AI大戦

「第三の技術革新は第三次世界大戦を引き起こす可能性がある」

マー氏は、今年2月のアリババオーストラリア本部設立時には「貿易が止まれば、戦争が始まる」と述べ、国際貿易の減速が引き起こす危険について警鐘を鳴らしていた。

マー氏は、機械学習などの新技術による雇用喪失や、政治体制にのしかかる経済的負荷が、変化を味方につけ大きな成功を収める勝者と取り残される敗者の衝突を生み出すと考えている。

出典:「AIは第三次世界大戦を引き起こす」中国アリババCEOが危険な予言 (BUSINESS INSIDER JAPAN) – Yahoo!ニュース

既に外科医として働ける機械が登場している。一般の外科医程度の知力では世界最高レベルのAIに勝つことはできない。しかし、現在のところ藤井聡太四段(15)に勝てるAIも存在しない。歩兵を増やすか、騎兵を増やすか、弓兵を増やすか、銃兵を増やすか、水上艦を増やすか、潜水艦を増やすか、大砲を増やすか、航空機を増やすか、考えるべき時だ。

消費回復広がり、まだら模様 GDP4.0%増も賃上げ進まず(フジサンケイビジネスアイ) – goo ニュース

ある村は平等な百姓しかいない。ある村は侍や僧侶がいる不平等な社会である。前者は画一性社会、後者は多様性社会である。

2017年7月15日、マスク氏はアメリカ政府とのミーティングにおいて、「ロボットが街で人殺し始めるのを見るまで、人々は実感を持ちません。AIは、『ことが起こる前に』規制が必要となるまれなケースだと考えています。AI規制の場合、『ことが起こってから』だと遅すぎるためです」「通常、規制は悪いことが何度も起こってから作られます。

出典:「AI脅威説は無責任」というマーク・ザッカーバーグに対してイーロン・マスクが反論するバトル – GIGAZINE

量子コンピューターに最も相性が良いバイオコンピュータを根拠とした演算でもイーロン・マスクと同じ結論に達する。違いがあるとすればマスクの計画が金持ちによる火星移住計画とすれば、所得に関係なく知的水準の高い人々による新戦術という計画もあるということである。少なくともAIより賢いノードを形成し最もAIが苦手とする不確定性原理をつく戦術訓練が必要である。福島第一原発が爆発するまで、原発が危険だと認識できなかった人間には何もできない。爆発後、間違った選択をとった人間も同様である。未来は知恵と勇気を必要とする。

フローレス原人を絶滅させたのは現生人類だった? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

トランプ氏の支持率34%、過去最低を更新 米世論調査:朝日新聞デジタル

韓国人「AI同士が人間には理解できない隠語で対話し始めたのでシステムを強制終了する」 : カイカイ反応通信

米企業首脳、トランプ大統領の助言役の辞任相次ぐ インテルCEOら – SankeiBiz(サンケイビズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です