手段を知るものが職を得る

手段を知るものが職を得て、 その者の働く理由を知るものが雇い主になる。

出典:<原子力機構被ばく>21年前に袋「膨張」確認 事故容器で(毎日新聞)

放射能汚染が拡大すれば中枢神経が破壊される。そうなれば精神異常が激増する。これは疫学で証明されている。これから人工知能で本当に職がなくなる。この数年で何をしたか、誰と出会ったか、それが未来を決定するだろう。

放射線による中枢神経障害(中枢神経死) (09-02-04-08) – ATOMICA –

全文表示 | 「精神障害者福祉手帳」、この20年で交付者7倍に 国民のメンタルヘルスは危機的状況 : J-CASTヘルスケア

障害者施設で男性の遺体を発見 背中に包丁が刺さった状態で死亡 – ライブドアニュース

真実を知るのは簡単で来月、高知地裁に足を運ぶだけだ。在特会の顧問弁護士(原発推進主義者)を被告代理人とした民事裁判中に被告(匿名犯罪者)が警察に逮捕されるというトンデモナイ状態に突入した。虚言のある精神障害者を裁くか、精神障害者を放置した保護者(両親)を裁くか、それとも、知能が低下した精神障害者に騙された共犯者や犯罪幇助者を裁くのか、これからの判例となるために多くの司法修習生が傍聴にやってくる。そして、日本のこれからの司法の教科書となるだろう。彼らは負の遺産として永遠に歴史に遺る。

<高知地方裁判所>
2017/8/28(月) 16:00 開廷
被告:山内敏史(代理人も法廷には来ない)
(物証フリーエネルギー装置の尋問へ)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

企業LAN、ネット遮断のおそれ 総務省が確認呼びかけ – ライブドアニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です