特に多い問い合わせ内容

無料相談ということで、非常に多数の問い合わせを頂いております。これらの内容は出版に向けてプロファイラーによってプロファイリングされます。特に多いのが自己愛性パーソナリティ障害関連です。

自己愛性パーソナリティ障害とは、ありのままの自分を愛することができず、自分は優れていて素晴らしく特別で偉大な存在でなければならないと思い込むパーソナリティ障害の一類型である[1]。

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 13:31:48.63 ID:tPPDwskH0.net

裏切られたとかすぐ言う
(略)
19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 13:38:24.50 ID:NX/smeLJ0.net

○目上がいない歓談の場などで自分が中心にいないと死ぬほど不機嫌になる

○自分の目上、利用価値がある友人などが天才集団かのように喧伝する
なお、同一分野で本当に才能ある人間がこちら側の友人にいると知った場合親の仇のように敵視する

○こちら側に気の置けない仲の友人たちがいると知った場合、その友人たちへ憎しみを抱く。
たとえ面識が一切なくても

○友達が自分以外の人間とのほうがよっぽど仲良くしていると分かった場合、嫉妬に狂う。

Source:カオスちゃんねる : 自己愛性人格障害者を一発で見分ける方法

自分の目標や憧れを自己投影し、ナリスマシ行為が典型例です。北斗の拳で主人公ケンシロウにナリスマシたジャギというキャラクターが典型例です。特徴として、被害を受けるターゲットは人格障害者と面識が無かったり、挨拶程度の関係が多くを占めるということです。普通の人間的トラブルは、親しい交際やビジネス関係などで接触時間が長い場合に発生します。しかし、普通の人々ではない自己愛性パーソナリティ障害者は、アイドルなど著名人と自分自身の境界線(ボーダーライン)を理解できません。

現在、問い合わせで最も多数を占めるのが上記の相談です。無料ですから、気軽に問い合わせ事項を遵守し、コメントして下さい。氏名、年齢、住所、職業、電話番号などがない場合は、Spam(悪質モンスター相手)として自動的に登録します。みんなで解決していきましょう。プロのモンスターハンター(弁護士やIT調査会社)も無料で紹介できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です