針の眼Eye of the Needle

本書によると、イギリス側は41年、ドイツ側のスパイを二重スパイに変える「ダブル・クロス・システム」を監督する極秘組織として、「二十(XX)委員会」を創設する。このシステムの任務は、連合軍の上陸作戦はパ・ド・カレーであり、ノルマンディとノルウェーは牽制(けんせい)作戦に過ぎない、という戦略的欺瞞(ぎまん)作戦「フォーティテュード作戦」であった。作戦の指導部は天才と狂気の間のグレーゾーンで暗躍する担当将校であるが、彼らと一心同体の5人の二重スパイもそれ以上に変人ぞろいだ。セルビア人のプレイボーイ、カジノ好きの在仏ペルー大使の娘、ポーランド空軍将校、ソ連生まれのフランス女性、養鶏学の学位を持つスペイン人。この5人の工作員は、スペイン、ポルトガル、ヴィシー・フランスでドイツ側の担当将校と接触する。話術と演技力だけを武器にして、ドイツ軍上層部、果てはヒトラーまでも騙(だま)して盲信(もうしん)させ膨大な奨励金、担当将校すら羨むような鉄十字勲章をせしめた兵(つわもの)もいた。二重スパイの言動のチェックは至難の技だ。だが、イギリス側には予期せぬ助っ人がいた。ヒトラーと入魂(じっこん)の間柄のドイツ大使大島中将が彼との会話を詳細に外務省に伝え、それをアメリカが暗号解読しイギリスに伝えたからである。この英独情報戦は、さすが「スパイの最先進国」の異名を持つイギリス、完璧な勝利であった。(法政大学名誉教授 川成洋)
出典:英国二重スパイ・システム ベン・マッキンタイアー著 ドイツを欺いた情報戦の裏側 :日本経済新聞

(朝鮮日報日本語版) 【コラム】金正恩が韓国人の預金をゼロにする日 (朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュース

図3にある通り、1992年当時、約6割の生活意識は「普通」だった。これがいわゆる「一億総中流」という日本独特の生活意識だ。ところが、2014年には「普通」と答える人は34.0%に減り、62.4%の人が「生活は苦しい」と回答している。ゆとりのある生活を送れている人は、わずか3.6%。日本人はどんどん貧しくなっているのだ。いったいこの国はどうなるのか。次回からは「税金」や「介護」といったテーマをあつかう。結論を先取りすれば、日本はこれから「貧しい国」に転落していく。われわれはその現実を踏まえたうえで、将来に備えておく必要がある。

出典:どんどん貧しくなっている日本人  – ライブドアニュース

真実を知らずに外交はできない。目を瞑って歩けば、怪我をする。簡単なことを言えば、真実を知るために行動する人間は勝つ確率が高く、無料ネット情報(フリーな宣伝情報)しか得られない人間は貧しくなる確率が高い。つまり、彼らの逆を歩けば安全ということだ。これは歴史的に実証されている。

未来を語る前に、

今の現実を知らなければならない。

現実からしかスタートできないからである。

- ピーター・ドラッカー -

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です