AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン

「風が吹けば桶屋が儲かる」といった具合に、複雑に、間接的に影響し合っているそれぞれのデータの関係性をAIが解析し、日本の社会構造を詳らかに分析した。その結果、日本を変えるカギを握っているのが、高齢者でも子どもでもなく、「40代ひとり暮らし」であることが判明。労働時間や老後の介護、空き家問題などを良くするのも悪化させるのも、「40代ひとりぐらし」の人たちの選択にかかっていることが見えてきた。
出典:NHKスペシャル | シリーズ AIに聞いてみたどうすんのよ!?ニッポン(仮)

大日本帝国は完全なる敗戦により覚醒した。ダメな人間は明白な敗北を受け入れることで成長する。何度も失敗を続ける人間は前科者となり就職もできない。

原発ゼロ集会:「放射能の恐怖」訴え 福島から自主避難 /新潟 – 毎日新聞

原発震災から6年で800万人が自然死などで消滅した。これから加速度的に増加していく。火山が噴火すれば火山灰で川が浅くなり、水害が激増していく。逃げてもいいが戦って勝たない限り、生活は絶対に良くならない。負け続けるほど資本が減少し、勝利の可能性は更に少なくなる。

出典:ひょうの影響で駒込駅の屋根が落ちる 落下し粉々に

行動にはコストが必要でそれは非常に大きな負担となる。行動する前に何が真実かを知ることが大切で、その費用は行動する費用の100分の1程度である。孫子の兵法にあるように勝利に最も重要なのは正確な情報である。人が何かを得ようとすれば同等の対価が必要である。その対価により、理解が進めば分解(分析)することが可能となる。そうすれば、あとはエネルギーを投下することで再構築が可能となる。エネルギー無くして再構築はありえないし、そもそも理解していなければ分解(分析)することなど不可能である。

有料情報誌→クリック

『孫子曰く、兵は国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざる可からざるなり。故に、之を経るに五事を以てし、之を校ぶるに計を以てして、其の情を索む。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です