ステルス大戦

米軍産・ネオコンが仕掛けた大義なき選挙 前回メルマガにも書いたとおり、海外シンクタンクの複数のリサーチャーによると、今回の突然に実施された衆議院選挙は、米軍産・ネオコン系のエージェントであるジャパン・ハンドラーが仕掛けたものであるということだった。 その目的は、基本的にリベラル勢力である民進党を解体して、自民と希望の党の保守系二大政党の体制を構築し、日本を東アジアにおけるアメリカの軍事的覇権を確保する拠点としてさらに整備することにある。 この目的を実現するために、ジャパン・ハンドラーの影響下にある小池を自民から分離させて希望の党を結成させると同時に、前原や細野に資金を提供して、民進党を解体するシナリオを作った。この結果、衆議院選挙の後には、保守のみの二大政党制が出現するはずであったという。

出典:アメリカ軍産複合体の選挙シナリオはなぜ崩れたのか?予想される次の展開=高島康司 | マネーボイス

真実を知るには、真実の場に行く以外に選択肢はない。

焦点東京や大阪の大都市圏では、希望や立憲民主、維新などの政党が話題に上る今回の衆院選。だが、一歩地方に足を踏み入れると、揺るぎのない「自民一強」の風景が広がる。:消滅可能性日本一の村、自民安泰 「3本の矢は1本も届かず」 

人間は必ず死ぬ。人口は増える時があれば、減る時もある。自然の流れに従えば、誰が勝利して誰が敗北したかを知ることは容易である。誰が勝ったかわからないなら誰が負けたかを知ればいい。法廷には勝者と敗者が現れる。そして、それは大戦も同じである。<高知地方裁判所>
2018/1/29(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です