なぜ日本の年金は破綻したのか?

日本の病根を知るには裁判を傍聴し真実を知る以外に選択肢はない。インターネットは脱真実の根源であり、マスコミは真実も報道するが嘘も報道する。偽証罪が存在する法廷が最も合理的に真実を知ることができる。

<高知地方裁判所>
2017/8/28(月) 16:00 開廷
被告:山内敏史(代理人も法廷には来ない)
(密告により東京地裁での別裁判で共犯者が発覚する)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

日本人の老後の経済状態が、世界ランキングで見て最下位に近い状態に置かれているのをご存じだろうか?年金支給額を減らすことで、形としての制度を維持することはできても、日本の年金はすでに半ば破綻しているのだ。我が国はいったい何を誤ったのか?

出典:「死ぬまで働く明るい老後」の無残。なぜ日本の年金は破綻したのか?=矢口新 | マネーボイス

出典:箱根山大噴火への覚悟を かつて首都圏も襲った火砕流と火山灰(巽好幸) – 個人 – Yahoo!ニュース

いずれにせよ、朝鮮戦争で犠牲になった韓国の民間人の相当部分が、北朝鮮軍によって殺されたのではなく、自国の政府によって殺されたことを忘れてはならないでしょう。(金東椿氏は、北朝鮮軍がのちに国連軍によって北へと押し戻される際、同様の規模で「南の協力者」の集団処刑を行ったとも推測しています)この大量処刑で、政府批判はピタリと静まります。政府にとって、この措置は極めて効果的であったのです。
(中略)
焦った李承晩は日本の山口県に亡命政府を受け入れてもらうよう、日本と交渉を始めています。大の日本嫌いであったにもかかわらず、日本に助けを求めたのですから、まさに恥も外聞もありません。

出典:100万人処刑? “韓国史最大タブー”の教訓

猛暑…アルプスの氷河溶ける FNN

欧州南部で「悪魔」の熱波が猛威、伊ナポリで体感気温55度:AFPBB News

刻一刻と時間が平等に過ぎていく。選択を誤ると犯罪者となり、老後破産となる。黒の騎士団が展開するドイツや北欧諸国は、「考える力」を鍛える教育を実践していることだ。日本の教育の失敗は、裁判を傍聴すれば理解できる。精神を病み重度の引き篭もりとなった子供を親が甘やかし、犯罪を繰り返し、何度も逮捕される。時間は有限であり、最悪の選択は何もしない、行動しないというという選択だ。これは確実にデンマークとは真逆の老後親子破産なる選択である。そして、この家族が他人事だと考えている人々である。これは仲間を作るための正当性に反している。日々、不利になっている状態で、何も行動しなければ更に不利になる。裁判で裁かれる姿は近未来の自分自身であるという想定を受け入れることができない。そして、必ず破滅のその時がやってくる。誰も強制しないし、誰も妨害しない。そして、待っていれば何とかなる?では待ってみましょう。漂流する先に彼らを待つ未来こそ、来年から一部の日本の私学教育にもと理入れられるグローバルな実学の内容だからです。多くの司法修習生が高知地裁にやってくる理由でもあるのです。

老人漂流社会

格差と貧困のないデンマーク―世界一幸福な国の人づくり (PHP新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です