漸減邀撃作戦

出典:北朝鮮の国営メディアは、ミサイル発射時を撮影したとする映像を放送した

太平洋戦争における航空運用の実相
―運用理論と実際の運用との差異について―
由良 富士雄
要約
日本陸海軍は、第1次世界大戦の教訓を学びつつ、自らの運用構想に基づいてその航空運用理論等を発展させた。しかし、陸海軍とも実際の太平洋戦争の作戦において航空戦力を事前に想定していた形では用い得なかった。本小文では、陸海軍の航空運用理論と実際の運用を比較し、航空運用理論のどのような点が適応でき、適応できなかったかを明らかにし、その上で想定していなかった作戦において適応できた要因について考察する。

北朝鮮の水爆実験とICBMの発射が相次いでいる。多くのマスコミは真実も報道しているが、真実以外も報道している。大日本帝国は何をしてもアメリカ合衆国の首都ワシントンを陥落することはできない。しかしながら、ドイツ第三帝国はモスクワを落とし、対ソ戦で勝利する可能性があった。日本の戦略として、勝てない対米戦で戦力を消耗させることではない。対ソ支援ルートを遮断することである。基本的に裁判で多くの真実が表面化した。下記の裁判が日本より外国で重要視される理由である。黒の騎士団が展開しているドイツ及びEUは、来月のメルケル選挙が終われば、本格的な対露作戦を発動させる。
真実も報道するが、嘘も報道する日本のマスコミに頼る日本が勝てる可能性はない。しかし、嘘も報道するが真実も報道する日本が短期間で滅亡する可能性もまた同時にない。そして、リアルタイムで”スパイの血脈”が明らかにされる。そして、戦後が終わる。そして、真の恐怖の戦前が始まる…..

エンジン流出疑惑を否定=北朝鮮ICBMでウクライナ:時事ドットコム

【大前研一のニュース時評】北ロケット提供「疑惑」はウクライナじゃない ロシアでしか作っていない液体燃料も…  – zakzak

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です