日宋貿易と日本の近未来

日本へは宋銭、陶磁器や絹織物、書籍や文具、香料や薬品、絵画などの美術品などが輸入された。日本からは銅や硫黄などの鉱物や周防など西国で産した木材、日本刀などの工芸品が輸出された。日本に輸入された宋銭は、日本社会における貨幣利用の進展に役立ち、仏教経典の輸入は鎌倉仏教にも影響を与える。 当時の船は転覆しやすかった。そのため宋から日本に渡る際、船底に重りとして宋銭を敷き詰めた。船底に敷き詰められた宋銭を見た日本人は、貨幣の概念や利便性を再認識した。そして、宋銭が輸入され日本で流通するに至った。
出典:日宋貿易 – Wikipedia

日宋貿易で日本が輸出したのは、硫黄、銅、日本刀、砂金などである。硫黄は火薬の材料であり、南宋での産出量は少量であった。日本刀は近接用の武具であり、火器は遠距離用の武器である。そして、銅は宋銭の材料であり、砂金は少量で価値があるために遠距離交易の贈答用に役立った。いずれも南宋の生命線であり、これを立つために文永の役が発生する。

バヤンは自ら20万の大軍を率いて漢水に沿って襄陽から安陸府へ南下し、漢口(武漢)で南宋の艦隊に阻まれた。呂文煥の案内で密かに軍の一部を徒渉させて艦隊を挟撃する構えをとったことで、おびえた南宋艦隊は撤退し、1274年には鄂州がモンゴル軍の手に落ちた(鄂州の役 (1274年))。 もともとバヤンはクビライにむやみに敵を殺害することを避け、できるだけ無傷で降伏させていくよう命令されていたため、鄂州でも一切の略奪を禁ずるなど丁重に扱っていたが、これが南宋側にも伝わると続々と投降者が出た。

出典:モンゴル・南宋戦争 – Wikipedia

密告を奨励すれば、わずかな金銭で膨大な情報が寄せられる。これが今の日本の現状である。真偽は裁判を傍聴するだけで理解できる。既に勝敗は決して、誰が勝利し、誰が敗北したかを確認するだけである。

加計学園獣医学部の擁護派が国家戦略特区申請コンサルティング会社で荒稼ぎ、諮問会議メンバーも兼ねる最悪の事態に | BUZZAP!

<高知地方裁判所>
2017/8/28(月) 16:00 開廷
被告:山内敏史(代理人も法廷には来ない)
(密告により東京地裁での別裁判で共犯者が発覚する)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

真実は一つであり、自ら足を運び確認するか、等価交換の原則に従うか、この世で最も高いのは無料(フリー)である。無料の情報とはこれ即ち宣伝に過ぎず信じた人間は法廷(10年裁判)で順次、裁かれていく。我ら海外居住者の力を信じるか、信じないかは、勝敗に直結する。日宋貿易の内容を分析すれば、モンゴル帝国に勝ち目はなかった。そして、同じ理由で文禄・慶長の役も勝ち目がない。本能寺の変がなければ、織田軍は島津や北条と衝突しただろう。そこで発生するのは大虐殺である。理由は簡単で、一所懸命という土地に依存する封建主義は時代遅れだったからだ。諸侯は貴族となり、武士は常備軍(国民軍)となる。これが織田軍の基本である。これは小規模地主制度や座という既得権益の破壊である。武士と百姓が同じ土俵で募兵されたとしても、武士の方が有利なのはすぐに理解できる。しかし、わずかな土地に寄生していた薩摩や関東の武士団はそれが理解できない。君主である島津や北条は理解できるかもしれないが、壊滅的な敗戦、つまり、長篠の戦いのような惨状を経験するまで部下である国人や地侍は納得しない。そして、土地に寄生し敗者となった既得権益層を皆殺しにするのが賃金兵士である織田軍および従来、抑圧されてきた百姓である。秀吉軍は朝鮮や中国の土地を欲した。しかし、土地を得ても、補給は続かない。つまり、必ず敗れただろう。だが織田軍は交易ルートの確保のために出兵する。交易の富があれば、現地で募兵しても、日本から募兵して輸送してもいいが、東インド会社のように補給も補充も困ることはない。同じ理由で匿名犯罪者が駆逐されるのは既に確定した未来であり、そして、世界最弱である日本の脱真実派は10年で駆逐される。

韓経:【社説】在韓米軍撤退論まで出てくる韓半島の状況 | Joongang Ilbo | 中央日報

有料メルマガ(公式イベント情報)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です