鬼哭


出典:インド石炭火力発電所で爆発、16人死亡 最大100人負傷:AFPBB News

黒澤明の『夢』という映画がある。「日照り雨」「桃畑」「雪あらし」「トンネル」「鴉」「赤冨士」「鬼哭」「水車のある村」の8話からなるオムニバス形式。黒澤明自身が見た夢を元にしている。「赤冨士」とは、大音響と紅蓮に染まった空の下、大勢の人々が逃げ惑っている。私は何があったのかわからない。足下では、疲れ切った女性と子供が座り込んで泣いている。 見上げると富士山が炎に包まれ、灼熱し赤く染まっている。原子力発電所の6基の原子炉が爆発したという。居合わせたスーツの男は、懺悔の言葉を残すと海に身を投げた。やがて新技術で着色された、致死性の放射性物質が押し寄せる。私は赤い霧を必死に素手で払いのけ続けた…。 この放射能に対する着色とは放射線量を識別するカメラ技術を表している。これは福島第一原発事故を潜在意識もしくは、顕在的に想定したと思われる。「鬼哭」とは霧が立ち込める溶岩荒野を歩いている私を、後ろから誰かがついてくる。見ると、1本角の鬼である。世界は放射能汚染で荒野と化し、かつての動植物や人間は、おどろおどろしい姿に変わり果てていた。鬼の男もかつては人間で農業を営んでいたが、価格調整のため収穫物を捨てた事を悔やんでいた。変わり果てた世界で何処へ行けばいいのか惑う私は、苦しみながら死ぬこともできない鬼に『オニニ、ナリタイノカ?』と問われ、ただ逃げ出すことしか出来なかった。鬼とは匿名犯罪者と匿名犯罪者を生み出すシステムだ。

「子供を殺してください」という親たち 1巻 (バンチコミックス)

ロシア偽広告、FBで1.2億人閲覧か 米大統領選前後:朝日新聞デジタル

裁判に前回は大勢が傍聴し、真実を知る人々が動き始めた。匿名犯罪者はネットに潜むが犯罪色相の高い犯罪者は順次、逮捕され始めた。調査システムSSが間に合わなければ被害者は更に増加した。

【座間9遺体事件】事件研究のプロが語る「特異なのは『数』だけではない」

<高知地方裁判所>
2018/1/29(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

出典:CO2濃度、過去80万年の最高記録を更新 WMO発表

私は旅先で、静かな川が流れる水車の村に着く。壊れた水車を直している老人に出会い、この村人たちが匿名犯罪者の技術を拒み自然を大切にしていると説かれ、興味を惹かれる。話を聞いている内に、今日は葬儀があるという。しかしそれは、華やかな祝祭としてとり行われると告げられる。戸惑う私の耳に、賑やかな音色と謡が聞こえてくる。村人は嘆き悲しむ代わりに、良い人生を最後まで送ったことを喜び祝い、棺を取り囲んで笑顔で行進するのであった。長野県安曇野市で撮影されている。日本史は2018/1/29(月) に動くがそれを知るには行動する以外に選択肢はない。情報はネットで得られるのではなく、自分の足で体験する必要があるからだ。

長野県【大麻所持で22人一斉逮捕】名前や顔も一部公開『池田町』では過去にも逮捕者が…? | 危機タイムズ

出典:なんだと思う!? 海外メディアが「日本が直面する3つの問題」を報じる | ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です