第5次エネルギー革命

どちらのサイドに所属するのも、自由である。しかし、我々は日本においても、第5次エネルギー革命は成功した。ソーラールーフを装備した高断熱高気密住宅、そして、電気自動車を配備している家(ハイドライド型非常用発電機完備)には、video chatによる定例会議が行われている。誰も害するつもりはない。西洋タンポポの敵は日本タンポポだとしても、日本タンポポの敵はウィルスである。大戦中からドイツでは人造石油技術が世界一だった。戦後もドイツでは製鉄などに使用するコークス製造に伴い生産されるタールから、自動車燃料として用いられるモーターベンゾールが1958年、324,300トンも製造された。また、都市ガス工場でもこの年、15,100トンのモーターベンゾールを産出した。このドイツ系人造石油技術を移植したのが炭鉱が多かった北海道大学である。

インフル患者増、なぜ今年は早い? 8月には1歳児死亡:朝日新聞デジタル

シニアマネージャー以上の多くは、知能指数120以上であるが彼らの読書数は半端な数ではない。彼らの尽力により、失敗世代(ゆとり世代)以降の一部の日本教育は劇的に復活している。上位20%の読書数は激増した。にhんには二種類の人間がいる。極少数の超人天才を除いても、上位2割は賢い。しかし、残りの8割が悪意なく足を引っ張る。悪意はないが、頭が悪い。だから勉強する必要がある。無償のテレビやネットではなく、有償の本を電子購入したり、図書館に通い労力を使う必要がある。これを等価交換という。匿名犯罪者との裁判により多くの司法修習生がSNSに書き込んだことが決定打となった。8割の内4割が動けば上位2割と合わせて52%だ。

書店のない自治体が2割に――本との「出会い」はネットや図書館へ | ダ・ヴィンチニュース

出典:揚水発電、水くみ上げ昼夜逆転 太陽光普及で思わぬ現象:朝日新聞デジタル

我々の敵は我々を攻撃する匿名犯罪者と脱真実を信奉する勢力である。真実を知る努力を放棄して、彼らが嘘を拡大再生産した結末映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』となった。無償の情報ほど有害なものはない。嘘を信じるものは救われないが、真実を知るものは救われる。

有料メルマガ

出典:北海道大学は常温で利用でき、高価な銀パラジウムを利用した合金膜より50倍高い水素透過速度を持つ新しい水素分離膜の開発に成功。燃料電池への高純度な水素供給の簡易化に貢献するという。

人間が歴史を学んで分かることは、人間は歴史から何も学ばないということだけだ

- ヘーゲル (Georg Wilhelm Friedrich Hegel) -

歴史は繰り返す。しかし、歴史に学ばぬ者は同じ状況で同じ過ちを繰り返す。

- ウィンストン・チャーチル -

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です