ZQNの犯罪

ZQNは頭が悪く、結末を想像できません。Twitterやフリーメールで匿名犯罪を繰り返せば、文書偽造の罪や詐欺罪が加算されます。偽名登録でフリーメールやSNSを登録すれば、安全になるのではなく、余罪が増大します。しかし、そんな簡単なことさえ想像できないのがZQNです。SNSで匿名犯罪者(刑事告訴済み)を調査した結果、8割以上のフォロワーが上記の潜在犯罪者でした。日本における教育の失敗が、犯罪者を量産したのです。犯罪者のSNSを調べるだけで簡単に犯罪者が釣れます。ZQNとは、ある人によってはゾンビであり、他の人によっては人格障害者、つまり貴方の近くにいる潜在犯です。

「東日本大震災の支援かたり現金詐取容疑、10人逮捕」 News i – TBSの動画ニュースサイト

アメリカ精神医学会(APA)が作成した“精神障害の統計・診断マニュアル”であるDSM‐Ⅳ‐TR

DSM‐Ⅳによる妄想性人格障害(Paranoid Personality Disorder)の診断基準

全般的な疑いの深さの傾向が成人期早期までに始まり、種々の状況から明らかになる。人々の行為や出来事を故意に自分をけなしたり脅かすものと不当に解釈する。それは以下の7つの基準のうち、少なくとも4項目以上があてはまる。

1. 十分な根拠がないにもかかわらず、他人が自分を利用したり危害を加えようとしていると思い込む。

2. 友人などの誠実さを不当に疑い、その不信感に心を奪われている。

3. 何か情報を漏らすと自分に不利に用いられると恐れ、他人(友人)に秘密を打ち明けようとしない。

4. 悪意のない言葉や出来事の中に、自分をけなしたり脅かすような意味があると思い込む。

5. 侮辱されたり傷つけられるようなことがあると、深く根に持ち恨みを抱き続ける。

6. 自分の評判や噂話に過敏で、勝手に人から不当に攻撃されていると感じ取り、怒ったり逆恨みしたりする。

7. 根拠もないのに、配偶者や恋人に対して浮気や不倫の疑いを抱く。

出典:妄想性人格障害(Paranoid Personality Disorder)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です