磨穿鉄硯

磨穿鉄硯(ませんてっけん)

強い意志を持ち続けて、達成するまで変えないこと。
または、休まず学問に励むこと。
「磨」はすり減らす、「穿」は穴をあけるということ。
鉄の硯に穴を空けるほど学問に励むという意味。

衆院解散に伴う野党の混乱ぶりを、日本政治を専門にする海外の研究者はどう見ているか。東京大学社会科学研究所の客員研究員として半年間日本に滞在し、調査・研究を行ったロシア出身の若手研究者コルシェーンコ・エレナさん(28)=ベルリン自由大学大学院博士課程在籍=は、民進党の分裂について「野党第1党が、できたばかりの誰も知らない新党に吸収されるのは世界を見てもあり得ない」と驚きを隠さない。また、新党に合流するために安全保障政策への態度を変えた民進党の前職らを「ご都合主義ではないか」と指摘した。(原川貴郎)

出典:【衆院選】ロシア人若手女性研究者「野党第1党ができたばかりの新党に吸収 世界見てもあり得ない」 民進党分裂劇に驚き

日本で一番勉強しているのは外国人の研究者である。日本の裁判に対しても彼らは一大汚辱として興味を持って調査している。彼らは目先の政治的戯曲より、本質の司法に対して興味を持っている。

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

出典:2015年度国民医療費、超高額薬剤の影響で3.8%と大幅増の42兆3644億円に―厚労省 | メディ・ウォッチ | データが拓く新時代医療

後期高齢者になると、医療・介護費用がこれまでとは段違いに多くなる。たとえば医療費は、全国民の平均は年間30万円程度であるが、70歳で80万円、80歳になると90万円になる。また介護が必要になる人の比率は、65歳では3%程度だが、75歳を過ぎると15%に上がり、80歳で30%、90歳で70%となる。後期高齢者の数に着眼すると、高齢社会になった1995年は720万人であったが、超高齢社会になった2010年には1400万人と倍増し、さらに2025年には、団塊の世代を含めて2200万人になると予測されている。この医療と介護の社会的費用がピークを迎える年が団塊の世代全員が後期高齢者になる2025年というわけである。

出典:2025年、社会保障制度は破綻の危機?団塊の世代全員が後期高齢者に – ライブドアニュース

真の貧困は「2025年」から始まる。
ソシオパスの告白

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です