Twitterの対応

twtteroteTwitterとの交渉結果です。

近年、日本ではTwitterを使った脅迫事件、ナリスマシ、個人情報の漏洩、名誉毀損や信用毀損が増加しています。匿名犯人は海外のProxyを経由していますが、ログは海外のProxyに残っています。英語力と時間が必要ですが開示請求に応じてくれます。僕は割れ窓理論という環境犯罪学を学びました。軽微な犯罪を取り締まれば、大きな犯罪の抑止効果となります。子供は大人の真似をします。つまり、大切なのは匿名犯人の書き込みが真実かどうかを民事刑事の裁判で明らかにする事です。そのような地道な活動により、下記のような事件の抑止となります。

中3男子にアグネスさん脅迫容疑 「豊かな生活許せず」:朝日新聞デジタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です