教唆罪

教唆犯は,実行正犯者に準じて処罰される (61条1項) 。人をそそのかして犯罪をさせた者は実行した者と同じ刑となる。弁護士は金を支払った依頼人の希望を確かに叶えた。憐れで哀れな年末を迎える敗北者となるだろう。ドイツより合掌

「子供を殺してください」という親たち 1 (BUNCH COMICS)

――カイゼルは去っても将軍が残る。将軍が去ってもナチスが現れる。

20年ほど前、同じ目的をもって「ゆとり教育をはじめる」と騒がれはじめたとき、筆者は予備校の教室で叫んでいたものです。

――この教育改革はかならず失敗する。

そして、この「ゆとり世代」が日本の経済を担うようになったとき、その教育改革の失敗のツケを20年、30年かけて支払わなければならないことになるだろう。

筆者の“予言”は的中し、ゆとり世代が社会人となるとそれまでの若者が当たり前のようにできていたことがまったくできない若者が続出し、産業界を狼狽(ろうばい)させました。そこに至ってようやく政府も「ゆとり教育」の失敗を認め、これを脱却することになりましたが、あまりにも遅きに失しています。

先日、文部科学省の馳浩大臣が「ゆとり教育と決別する!」と発言したことに関して、ゆとり世代の若者が「そうですか、我々は失敗作ですか」と反発したことが報道されましたが、残念ながらその通りです。まごうことなき「失敗作」です。

出典:笑止千万の教育改革、“エセ教師”がはびこる日本は「科挙」の二の舞:nikkei BPnet 〈日経BPネット〉


衆議院解散、事実上の選挙戦に突入 10月22日投票 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

それぞれの個人にとって重要なのは2017年10月22日ではなく2017年10月23日午後(高知地方裁判所)である。前回から急激に増加した傍聴人の数が全てを物語っている。真実を知る傍聴人や司法生が新時代のプレイヤーであり、勝利者だ。典型的な重度引きこもり無職のゆとり世代(1987年4月2日生まれ2004年4月1日生まれ)」である山内敏史被告(生年月日1990年1月25日)は、身近にいる元凶に気づくことができない。彼は症状であり、自然発生したのではない。子供の死を祈る親たち (新潮文庫)

なぜ「ゆとり世代」は自己肯定を求めるか 脳科学者 茂木 健一郎 

『我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ。』

- ウォーレン・バフェット -

歴史は繰り返す。しかし、歴史に学ばぬ者は同じ状況で同じ過ちを繰り返す

- ウィンストン・チャーチル -

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です