ヒートショック死者は年間1万7000人

出典:ヒートショック どう防ぐ 風呂場で血圧危ない急変動 暖房機を活用 入浴時間や水分補給も注意 – 西日本新聞

ヒートショックによる死者は年間1万7000人 東京都健康長寿医療センター研究所がおこなった調査では、2011年に全国で約1万7000人もの人々がヒートショックに関連した入浴中急死にいたった、と推計されました。 交通事故による死亡者数の4倍以上であり、そのうち高齢者は8割を超える1万4000人にもおよびます。

出典:ヒートショックの死亡者数は交通事故の4倍!今日からできる7つの対策

目に見えない電気を知るには電流計や電圧計が必要だし、放射線量を測るにはガイガーカウンターがいる。エネルギー効率を上昇させるには、設備投資以外にも断熱と気密化が必須である。日本の工務店やハウスメーカーは高い値段で安普請の住宅を作る業者が多い。質が低下したのは政治家だけではない。実際にプロに計測を委ね、設備や断熱を実行するも自由だし、何もしないのも自由である。正しい選択をした人々が繁栄するのが盛者必衰の理だからだ。

良い住宅を作っても、盛り土のように脆弱な地盤に作られていれば地震で倒壊する確率は高い。欧米では古い住宅の方が価値があるのは、数百年大きな災害が発生していないからだ。それと同じく一番重要なのは宅地である。

高台でも危険あり。盛土造成地にご用心 [住みたい街 首都圏] All About

気候変動により熱波や寒波が到来することが増加している。電気代やガス代は年々高騰している。消費税も近く10%に上昇する。2025年に向けて負担は激増する。

消費税率引き上げ 自民・公明は必要性強調 野党は凍結など主張 | NHKニュース

日本は匿名犯罪者の活動により負荷は暗愚な人に集中する構造になっている。

ミッドウェー海戦の敗因を偵察や情報などの視点から見てみると、筑摩搭載の偵察機が雲上飛行を行ったため敵を見落としたとか、利根機の発艦や報告が遅れたとかの戦術的敗因や、電報処理の不適切なども大きな要素であったが、その根底にはパイロットに「攻撃という派手な仕事には生命を賭けても行きたがるが、事前の準備とか索敵とかいかいう綿密地味な仕事には行き渋る」気風があり、偵察はパイロットの常識とみなして特別の教育も訓練も行わず、偵察を任務とする航空機も保有していなかったことにあった。このように偵察を軽視していたため、ミッドウェー海戦では偵察を主として戦艦(1機)や巡洋艦(4機)などの艦載水上偵察機に期待し、「攻撃兵力をできるだけ減らしたくなかったので索敵に当てる艦攻の数を減らし」たと、空母からは赤城と加賀から艦上攻撃機各1機を派出したに過ぎなかった。日本海軍の偵察や防御軽視は空母搭載機の機種の比率をみても明らかで、表に示すとおりアメリカ海軍は、偵察・戦闘機を19機、戦闘機を27機保有するなど、偵察や艦隊防空にも力を割きバランスのある構成をとっていた。

出典:情報軽視と攻撃偏重

日本に蔓延する欠陥住宅や低性能住宅が発生した理由は、情報軽視が原因である。35年ローンで3500万円の家を購入するなら最低でも350万円から700万円はプロの建築士や省エネ再エネのコンサルタント費用に使うべきである。偵察機に航空戦力を割くことを躊躇った日本海軍は4隻の空母全てを失い、ミッドウェイ海戦で破れ、太平洋戦争にも破れ、大日本帝国の崩壊にまで発展する。

欠陥住宅事件簿(事例紹介)断熱材の欠陥による被害:ストップ・欠陥住宅!日本建築検査研究所

Nothing is scarier than free goods.

世界の基本は等価交換であり、ただより怖いものはない。上記のFree Goodsとは恐怖の対象というのがこの地域の常識である。平安末期、朝廷の権威にしがみ付き贅沢三昧な生活をしている公家もいたが、高価な鎧や騎馬、日本刀で武装する武家もいた。両者は貴族という種族としては同じ種であるが、選択により未来が分離した。庶民も下記の足軽となり働く百姓もいたし、変化への適用を拒絶した人もいた。出典:足軽 – Wikipedia

無料というハウスメーカーのテレビ放送を信じることに誰も反対しない。価値がない情報に金を払う人はいないし、優秀な人も集まらない。誰が勝利したかをするのは簡単である。

有料メルマガ(機密及び断熱調査)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です