エネルギー投資組合と御成敗式目

■まとめ

国は2020年までに省エネ基準の義務化やZEHの標準仕様化を目指しています。もちろんエネルギー消費量を考えたゆえのことではありますが、これによって私たちの住宅が快適で暮らしやすいものになることが予想されます。省エネ基準の義務化にともない、省エネと創エネを実現していきましょう。
出典:省エネ基準義務化って?住宅・生活にはどんな影響があるの?|ウーマンエキサイト

省エネルギー住宅が義務化される。それに伴いエネルギー投資組合の準備をしている。しかし、匿名犯罪者の追跡調査で新たに発覚した詐欺事件のような訴訟がこれから激増する。今後、これらは書籍化され国会図書館でも閲覧可能である。

荒れるメルカリ、利用者のモラル崩壊でトンデモ事態続出 | ビジネスジャーナル

出典:木造軸組構法 – Wikipedia

木造枠組壁構法(もくぞうわくぐみかべこうほう)とは、建築構造の木構造の構法の一つであり、一般に技術が公開されているオープン工法である。北米では単に「Framing」と呼ばれるが、日本では通称「ツーバイフォー工法」と呼ばれる。19世紀に北米で生まれ、その後アメリカ全土に普及した。開拓者が自ら作る為のキットハウスが、その原形とされる[1]。現在、欧米では標準的な木造住宅の構法であるが、日本でも1974年に三井ホームによりもたらされ、その後、数多く建築されるようになった。基礎を含めたスケルトンとよばれる構造躯体と、設備や仕上げ、間仕切り壁などのインフィルとよばれる、二つの要素から成り立っている。[2]。 木造枠組壁構法は耐力壁と剛床を強固に一体化した箱型構造であり、木造軸組構法が柱や梁といった軸組(線材)で支えるのに対し、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える。そのため、高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性をもつといわれる。
出典:木造枠組壁構法 – Wikipedia

中世日本では貴族のための律令が存在した。しかし、武家のための法律が存在しなかった。エネルギー投資組合は名誉を尊ぶ存在であり、匿名犯罪者を放置できない。彼らのネストは既に警察が抑えた。あとはクラスターを調査すれば芋づるで一網打尽に書籍化できる。民事裁判は公開が原則であるからだ。在来軸組工法住宅は省エネルギー規格に適合できない。多くの大工を救うためには省エネルギーを実現するためのエネルギー投資組合が必要である。しかし、悲しいことに詐欺を働く人間はいつの時代も存在する。それに応じたのが御成敗式目である。悪人を成敗する為に鎌倉幕府が定めた法律である。

www.fnn-news.com: トヨタ販売台数 世界3位に転落

ドイツの「エネルギー転換」が大失敗だったと明らかに(川口 マーン 惠美) | 現代ビジネス | 講談社

ナチスドイツが航空燃料を石炭から作ったのはコストの問題ではなく、リスクの問題である。ドイツが原発を停止した時、一番問題となるのはロシアからの天然ガス供給である。政治的にプーチン大統領が決断すれば、いつでもロシアは天然ガスの供給を止められる。そうなればドイツはエネルギー危機となる。その為にコストを度外してもエネルギー転換を推進している。悪口など不法行為を行えば社会的制裁がどの程度大きなものになるのか、匿名犯罪者は知ることになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です