の結果ですから、裁判所に来ないならそれで終わりです。

情報源*メルマガ(クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です